提灯記事書きやがって!メディアが体制側へ寄っていくと、面白くなくなるんだよ!
 ↑自分への十字架


前編より続いております。


■■ 杉田智和トークショウ ■■

 まず、8/3名古屋のオアシス21で開催されるコスプレサミット チャンピオンシップ(20ヵ国代表出場による優勝決定戦)にも、杉田氏が審査員として参加する事が司会しゅうへい氏より告知。
 以下、メモを元に再構成してるので言い回しが違う部分あると思いますが、だいたいこんな杉田節。

「学生時代の友人でハシモト君てのがいて、こみっくパーティの大志に似てるからコスプレしてみろって皆で言ったんですよ。そしたら本当に似てて、コンテストで優勝するようになって、そしたら周りの連中が皆レイヤー化していって…」
(「こみっくパーティ」は1999年発売のPCゲーム。Leafですよ!)

「自分の頃は写ルンですで撮ってました。こないだ実家探したけど自分のコスプレ写真見つからなくって…型紙とかも残ってる筈なんだけどな。もし見つけられたら、名古屋で晒すよ!」
(デジカメが普及する以前は使い捨てカメラが主流で、今ほど撮影メインでは無かったのである)

「最近ようやく自分の演じたキャラがコスプレされる立場になって、自分でイベントへ行きたいと言ったら事務所が『ダメです』って。(観客席のレイヤーを見ながら)僕も気持ちではそっちへ行きたい、混ざりたいってのがあるんです。だから、杉田作品や俺の好きな作品だけコスプレ可の、杉田祭りやりたいです!誕生日が10月11日なんですけど、10月頭は他に大きなイベントあるらしいんで、11月くらいに?今ジャッキーさんが動いてるんで…あのオヤジまた酔ってたんじゃないの?」
(杉田氏とも懇意のWCS最高顧問ジャッキー道斎氏は酔うと色んな企画を言い出すらしいが、実現に至らない場合も多いとか)

「杉田祭りやれるなら、お金はなるべく取らないようにします!スポンサー見つけて『出せー!』って(誰かの胸ぐらをつかんで殴打するふり)。ゲスト呼んじゃうと、皆が一番呼んでほしい相手(中村?)はギャラ発生するからなぁ…考えよう」

「台湾行って、エロくないマサージ屋さん入ったらクレヨンしんちゃん放送してて、ふっと隣見たら藤原啓二さんがいて、(モノマネで)『は~』とか…。そしたら次はハルヒが始まって…(顔を伏せる仕草)」

「僕はエロいマッサージに行く位なら、(エロDVD屋の)ラムタラへ行く!でもコスプレビデオなんて着てるだけじゃねーか!TMAとか!」
(しかしTMAのコスプレAVは、もちろんレイヤーではなくAV女優を使っているのだが、アニメキャラの衣装だけでなくカラフルなウィッグを使用した事で革命的。パッケージのパロディっぷりなどもおなじみ)

× × × × × × × × × × 

■■ 審査結果発表 ■■

 WCS2013日本代表は…
 チーム沙久(さきゅう)!「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲」
 二人でギュッと抱き合い、膝から崩れ落ちて観客席へ土下座する万鯉子さん。

万鯉子 「(ぼんやりとしつつ)あの、私、本業は塾の講師をしてるんですけど、生徒にはよく『何でも良いからとにかく一番になれ。早食いでも歯磨きでも』って言ってるんです。でも私自身が今まで何も一番になった事が無くって…後ろ暗かったんです。でもこれで胸を張って言えます!」

FRAN 「演技前より今の方が緊張してます…ここに来るまで、パートナーにも色んな人にも、お世話になりました。周りの人や友人の皆さんや沢山の人々が、ちょっとした一言だったり練習を見に来てくれまして、二人きりじゃパフォーマンスというのはできないんだなと実感しました。何言ったらいいのか分からないんですが…精一杯頑張ります。ありがとうございました!」

