駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
冬コミは日曜、東ナ15-aで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本の在庫を持っていく予定。

本場で新喜劇みてきました!

d183a4f6.jpg

「茂造~閉ざされた過去・完結編~」
http://shinkigeki.laff.jp/blog/2010/03/post-a6ef.html


素晴らしかった…今まで見てきた色んな芝居の中でも、5本の指に入るくらいの満足度でした。


あ、と言っても多くの人は新喜劇も茂造じいさんもよく知らないと思うので、ちょっと説明します。

他の地域の人には新喜劇=吉本新喜劇のイメージですが、大阪には50周年を迎えた吉本新喜劇と、60周年を迎えた松竹新喜劇とがあり、長く互い をライバル…というか敵視してきました。
・吉本新喜劇→“芝居仕立てのお笑いライブ”(出演者は「芸人」)
・松竹新喜劇→“お笑い要素も入れた人情芝居”(出演者は「俳優」)
その二つが、50年の歴史を越えてついにコラボ舞台を実現させたのです。

タイトルの「茂造」じいさんも説明しておかないといけませんね。

「生活笑百科」でもおなじみの辻本茂雄が演じる人気キャラクターで、舞台の上で傍若無人な大暴れを繰り返す、超破天荒なジジイです。
よく「寛平じいさんの再来?」と言われますが、ちょっと違います。
寛平じいさんは芝居の流れそっちのけでひたすら一人で(もしくは池乃めだかと)暴れまくりますが、茂造じいさんは若手芸人やブサイク女優を徹底 的にイジリまくって笑いを作ってるんですよ。
だから他の座長の公演ではパッとしなかった若手が、茂造じいさんと絡む事で人気が出て有名になるケースも多いです。
(辻本茂雄が座長を担当する様になった頃は、吉本興業が東京進出に乗り出して、新喜劇に若手しかいなくなってしまった時期だった)
個人的なカンですが、きっと島田紳助の芸風が大嫌いだという人は、茂造ネタも見ない方がいいと思います。紳助を好きでないまでも、あのイジリの 上手さが分かる人には茂造ネタも勧めます。

さてさて。

吉本新喜劇の常設会場である京橋花月を舞台に、“茂造じいさん”という人気キャラの過去をフューチャーするというストーリーに、松竹新喜劇から 渋谷天外をゲストに招いて実現したこの芝居、見に行かない訳にはいきません!
初の大阪・本場での新喜劇(といっても狭義での本場は、なんばグランド花月の方ですが)を見てきたのです!

(ここから茂造の過去話のネタバレを含む。いや、そもそも茂造じいさんの話がどれだけの人に伝わってるのかは知らないんだけど)

続きを読む

激震・円谷プロ

2年半前、映像製作会社のTYOに買収された時は、もう仕方ないと思った。
バンダイにその株の33%が渡った時も、なるべくしてなったと思った。
だが、そこからさらに売却された先が、まさかパチンコ機の会社とは…

世界の円谷プロが…

俺達の憧れが…

いや、パチ屋関連だから悪、とか言う訳じゃないですよ。そこで北朝鮮云々を持ち出すほど頭悪くも無いですから。


…そもそも、何故こんな事態まで至ったかと言えば、先人からの偉大な遺産をひたすら食い潰してきた、円谷一族の近年の放漫経営が原因なのであっ て。

(最初から上場企業では無いので、敵対的買収は有り得ない)
一体いくつ、同族で関連企業作ってたのか。

ただ、売られた先が映像関連でも玩具関連でもなく、パチンコの子会社?え?ナニソレ?みたいな。


■ニュース:円谷プロ、パチンコ機販売のフィールズが子会社化へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/17/news055.html


●mixi日記:円谷プロ,身売り 2007年09月12日

●mixi日記:「円谷プロは苦しんでいました」 2007年11月28日

うーむ。

古い資料見てみると、最初にTYOに身売りした3年前は年商55億で利益4000千万。昨年度は売上高35億7700万円で純利益2億3800万円。
使ってる言葉は違うけど、数字見る限りは経営自体は好転しつつあった…ハズが、債務超過が8億3200万円か…。こりゃキツイ…。
参考までに、2002年のFMW倒産時の負債は2億5000万円。


何と言っていいか、分かりません!


