夏の世界コスプレサミット2012へ向け、情報が出て参りました!
 まず3つ!

1.ついに特撮作品でのエントリーが解禁に!
2.日本代表選考会が、決勝前日ではなく、余裕を持った日程で予選大会を開催。
3.cureとアーカイブ、2大コスプレSNSが禁断の交流か?


・ 世界コスプレサミット2012 プレサイト » 日本代表選考会詳細 (コスサミ公式)
・ Cure開発日記 : 世界コスプレサミット2012日本代表選考会 開催決定! (Cure公式)
・ コスプレイヤーズアーカイブ --サイトからのお知らせ-- (アーカイブ公式)

[大阪予選]
日本橋ストリートフェスタ & COSPLAYERS ARCHIVE & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会 大阪予選

3月20日(火・祝)
第8回日本橋ストリートフェスタ2012
(日本橋・でんでんタウン)

[東京予選]
Cure & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会 東京予選

5月6日(日)
COSSAN
(晴海客船ターミナル)


[名古屋決戦]
コミックライブ & Cure & COSPLAYERS ARCHIVE & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会名古屋最終決戦

6月10日(日)
コミックライブin名古屋 6月スペシャル2012
(ポートメッセなごや〔3号館使用予定〕)

[チャンピオンシップ]
8月4日(土)

[大須コスプレパレード]
8月5日(日)

 東京予選で3組、大阪予選で2組、WEB予選で1組、計6組が名古屋決戦へとコマを進め、そこで日本代表1組が決まる流れらしいです。
 8月は、決勝とパレードの日程が土日で逆になりました。これなら、日曜にパレードが終わって夕方5時位ですから、遠征組がその日の内に東京へ戻れます。
 そして、東京予選はCure、大阪予選はコスプレイヤーズアーカイブ、名古屋決戦ではその両SNSがイベントにコラボするのです…。

 こ、これは…?

 すなわち、国内の2大コスプレSNSの、威信を賭けた代理戦争という事ですよね…?
 両派のレイヤー同士、血で血を洗う抗争劇が幕を開けるわけです!
 もはや、Cure対アーカイブ全面対抗戦への発展は避けられそうにありませんね…!
 行き着く先は、5対5勝ち抜き戦か?あるいは電流爆破マッチか?

※ 書いてる人は極端なプロレスファンですので、読む側でアレしておく様に。

× × × × × 

 閑話休題。

 cureのお知らせページアーカイブのロゴとリンク。
 アーカイブのお知らせページにcureのロゴとリンク。
 うーん。やっぱり歴史的じゃないか?
 2000年代中期まで事実上の一人勝ちを誇っていたcureと、新興SNSでありながらそのシェアを脅かしたアーカイブが、同じイベントに向けてスクラムを組む(?)とは…。胸が熱いぜ。
 いや、前からcure運営の人達が連絡用にアーカイブを使ってたりしてたけど!

 コスプレサミットも10周年という事で、大掛かりになってる気がします。
 元は2003年にTV愛知の始めたカルトなイベントでしたが、2005年の愛知万博のドサクサに紛れ…いや波に乗って、名古屋を代表するイベントに成長を遂げました。(海外勢は全国ネット番組だと思ってるらしいけど…)
 本当はファン活動である「コスプレの世界一」なんて決められる訳も無いと思うのですが、あくまでこれは「コスプレを使ったパフォーマンスの世界一」という事で、とりあえず納得しておきます。
 この、海の向こうから“まだ見ぬ強豪”が押し寄せてくるカンジ、ワクワクします。

 まずロシアイギリスが新規参戦。
 これだけでヘタリアオタが狂喜しちゃいますね。

 そしてついに特撮作品でのエントリーも解禁。
 ただ特撮はヒーローショーが実在するんだから、それを二人組でやってもショーの縮小コピーになってしまう。チャレンジする人は、一捻りしないとイカンでしょうね。

 ここ2年は不満だった日本代表選考会のスケジュールは、3年前(リーマンショックで愛知経済が沈没する前)に戻れた様ですね!
 やっぱり他国の代表が半年~一年がかりで準備してくるのに(ドイツやフィンランド代表なんて昨年9月から決まってますからね)、日本代表だけが決勝前日に小会場で選考会やってるってのはおかしかったもの。
 それじゃ代表権を得た後、一晩で決勝の大舞台用にブラッシュアップする時間が無いもの。
 マスコミ向けレセプションやパレード開催の時点で日本代表が不在(決まってないから)ってのも悲しかったし。

 ルールが緻密化されて、総重量40kg制限の他、オブジェは3つまで、1つずつのサイズと重量はどうといった部分まで決まってきました。これで競技性が高まりましたね。
(ぶっちゃけ、ひたすら巨大なオブジェと大掛かりな装置に走りがちな、某国チームに対処したんだろうな…)

 最初の発表でサプライズ多いです。
 この辺、裏方で どなたかが“仕掛けた”のでしょうね…。

× × × × × 

 とは言え、ステージパフォーマンス指向を持たない圧倒的多くのコスプレイヤーにとっては、毎度の事ながら最注目は決勝よりも恒例の大須コスプレパレードの詳細でしょう。
 毎年毎年、争奪戦が起こるのはパレード参加権の方であって、決勝大会の観客席は直前まで余裕ありますからね。

理由:
 コスプレイヤーって、自身が“参加”できない空間には興味が薄いので、座ってステージショーを見るだけになってしまう決勝大会より、自分達が参加して他の皆と交流できるパレードの方が、楽しいのである。
 よく見ると、決勝大会の観客席にはコスプレイヤーの姿は少ないのである。


 最後にちょっとイジワルな事を書きましたが、何だかんだ言いつつ、今年のコスサミは特に熱くなりそうですねー。
 決勝観戦が仕事の都合で無理そうなので、東京・大阪・名古屋の日本予選、日帰りで観に行けるか…?

 ステージに立たれる皆さんにはホント、ありきたりですが、頑張って頂きたい。
 特に、何のコネも持たない人たちにも! 関係者の身内チーム以外にも、 飛び出して頂きたい!(…。)

 
 おっと、何だかステマ(ナウい!)っぽい記事ですな。
 ま、ホラ、心がけとしては、面白い事は面白いと言いますし、おかしい事はおかしいと言います。自分の言葉で。それは今年も変わりません。
(エロ方面ではないコスプレショー化は、一つの文化的な可能性の開花である。しかしそれが“ショービジネス化”していった時、果たして多くの人間に対して幸福をもたらすのか否かは、謎である)

 とりあえずは微力ながら盛り上げて行きたいと思います。



 ナナメ方向に。

[これまでのいきさつ的な関連記事]
・ コスプレSNS戦国史! 
・ 世界コスプレサミット小史その1〜これまでの歩み編〜 
・ 世界コスプレサミット小史その2〜トラブル編〜 

[2011年のコスサミレポ]
・ レイヤーが見た世界コスプレサミット2011観戦記・大須コスプレパレード編 
・ レイヤーが見た世界コスプレサミット2011観戦記・日本代表選考会 
・ レイヤーが見た世界コスプレサミット2011観戦記・チャンピオンシップ決勝大会 
 
追記: この記事書いた時点では、まさか自分がエントリーする(リンク先参照)とは思ってませんでした…。