CIMG9216
 全チームと審査員達による記念撮影。

CIMG9217
 杉田氏は、(いつもの)変な表情。

× × × × × × × × × × 

 今年度の全部の国内予選会を見てきたマニヤな人間なので言えますが。
 実は当日を迎えるまでの事前予想では、チーム沙久の優勝は難しいと思ってました。
 4/14名古屋予選の段階では剣劇もまだ間合いがつかめてない感じで、衣装クオリティとギミックで押し切った感じがありました。
 でも、そこから2ヶ月間での上積みが凄かった。本番の完成度を見たら文句無しです。トップ争いは非常に僅差だったと思うけど、でも彼女達が一番です。納得です!
 個人主観で、パフォーマンス点ではノアールと桜星も甲乙つけがたかったけど、沙久は衣装の出来がズバ抜けてる。コスプレコンテストとしては矛盾なんだけど、パフォーマンス重視のコスサミルールでコスチュームへのこだわりを保つのって難しいのですよ。軽量化・簡略化しがちだから。巨大な大道具も、それ自体は審査項目じゃないけど、演技を盛り上げるために非常にうまく機能してる。「2分半でここまでやるのか!?」と驚きましたね…。
(プロレスファン的には全日本プロレス1999年1月の大阪大会で三沢光晴から三冠ヘビー級王座を奪取した川田利明が、試合中の骨折で即返上した際の「三冠はここまでやらないと獲れないベルト」のセリフを思い浮かべている)

 あー…ここ数年は“若い初出場チームが一発で代表になる”傾向があったので、“過去に落選を経験したチームが再挑戦で代表になる”ってのは初じゃないかな?落選経験者が次にチーム編成を変えてから一発目で代表に選ばれた例はあるけど。
 なんかね、こう、痛快なんですよね。何の舞台活動もやってない、アイドル的なプッシュとも違う、国内外で頻繁な公演というのも難しいであろうベテラン社会人コンビが、仕事の合間にコツコツ時間つくって練習して造型して、落ちても再挑戦して、んでついに優勝しちゃう!ってのが。
 


 戦いを終えたコスプレイヤーたち。
 各チームのインタビュー。落ちた人たちのコメントだからこそ趣深い。楽しかったと明るく言う人もいれば、魂抜けてる人もいる。
 みんな、本気だったんですよ…。だから本気で喜んだり、本気で落ち込んだりできるんです。

× × × × × × × × × × 

■■ 当日こぼれ話アレコレ ■■

1055016_1956304798_7large1055016_1954370187_198large
 今回のお手伝いとして招集されていた、自宅警備隊NEETによるステージ封鎖。
 リハーサルが間に合わなかったチームがあったので、開始前にシートで隠して行いました。
 彼らはステージの警備役として招集され、活躍したのです。

1055016_1956327193_135large
 豊島区議会の議長さんから挨拶シーン。扇状に展開して警備。

1055016_1954370183_249large
 としまユネスコ協会の柳田氏が挨拶中にイジる。
「自宅警備隊?普段は自宅を?今日は宅外派遣していただいてるんですか?じゃ、ゆくゆくは海外にも?警備って言いながら手に持ってるのは何ですか?(隊長の鰐軍曹を指す)」
「(布団叩きを見せながら)近接格闘兵器です!」

 …んで実はその漆黒の自宅警備隊員の中に、まるでドッキリ企画のように、某TDCコスプレフェスタやコスプレチッタの統括であるT氏が秘密裏に入っていたのであった。
 大型イベントの代表は他のイベントに行く機会が少ないそうで、一般人と混在するイベントでの警備に関するお話なども少し聞かせていただきましたが、自分のイベントの違いを楽しんでいた様子。
 TDCコスフェスは、東京ドームシティという場所柄、巨人戦で荒れる猛虎・龍ファンから3000人以上のレイヤーを守らなくてはなりませんので、強固な一個の軍団のようなイメージ。
 COSSANは、地域のお祭りや他の大型イベントの中に入ってコラボで開催する事が多いので、自社の所帯はそこまで大きくなく、他業種との折衝などを得意とするイメージ。