もうね、この記事、ひょっとしたら異次元の魔王がサイトのコンピューターワールドに怪獣のプログラム送って書き換えてるんじゃねえか、と。助けてグリッドマン!みたいな。
この際、トリプルファイターでもチビラくんでも仮面天使ロゼッタでもいいや!


ウルトラマンという超
優良コンテンツ持ちながら、母体は優良企業では無かったんだなァ…。

サンバルカンロボ散る!

今週から稼動した「ダイスオー」やってみました。

感想… 「サンバルカンロボに申し訳なさすぎる」

あのですね、プレイ方法とか一切知らずにとりあえずコイン入れてみたら、1プレイモードで「むずかしい」設定になっちゃったのね。
んで出てきたカードがゴセイブルーだったんで、他のカード持って無いから、自動的にゴセイジャーが揃って自軍チームになったんですよ。コンピュータ側はアカレンジャーやバルパンサーの混合チーム。
んで何が何やら分からない内に(隣に子供が寄ってきて見てたんで恥ずかしい)ロボ戦突入ですよ!

5f9e3903.jpg


こっちは自動的にゴセイグレート召還。CP側はサンバルカンロボ登場ですよ!

92020e97.jpg


んで結果が写真の通り、必死こいて機械の円盤を回してるうちに自軍の勝利、サンバルカンロボが紅蓮の炎に包まれて大爆発ですよ!

あ、あのな…

サンバルカンロボ、分かってますか?

以下、つづきから。
続きを読む

シンケンジャー×吉本新喜劇!

010ceaf3.jpg

2/27に大阪で行われたコラボ舞台『侍戦隊シンケンジャーとよしもと新喜劇じゃー』
行けなかったけど、ブログや日記で調べるにこんな内容だった?という情報を拾いまくったので、まとめちゃいます。


長いんで続きから!
_ _ _続きを読む

2.28特撮オンリー「変身!!」の話

本日、TRC(東京流通センター)で開催された、赤ブーブー社初の特撮オンリー同人誌即売会にサークル参加して参りました。以下、主観によるレポ。


まず、スペース枠が事前に800→1100超に拡大されてたので驚いていたのですが、会場を1階と2階の両方使って、ほぼ一杯にサークルを配置。会場直後は人気サークルを中心にかなり混雑していたので、中々の盛況でした。

どうしても特撮オンリーイベントとしては、先行するユウメディア主催の「闘ッ!」との比較になってしまいますが、ざっと感じた事を続きに。長いですよ。

続きを読む

2.20シンケンジャー素顔公演レポ

d61b3942.jpg

直前にチケットをよく見たら「A列 21番」ですって。
…ホントに最前列のど真ん中だった…
以下、土曜の朝一に最前列で観劇したシンケンジャー素顔公演の話。

基本的な内容は例年通り、TVシリーズの年明け以降の展開を受けつつも、ショー独自での“最終回”になっております。
_____

緞帳が開くとまずは外道衆のシーン。三途の川へ沈んでいるドウコクの復活を画策する薄皮太夫、会場の子供達の涙を集めようとする。
そこへ駆けつけた流ノ介、千明、茉子、ことは。立ち回りの後、変身。姫レッドも駆けつけて撃退。

一方、影武者として家臣達を欺いていた殿は、自責の念から失踪中。追って来た源太にも心を開かない。外道衆出現の連絡を受け、ひとまず源太は去る。

三途の川からドウコク復活。ジュウゾウとアクマロも再生。源太が挑むも敗退、助けようとして現れた殿は、ドウコクに捕えられ、さらわれてしまう。(ヒロインか!)

四人と源太は合流し、罠だと言って制止する姫レッドを振り切って、殿を救い出すためにドウコクの待つ魔界へ。

変身した五人は次々と待ち受ける幹部やアヤカシと戦いながら、捕われの殿を目指す。
(アクマロ相手にイエロー一人では荷が重いぞ…)

変身を解いた五人、捕まっていた殿を助け出す。
影武者でしかない自分の為に命を賭けてくれた事で、ようやく殿が心を開き、戦列復帰。
(ここら辺はTVシリーズの葛藤より端折られてます。当たり前だけど)
しかし現れたドウコク達を前に変身不能のピンチ。
会場の声援を受けて魔界に亀裂が走り、姫レッドも駆けつける。
全員で一筆奏上。黒子たちが陣幕を持って駆け抜けると、早変わりで見事に変身。
アクマロ、ジュウゾウ達は敗れ、薄皮太夫は姫レッドの一撃から身を挺してドウコクを守り、その腕に抱かれて絶命。
太夫の形見の仕込み刀を手に、二刀流で暴れるドウコク。(TVには無い、イイシーンだ…)
レッドが一騎打ちを挑み、ついにドウコクを討ち取る。

