エピローグ!エピローグ!
 予選から半年続いた世界コスプレサミット2014レポも今回ついに最終回!
 今回はチャンピオンシップ明けて日曜日、8/3大須コスプレパレードとニコニココスプレクションを中心に、この土日に見かけた光景や情報を雑多に書いていきます。
 と言っても巨大化しまくってて、とても全部の公式企画をチェックして回れる訳じゃ無いので、だいたいの雰囲気を…残せたら良いなぁ。

 そういやー考えたら各国代表チームってもう「22ヵ国」じゃなくって「22の国と地域」って書かないとイカン訳だよね。今年からは日本政府が正式な独立を認めていない香港・台湾も、中国とは別枠で代表チームとして存在してる訳だから。


■ 「コミケ式」更衣室、尾張に現る

 世界コスプレサミットの運営は以前はテレビ愛知、現在は(株)WCS。どっちにしろマスコミ系の企業なので、コスプレイベントのノウハウはありません。
 それが既製の常識に捕われない形のイベントを作れた理由でもありますが、更衣室みたいな基本的な部分での運営ノウハウは決定的に不足したまま拡大が続きました。
 名古屋市と愛知県が後援し、地域全体を使ったイベントなので、更衣室使用は絶対ではなく、自宅やホテルや車中でコスプレに着替えて参加しても構わないのですが、やはり大多数は運営側が用意した更衣室を使います。
(ちなみに日本以外の海外イベントでは基本的に更衣室は存在せず、コスプレのままでの来場が常識だそうです。海外イベントの雰囲気に近いのかな)

 更衣室の数は毎年増えていて、昨年、更衣室担当スタッフは日本予選も管轄してるCOSSANが担当しましたが、ホラ、あそこ!5月末に主要スタッフが大量離脱しちゃったじゃん?んでコスサミの日本予選決勝は関東各地のイベンターが東京タワーに集まってハイエナ…協力したじゃん?
 そんな訳で、この8/2,3両日も、名古屋市内各所の更衣室には関東圏から複数イベンターが利権を貪り…スタッフを派遣していた訳です。
 その中には、かのコミックマーケット準備会の更衣室担当から派生したイベント団体のスタッフもおりました。

× × × × × × × × 

 ここからは他の参加者に聞いて回った話を総合。
 8/2土曜日、とある場所の女子更衣室は早々に大混乱したそうです。事前に申込制で人数を決めてあっても、一度に来られちゃうとやっぱり厳しいので。
 で、コスプレ更衣室の運用でも、地域性ってのがあるんですよ。
 名古屋って実は、コスサミ以外には大型イベントがほぼ無いんです。同人誌即売会や小規模ホール系イベントが主流で、テーマパークや遊園地を使った1000人規模の大型コスプレイベントはありません。
 だから、東京や大阪に比べるとコスプレイヤーが“混雑慣れ”してないんですって。
 特にコスサミに初参加する人にとっては、密集した更衣場所をどのくらい使って良いのか・荷物を広げずに着替えるにはどうするのか・行列はどう詰めて並ぶのか…みたいなのは未体験エリアです。当然、スタッフの指示も上手く伝わらず、現場の空気も悪くなってしまったとか。

 初日の混乱を受けて、東京から来てた某スタッフチーム、考えたらしいです。
 明けて8/3日曜日、某所女子更衣室では参加者に対して、あらかじめ「今日はコミックマーケットスタイルで行きまーす!」と宣言。この機転が非常に上手く行ったとか。
(あくまでノウハウの提供なので、コミケスタッフの職権乱用では無いよ)

 関東圏から遠征していたレイヤーは早々に状況を察して、率先して協力的に動いてくれたとか。
 名古屋の地元レイヤーも、コミケ参加経験は無くても漠然と聖地・コミックマーケットへの知識や憧れみたいなものは持ってる人達ですから、圧縮された行列、密集した更衣室内での導線確保など、いつもと勝手が違う(軍隊のような)更衣室の運用を「あのコミケでは、この異常が通常らしい」みたいに疑似体験する感じで、割とすんなり受け入れられたみたいですねー。

 元々コスプレには縁遠かったテレビ愛知が起こしたイベントに、愛知万博に併せて自治体や行政が乗っていって、後々にコスプレ業界の人達が関わり、ようやく最近になってコスプレイベンターが入り、それらが業界や地域や人種を超えてクロスしていく光景は…、さながら、この世の悪の組織らが手を組んだ大ショッカーの誕生を見ているようであります!