× × × × × × × × × × 

 さてさて、こういった今回の公園を使用したイベントは、自治体の協力あってこそだと思います。
 乙女ロードやサンシャイン60を有する豊島区も、昨今の「漫画で町おこし」ブームの流れを受け(てしまっ)て色々やっておりますが、その中でも特に区議の小林弘明氏(無所属)は昨年末のCure忘年会に参加した事などをブログで触れており、コスプレ業界…具体的にはCureやCOSSANとの繋がりが伺えます。
 昨年11月には区政80周年記念として東池袋中央公園からの「アニメイトガールズフェスタコスプレパレード」、今年2月には中池袋公園周辺を使用した「東京マンガ・アニメカーニバルinとしま」というイベントも開催されておりますので。
 ちなみに誤解されがちですが豊島園は練馬区なので、昨年秋にやった「練馬アニメカーニバルinとしまえん」は豊島区とは無関係。

 この6/16は日曜で都議選の最中だった事もあって、来ていた区議会関連の方々からは、都議選や参院選の選挙運動に関する小声もチラホラ…。
 「豊島区議、コスプレ団体に利益誘導か?」「特定候補者の選挙活動をコスプレイヤーが支援…あきれた実態」などという週刊誌的キャッチコピーが思い浮かびましたが、とりあえず冗談という事にします。
 若者へのアッピールをしたいという計算はあるでしょうし、安易に味方とも信じ込まないですけど、「彼らは敵ではない」という一点が、サブカル系の人間にとってはとても重要なので。感謝。

 こういった上の方々との意思疎通がし易くなったためか、池袋周辺のイベントでは屋内であっても禁止される事の多かった“男性による女装”“軍装”の類がこの日はOKになっており、より一層のカオスなお祭り感を演出しました。「自宅警備隊を初めて生で見た」という声も。
 本来は安全面以外の理由での規制なんて無い方が良いに決まってるので、ここの部分は特にCOSSANへの敬意を持って書き残しておきます。出来ればこれが良い前例になればいいなぁ。

1055016_1956216273_130large
 ケータリング。人は食べ物の前では無防備。
 これが賑わってるという事は、そこに滞在して時間を過ごそうとする人が多いという事ですからね…!
(コスイベで屋台の在庫チェックしてるヤツなんて他にいねーよ!)
 提携する数店の飲食店にはコスプレのまま入店可能だったので、冷房の効いた喫茶店でくつろぐレイヤーの姿も。
 プロレス的には、会場近くの飲食店は、最初に入って来た客の表情でその日の大会の良し悪しが分かるという…。

1055016_1954370180_26large
 終演後のPAT25。コスサミ用の大道具って以後は使い道が無いので勿体ない。
 「いい箸休めにはなったでしょ?」と自虐的な兵さん。(太田)
 でもね、僕が一番親近感が湧いたのは彼らなんです。技術じゃなくて「好き」だけで突っ走る、みたいな…そーゆー人にもスポット当たらなきゃ!
 来年もし出たらパトレイバー26周年で「PAT26」なのかしら?

1055016_1954370179_11large
 選考の終わったステージは、夜までアニソンダンパ(=ダンスパーティ)。
 かかったアニソンのコスプレイヤーがステージに駆け上がり、即興でポーズしたりするおなじみの光景は、レイヤー以外のお客さんには新鮮な光景だった模様。
 
 これが祭りなら、今日はあくまで日本代表=神輿の上に乗る人間が選ばれたという事です。
 神輿に乗っかる人間だけじゃ祭りは出来ないんだよ!神輿を担ぐ人間、囃子を奏でる人間、沢山いてこそ祭りなんだよ!

× × × × × × × × × × 

■■ 次につなげる話を ■■

 終了後に審査員のCure乾たつみ氏が「今回は特にハイレベルで、本当に点を付けるのが難しかった…」とこぼしておりました。僕としては「ぜひ乾さん道斎さん達にも一度出てもらって、落とされる我々の気持ちも味わっていただきたいのですが」…という話を腹の中にしまっておこうと思ったら、気がついた時には口に出てましたが。失礼。イカンイカン。
 こうしてコスサミの演技がプロ並に上がる事は、同時にハードルが高くなり過ぎて、アマチュアが挑戦しにくい空気も既に出来てるでしょう…。実際、落選したチームが2年以上続けて挑戦する事は稀ですし。