変身解除して、外道衆の壊滅と、この世の平和を祝って一本締め!
(青が「こんなに赤が似合う人は居ません!」などとウザイ事を言ってまくしたてると、殿、あからさまに困ってたんですが、この台詞ってアドリブだったのかな)

終演後、六人が出揃って、一言ずつ挨拶。詳しく覚えてないけど、おぼろげに書き記しておきます。

金: 「朝一発目、ありがとうございましたー!(フツーにさわやかな挨拶。詳しくは忘れた)」
殿: 「この後、まだVシネマやファイナルライブツアーも有りますから、よろしくお願いします!(スッゴイ気さくなカンジで)」
青: 「(満面の笑顔で)皆さん、朝ご飯は食べましたかー!?朝ご飯は大切ですよ!必ず食べて下さーい!!特に納豆!」
桃: 「(TV最終回と違って)いつまでたってもハワイに行けないので、ここで頑張る事にしました!」
緑: 「今日は来てくれてありがとうございましたー!(フツーにさわやかな挨拶だったので、この後が思い出せない)」
黄: 「朝起きてからここに来るまでの時間が早いです。支度してるとすぐに時間が経っちゃいます(特にオチなど無く、まとめずに終わる)」
_____

続きを読む

ゴセイジャーというか横手脚本の話

 うーむ… 
 いや、こりゃ賛否分かれるだろうなとは思いつつ、私は1話目に関しては好き嫌いより「初回としての完成度が低い」という感想でした。 
(なお「ゴーグルファイブ」以降、習慣的に1話はリアルタイム視聴) 


 横手美智子脚本って、基本的にアニメの脚本の作り方なんですよ。 
 だから、アニメだったら印象的な良いシーンになるであろう内容が、特撮…というか実写だとサマにならないんです。 

続きを読む

観劇:王立新喜劇

「王立新喜劇 続・コーポからほり303〜今日も危険な上町台地」 
【作・演出】後藤ひろひと 
【出演】内場勝則・未知やすえ・末成由美・山田花子・安尾信乃助・すっちー・池乃めだか・水野真紀・中山エミリ・後藤ひろひと・川田利明 


見に行ってきました。 
品川よしもとプリンスシアターへ。 
これ、おなじみの新喜劇メンバーによるコメディ舞台なのです。吉本新喜劇スキーで川田利明ファンとしてはチェックしなくては。さてその感想。 

基本的にはアパートの一室を舞台に、三つのエピソードを見せていくという構成で、通常の新喜劇以上に、すれ違いやら入れ違いやら誤解の連続でドタバタが進行する、という内容です。 
ま、そんなわけでストーリーを文章で表すにはちょっと展開が複雑ですので割愛。 
注目してたのは第二話の川田のゲスト回。 
家主の内場勝則の後輩という役で、内場にプロレス対決を仕掛けに来た池乃めだか&すっちーがボコられるという展開でした。 
で正直…。棒読みなのは当然ですが、発声が素人(苦笑)。語尾が小声になってしまい聞き取り難い。昔、全日のHPでダチョウ肥後とトークして「ドラマに出てみたい」って言ってた気がするんだけど… 
しかし、久しぶりに川田の屈伸パフォーマンスを見られて少しだけ感動。そして、すっちー相手にストレッチプラムまで…相手が小柄だとかけ難そう。アレ、元々はジャンボ鶴田の巨体を攻略するための絞め技だったんだよなぁ… 
 
一話目ゲストの中山エミリ、すっげーかあいかったです。 
三話目ゲストの水野真紀も、いつの間にかイイカンジに齢を重ねてて、本気で綺麗なお姉さんでした。 

あと全体の作り方がやっぱ大阪的というか、本場の吉本新喜劇を見慣れてる事が前提なんだと思います。 
お約束のギャグをアレンジしてたりする部分が有るけど、関東だと地上波で新喜劇のオンエアが無いので伝わり難いんじゃないかなー。俺はCSで新喜劇見てるから分かるんだけど。(ええ、全日本プロレス時代の川田を見たさに加入しました。複雑) 

