駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

カイブニュース:同人・コスプレ界隈の流行語を考えてみる

RSS代わりに。

・ 【コラム】勝手に同人・コスプレ流行語を考える2015 -コスプレイヤーズアーカイブニュース
http://www.cosp.jp/news.aspx?id=393

 流行語とは言えないまでも、2015年を駆け抜けた言葉を拾って、海に流そう。
 スタジオ貴様/好きは呪いだ/例の紐/学級会/カメコ様/大塚家具/特濃b-BOY/光のコミケ/実写版進撃の巨人/ガルパンはいいぞ/カリスマコスプレイヤー(無職)etc…
 コスプレイヤーズアーカイブのニュースで天龍源一郎の引退試合に触れてるのは、この記事だけ!

 

ドキュメント:世界コスプレサミット2015国内予選~国内決勝inアキバ編

 出場者の熱と、審査員の評価。
 大人の事情と、身内の論理。
 大切なものって、何でしょう。

 「瓦解」という言葉を、先のコミケSP予選レポのラストで使いました。
 1個の大きなミスではなく、沢山の小さな不始末が重なって、傍から見て、全体が崩れていく状態まで至ったのが、「世界コスプレサミット2015日本代表選考会」の実態だと、思っているからです。
 本稿ではその、6/14ベルサール秋葉原で行われた国内決勝の、カイブニュースでは描かなかった部分を主に取り上げます。
 24の国と地域の代表が8月の名古屋に集結して、(ありもしない)コスプレ世界一の称号を競う「世界コスプレサミット」の日本代表チームを選ぶ過程は、こうであった事を記します。
 今回ウチは地区予選落ちしたので、一歩引いた所からの視点で、このイベントを見ていました。
 もちろん個人の主観ですから、他の人には他の人の受け取り方があるでしょう。


続きを読む

カイブニュース:コミケ手荷物確認と…

RSS代わり:

【コラム】コミケ手荷物確認…されど繰り返してはならない魔女狩りの話 

 もう冬コミ前日ですが、定点観測されている方々、閲覧よろしくお願いしまーす! 

「コスプレイヤーのコミケ離れ」って本当ですか??

 NOです。
 以上!

 …。
 もうちょっと詳しく書いた方が良いですか?

<現役コスプレイヤーの本音>なぜコスプレイヤーは「コミケ」から足が遠のいているのか?
-メディアゴン

 初出はメディアゴンという「メディアに関するニュースと批評を配信するウェブメディア」だそうですが、この記事が論客も多いライブドア系のブロゴスに記事提供されて、最大手のヤフーニュースにまで載っておりまして、ビックリしました。

 で、おかしいんですよね。
 「足が遠のいた」という前提で記事が書かれているのは。
 記事中に、個人の主観以外で、コミケでのコスプレイヤーの参加が減ったという数字的な根拠は一切ありません。
 だって、実態は、むしろ逆なんです。
 

7_グラフ推移決定
 以前、コスプレイヤーズアーカイブのコラム用に作った資料ですが、サークル申込数(当選数だと殆ど変化無い)は2010年をピークに徐々に減っておりますが、対してコスプレイヤー(更衣室登録数)は増加を続けています
 夏コミは猛暑だと減りますが、冬コミとセットで見ると、年単位では概ね右肩上がりなのは間違いありません。
 …だから更衣室の登録数はカタログや準備会公式サイトで毎回公開されてて、調べたらすぐ分かる事なんだから、調べてほしいなぁ…。
 …という点を踏まえて、以下をお読みいただきましょう。

× × × × × × × × 
続きを読む

観戦記:12.10みちのくプロレス宇宙大戦争2016

年末恒例の大バカ試合!!
当日発表でいきなり「リング解体ハードコアマッチ」となった、メーンだけ簡易レポするわよ。
(たぶん後楽園ホール借用時間の都合で、大会後のリング解体の時間を短縮する目的が…)

続きを読む

カイブのコラムでCureの激動史を語る前編

RSS代わり。

・【コラム】カイブの中でCureを語る!前編:最古参SNS激動史-コスプレイヤーズアーカイブニュース
http://www.cosp.jp/news.aspx?id=371

 来春で終了するコスプレサイトCureの14年史を、互いにライバルであるコスプレイヤーズアーカイブ内のコラムで語るという、あらゆる意味で労作です。
 コメント欄に、よく見ると二大コスプレサイトの管理人氏らが登場してて…

 なので正直、もうちょっと閲覧数伸びてほしい。
 

ドキュメント:世界コスプレサミット2015国内予選~大阪/愛知予選編

 “競技”としてのコスプレ大会を観戦に、いざ全国!
 取材費用も全部自腹、だから思った事を書きます。
 半年遅れで。

 3月のコミケSP予選編から、続いてます…


続きを読む

仁義なき首都圏ハロウィンコスプレイベント抗争

 JR中央線、中野-高円寺コスプレ界に激震が走った!
(※せまい)