 予選会は、三角形の頂点を引き上げるだけじゃなくて、裾野を拡大してほしい…とずっと言ってて、まぁ、それはまだ途中なんですけど。
 日本では数万人単位で存在する筈のコスプレイヤーの内、コスサミの予選に出るのは毎年たった30人程度なので。0.1%以下?
 海外イベントを知る人に聞いてみると、日本はレイヤー人口も多くてコスプレ先進国なんだけど、一般人と隔離したがったり、動的なパフォーマンスが忌避されて来た経緯があるので、ひたすら写真文化に偏ってしまってパフォーマンスに関しては後進国なんだとか。僕は「ガラパゴス化」と言ってますが。

 別にそれが間違ってるとも思わないんですけど(その人が楽しめれば良いじゃん)、コスプレが本来は動的な要素との親和性が高いのに、その楽しみ方が80年代後半を最後に(破李拳竜一座とか…)近年まで封印されてきたってのも、事実だと思います。
 それが海外の国や地域によってはパフォーマンス重視のコスプレチームってのが普通に沢山あって、そーゆーのが日本でも見られるようになったって事は、時代の節目なのかもしれません。

× × × × × × × × × × 

 もう一つ…この日、決勝戦に出場する筈が辞退したWEB予選代表「魔法少女まどか☆マギカ」チームはっせ(キキワン/なおきち組)の件。
 2007,08年に代表を経験していた彼女達のいわば捨て身のネタっぷりは、勝敗は分かりませんが、必ずや異彩を放ってくれただろうと思います。それが出場できなくなったのは残念でしたが、致し方ない理由です。(参照)
 ならば、辞退の件はツイッターでも何でもいいから、WCSjapanの公式アカウントからアナウンスされるべきだったと思います。彼女達の発言だけでは情報は広く伝わりませんから。
 経緯を知らない人から見たら、WEB予選で一位だった筈のチームが決勝に来ていないという不思議な事態になりました。
 挑戦する筈のステージをあきらめた心境は、上の方の人達も察してください。

× × × × × × × × × × 

 また、現場がすごく盛り上がってても、それが他に波及しないのは勿体ない。
 コスサミお膝元の名古屋を含め地方の方々から今年の予選はどうなっているんだ?」的な声がありました。
 昨年までは各地方予選も含めて、出場チーム紹介や勝利したチームの告知がHPで行われていましたが、今年はそれらが一切無かったので、どこにどんな作品のチームが出ているのか、誰が勝ち上がっているのか、よく分からなかったとの事。
 つまり現場に行ける人間とそれ以外に、非常に情報格差や、温度差があったという事です。
 どんなイベントをやっても、情報発信をしなければそこで止まってしまいます。コスサミはせっかく内外から(国内より海外で)注目されつつあるイベントなので、来年はもっとマメに情報発信して(=燃料を投下して)いただきたいですねっ。

 んでね。
 イベントの価値が何なのか?と考えた時、楽しんでる人が沢山いるって事が、一つの正解なんだと思います。
 ぶっちゃけ、経費的には大変なんじゃないかとも思いますが、そこは気付かないフリをするとして、多くのお客さんが楽しんで、記憶に残してくれたなら、大成功じゃないですか!?

 ここ何年か続いていた、観客が少ない&温度の低い国内予選じゃありません。
 ステージの内容もハイレベルだし、会場全体にお祭り感がありました。
 だいたい、たった一つのチームを除いて、他は落ちるんです!何ヶ月練習しようといくら予算をかけようと、順位発表は無いので2位以下には公式記録にも残りません!
 記録に残らないなら、せめて、多くの観客の前で披露して、盛り上がって、誰かの記憶に残してもらいたいのが人情なんです。
 だから、国内予選が規模縮小されていた2009-11年辺りにも毎年挑戦し続けていた出場チームこそ、この場に来てほしかったんですよね。8月のチャンピオンシップの当日昼や前日夜に日本代表選考会をやっていた時期もありましたから。
 今回代表に選ばれた万鯉子さんも、予選の縮小時期も通して挑戦し続けた一人だと思います。
 
× × × × × × × × × × 

 もうね、面白くて仕方ありませんでした。
 途中のグダグダやゴタゴタを何となく遠目に見ていた人間からすると、今日無事に最終戦を迎えて、ひとまず成功を収めた事がまず感無量ですが。
 区長も議長もNPOも余所のイベンターも自宅警備隊も地元発信のマスコミも、このまま生きてたら出会わないであろう人達が、コスプレサミットを媒介にして、手を組んだり、接点を持っていった訳です。
 