もちろん、面白かったです。 
しかしやはり、本場のストレートな新喜劇を一度見てみたい気持ちも強くなりましたね。 
↓大阪に行こうかな… 

京橋花月3月よる芝居 『茂造 〜閉ざされた過去・完結編〜』 


で、こぼれ話ですが。 
品川の駅は待ち合わせに向かない。 
駅舎が筒状に真っ直ぐになってるせいで、どこに居ても風を避けられないので。本気で寒かったわー。もうイヤ。品川駅認めない。高層ビル多すぎてどれがどのビルだか分からんし。 

本日OPEN:六本木ルイーダの酒場

パセラが「ルイーダの酒場」をリヤルに出店と聞いて、どうせカラオケ店の特別メニューだろ?とか、10年前のPiaキャロットカフェみたいに期間限定でしょ?(これが現在のメイドカフェに繋がったと言われる)とかナメてたら、本気で常設店をオープンするんですってね! 

かといって、リッカがレトルトのオムライスにケチャップで復活の呪文(しかもII後半の長大なアレ)を書いてくれるだけで1000円以上ボラれるとか、そーゆーアレな店でも無いらしいです。 
ま、この酒場ではゲーム廃人を「旅人」と呼ぶんでしょうね…


<公式サイト>LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場) 


・ 「ルイーダの酒場」公開 堀井雄二さん発案のメニューも 東京・六本木(まんたんウェブ)
・ “ルイーダの酒場”内覧会で『ドラクエ』メニューを堪能 - ファミ通.com 
・ 出会いと別れの酒場が六本木に登場!「LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)」 | インサイド 
・ 六本木の「ルイーダの酒場」に、ルイーダさんが本当にいるか潜入してみた - ITmedia Gamez 
・ YouTube - ドラクエ「ルイーダの酒場」が六本木にオープン 


お座敷ミミック
こんなお客はいないと思いますが…

(つづきで店内メニュー)
続きを読む

79年生まれの18歳メイドが伝える、メイドブーム終わりの始まり

まんたんWEBの中に、「メイドカフェぴなふぉあ」のメイドさん達が交代でコラムを書いてるコーナーがあるんですよ。
大概は顔文字とギャル文字だらけの趣味トークで、まぁ読んでてイライラするんですけど、その中で一人、イベントやTV収録時のみの臨時勤務から 入って昇格したメイドさん(千葉TVのアキバンバンでシスタントもしてた)だけが、営業時間を短縮させた店の経営状態悪化や、従業員達の危機感の無 さを堂々と批判して、改善に乗り出そうとしてらっしゃる方がいらしたんですね。
くわしくは以下を読んで頂ければ伝わると思います。


○ ぴなメイドな生活:おつぼねメイドの誕生
http://mainichi.jp/enta/mantan/column/pina/archive/news/2009/20090904mog00m200035000c.html

○ ぴなメイドな生活:ぴなふぉあ崩壊の危機
http://mainichi.jp/enta/mantan/column/pina/news/20100122mog00m200027000c.html

・ 田川まゆみさんプロフィール
http://pinafore.livedoor.biz/archives/17519788.html
【好みのタイプ】魔神英雄伝ワタルの虎王サマ☆
【好きな作品】ワタル、ライジンオー、ダ・ガーン、ママ4、マクロス
【好きなマンガ】チエばーちゃんの知恵袋(コロコロコミック)
【将来の夢】第二の宅八郎。キラーン**


↑ …いくつなんだ…(三十路だっつの)

で、思い出したんですけど、昨年のとある寒い月曜日に秋葉原の昭和通口を通ったのね。
そしたら駅前でコ-トも着ないでビラを配ってるぴなふぉあメイドさんが居たんですよ。普段この近く通っても、ぴなふぉあが客引きしてるのなんて見た事無いんですけど。しかもそんなに若くねーなーってのが遠目にも何となく分かったけど、それはそれ。

それが確か、この人だったんだよなぁ…。

既にアキバではメイド喫茶は飽和状態を過ぎて淘汰が始まってる中、単なる憧れだけではなく、自らの身を切って店の為に尽くすとは…!
でも、ぴなふぉあを経営者は、メイド喫茶を閉めて、焼き鳥屋への転換を計画してらっしゃるとか。
ガチなのか話題づくりなのかまだ分かりませんが、前者だとしたら、さすがにもうメイドブームの終焉は近いんじゃないかと思います。

なんだか、色んな意味で応援したくなりますが。
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