 毎年ながら、この時期は秋祭りや文化祭にコラボしたコスプレイベントの開催が多く、そして特に10月末は最近話題のハロウィンに乗じて企画を通したであろう、マチナカ系コスイベ同士でもバッティングが多発する。


続きを読む

カイブニュース:コンプレックスエイジ完結とオタク漫画史

RSS代わり。

【コラム】コンプレックス・エイジ完結す!~そしてオタク漫画の今昔~ -コスプレイヤーズアーカイブニュース

 基本的には本ブログでも書いてきたコンプレックスエイジ最終決戦編の見どころ、そして3ページ目から始まる、オタクやコスプレイヤーの生態を描いたフィクション史に労力を割いてます。
 マンガの中で描かれるオタク像・コスプレイヤー像の変節みたいなものは、コンプレックスエイジ読者以外の、同人系の人が読んでも面白いと感じていただけるんじゃないかしら。
 「おたくのビデオ」「大同人物語」「二代目はこすぷれーやー」辺りを取り上げられる記事って、我ながらあんまりないと思うので。
 毎度、情報量過多でお送りしております。

13_キャッチコピー

 

ドキュメント:世界コスプレサミット2015国内予選~コミケSP編

 かつて有害コミック規制運動をめぐる「コミケ幕張メッセ追放事件」から24年。
 通常コミケではなく、5年に一度の「コミケットスペシャル6 オタクサミット」が、サプライズで3/28-29に幕張メッセ開催となった。
 …普段のコミケではあり得ないような企画が山盛りの中、二日目のステージでは、世界コスプレサミット日本代表選考会、今年度の最初の地区予選がスタート。
 今回を含む複数の地区予選と国内決勝を経て選出された日本代表チームが、8月の名古屋で24カ国代表によるチャンピオンシップ出場する訳である。
 コミックマーケットと、世界コスプレサミット=WCSがクロスした記念日であった。


 …というのが、表向きの正史であると思う。
 ところがこの件、少々、前日譚が存在する。
 毎年書いてるのでもう分かると思うが、コスサミは2013年から実行委員会の主催が、TV愛知→(株)WCSへ移行し、同時に国内予選部門を分離して、そちらの運営をCOSSAN=(株)ミネルバに外注している。

 このCOSSAN、昨年2014コスサミ国内予選の期間中に、主力スタッフらの大量離脱、団体の分裂劇(そのドサクサでの地区予選の審査表の紛失事件)を起こした。
 2014年の国内決勝はスターライズタワー(旧:東京タワースタジオ)が舞台だったが、この国内決勝の時点でCOSSANはもはやイベント団体の呈を成しておらず、開催すら危ぶまれる中、関東圏の複数のイベント団体やスタッフ経験者による有志らの協力を受け、この窮地をなんとか乗りきったのであった。

 この過程の副産物として、転んでもタダでは起きない(が、歩き方そのものが危なっかしい)COSSAN=(株)ミネルバ代表の柴田氏は、義勇軍の形で個人的に救援に来ていたコミケ準備会更衣室統括、そしてコスプレチッタ幹部でもあるT氏との間に、したたかにも協力体制を築いてしまう。

 以後、営業力の強いCOSSANに、運営力の強いコミケ更衣室系スタッフ諸氏の経験値が(各々、個人的に)加わった。
 いわば経済ヤクザに、任侠ヤクザが手を組んだ。
 ここに恐るべき、“コスプレ界の広域指定暴力団”とでも言うべき団体が誕生していたのであった。

 春のコミケSPだけを見れば、対外的にはコミケとコスサミが直接コラボした…ように見えるが、実際にはコスサミの国内予選はコスサミ実行委員会ではなくCOSSANが請け負っており、コミケ準備会の直接の相手はあくまでCOSSANとなる。
 つまり、いきなりコミケ準備会とコスサミ実行委員会が繋がったのではない。
 コスサミの国内予選を管轄するCOSSANに、準備会の更衣室系スタッフらが独自に協力してイベント開催を重ねるという、最高のお膳立てと橋渡しがあった上で、「コミケットスペシャル6内でのコスプレサミット国内予選開催」という運びなのである。
 癒着という意味では無く、信頼関係という意味ね。

 書いてる時点でいま10月。既に3月末のコミケSP開催から半年。
 コスサミも予選どころかチャンピオンシップまですっかり終わってしまったこの時期に始まるこの連載は、仕事上の多忙がホンのちょっとだけ和らいだ駄チワワが、今年挑戦した若者たちの姿と、一連の戦いの記憶を残し、そしてまた酷くなる運営のグダグダを、世に問うためにキーボードを叩くのであった。

 グダグダなだけだ。
 ヤラセとか、出来レースなんて話じゃないんだよ。
 ただ、グダグダなだけなんだ…
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