 今までは8月のコスサミチャンピオンシップの付随イベントでしかなかった日本代表選考会が、一つの巨大イベントとして(犠牲も出しつつも)成立しつつあるという事です。
 冒頭の話に戻りますが、コスサミでコスプレの日本一や世界一は決まりません。決められません。虚像です。でも何故わざわざ決めようとするのかといえば、それによってビジネスが回ったり、外務省の文化外交や、経産省のクールジャパン戦略のモデルケースになったり、地域経済の振興にも関わっているからだと思います。
 つまり、アレです。
 利権の矛先がこれからは、名古屋のチャンピオンシップ本選と東京の国内予選、二つに割れ…いや、二つに増えつつあるのか…?

 そして虚像だけど、その虚像を一生懸命に掴もうとする人達の競争は、リアルで暑苦しい青春ドラマがあります。
 大人達が何を企んでようと、もう良いです。
 WinWinの関係が成立するなら、が前提ですが。

× × × × × × × × × × 

■■ ついでに。模倣するならより良い形を! ■■ 

 ありがたい事にブログのアクセス数が増えて、資料としてご覧いただけてるようにも感じますが、最近ちょっと気になってる事を。
 全国各地で「アニメで町おこし」が企画されるようになって、コスプレを誘致しようとする人たちが沢山います。
 アクセスログの中を見るとそういった町おこし関連の調査なのかな?と思う例も増えてきました。ぶっちゃけ、コスサミの成功パターンを模したり意識したイベントというのもあるみたいですね。なので、あくまで興味本位で色々見たり調べたりしてるだけの人間ですが、気づいた点を書いておきます。

 ステージでパフォーマンスするのはコスプレイヤーの中でもまだまだ非常に少数派のジャンルです。これを見て、コスプレイヤーを呼べばこういった芸能的なパフォーマンスを披露してくれる人たちなんだ…と思ってはいけません。
 誤解されがちですが、レイヤーは“衣装持参、メイク自前で、安く使えるタレント”ではないです。中には結果としてそういった芸能活動をしている人たちもいるだけで。
 コスプレは「遊び」であり、レイヤーが求めてるのは「遊び場」です。その遊び方が人によって、コスプレして写真撮影だったりゲームだったりカラオケだったりパフォーマンスだったりするだけです。
 仮に、お祭りやイベントのステージに首都圏から有名レイヤーをパッケージで呼んだとして、一般の観客は集まりますが、地元のレイヤーはあまり喜びません。一人一人が“参加”できる空間じゃなければ。
 この日の池袋西口公園イベントも、コスサミ日本代表決勝戦に目が行きがちですが、他にも近隣を使った撮影やアニソンダンパや杉田氏トークショウを、全部ひっくるめての成功です。

 対象にするのが「コスプレを見たい人」のためのショウなのか、「コスプレをやりたい人」のための遊び場なのか、あるいはまとめてやっちゃうお祭りなのか。誰のためのイベントをするのか、最初に考えて、可能ならなるべく当事者と向き合ってみるべきだと思います。
 だいたい、間に入って紹介やブローキングを行おうとする人たちは、調子イイ事しか言わないんだって!
 何よりレイヤーは口コミを重視しますから、一発目で新規イベントが成功する事は稀です。失敗しながら
続けて、育てていくべきだと思います。
 8月頭に恒例の大須コスプレパレードは、各国代表+地元レイヤーで1000人超、観客を含めて数千人という、コスサミの開催期間中で最大規模の動員を誇る名物企画ですが、それもまた10年がかりでゴタゴタの末に育ったものです。(大須商店街連盟のコメント)

 目立つ部分だけ真似ようとしても、足元崩れますよ?



コスサミ歴代日本代表
 昨年発行の同人誌「世界コスプレサミット非公式読本」より、歴代日本代表リスト。
 自家通販 ・ 
COMIC ZIN様の通販 ・ 中野まんだらけ様の通販 よろしく!


【コスサミ地方予選のレポ】
3/24東京国際アニメフェア予選
4/14名古屋予選
4/28ニコニコ超会議予選
5/18大阪予選



[ ↓ 書いた人のアカウント]
 ツイッターmixicure 
どんな感想でも、投げて頂けると、一通り読みます