■ 若人は走る!WCSおもてなし学生委員会

 準参加国4つ含めて26の国と地域の代表チームが約10日間に渡って活動する世界コスプレサミットの公式行事では、どうしてもせっかく来てくれた海外勢をあちこち連れ回す強行スケジュールになってしまいます。
 そこで、細かいフォローをするべく昨年から誕生したのが学生委員会。
 中部地区の15大学を横断して集まった学生たちが各国代表チームに一人ずつ付き、空いた時間を見つけてご希望の観光地やお店などにエスコートしたり、不慣れな日本での滞在をサポートして、「もっと日本を知って好きになってもらう」ための活動をするボランティア組織です。
 コスサミの各国代表の写真の端によく写り込んでいる、黒いTシャツ姿の若者たちが彼らです。

 サークル規模かと思いきや意外とちゃんと組織化されており、名古屋支部の他に東京支部もあります。各地域でコスサミ全体の盛り上げのために草の根活動をしてるのも彼らです。
 実際にはマスコミ業界へのインターンのようなコキ使われ…扱われ方であるので、いわゆる“意識の高い学生”かな?
1055016_2102890553_236large
 土曜日のチャンピオンシップ直前、国際ホテルの待機ブースではサポート役も緊迫。

WCSおもてなし学生実行委員会 公式サイト


■ 徳川宗春道中&錦通りレッドカーペット各国代表コスプレイヤーパレード

1055016_2102890560_71large1055016_2102890559_197large
 土曜日の昼に行われた徳川宗春道中、今年は名古屋市だけでなく愛知県も実行委員会入りした関係で、定番の河村たかし市長の宗春公に加え、大村秀章知事の徳川吉宗公も披露されました。
 代表チームも、この夜のチャンピオンシップとは違う、勝敗関係なしの好きな作品のコスプレで小規模パレード。
 なんでわざわざ決戦直前に、日本人でもキツイ名古屋の炎天下でこんな大騒ぎやるのかというと、マスコミ向けアピールとか、市長と知事のお殿様二人に見せ場を作って、来年もどうぞよろしく…みたいな事情はあると思うのですが。この規模になると、自治体や行政の協力は不可欠だしね。
 この時のパレードの模様は、名古屋オタ情報局さんに詳しく写真レポを寄稿しているので、読んでね。
http://nagoyaota.blog.fc2.com/blog-entry-417.html


■ 台風迫る大須コスプレパレード

 日曜日、22ヵ国代表チームが勢揃いして記念パレードを行い、その後ろを全国から集まった地元(?)レイヤー1000人以上が続いてパレードするという、コスサミ二年目の2004年から続く名物企画。最初期は実数100人くらいだったと聞くので、コスサミの巨大化を象徴する部分でもあります。
 実はチャンピオンシップよりもこっちのパレードのが、歴史は古いのである。
 世間の人はコスサミ=ステージで選び抜かれたコスプレ世界一決定戦みたいなのをイメージしちゃうけど、いざ名古屋まで訪れると、コスプレイヤー数千人による地域のお祭りとしてのイメージの方が強いでしょう。
 実際、何処の国が優勝したとか、あんまり興味無くて、海の向こうからオタク集団が来た!ってまとめてウェルカムな空気かなー。

1055016_2102890548_215large1055016_2102890549_55large
 12時。合図の太鼓がドーン!と鳴り響いて、境内の鳩がバーッと飛び立つと、各国代表チームを先頭に、パレードが始まるのでした。
 商店街の規模やスタッフ人数を考えたら、とっくにキャパシティを越えていながら「やっちゃえ、やっちゃえ」的な見切り発車をくり返すこのパレード、今年は雨天により人数こそ若干減ったものの、待機場所の大須観音境内から列がハミ出すのは相も変わらず。


■ ベストショットなどなど

1055016_2102890563_242large
 代表チームやスタッフらが定宿としている名古屋国際ホテルのロビーには、ウェルカムボードならぬウェルカム・エヴァ弐号機。過去の日本代表チームの衣装などが展示されているのでした。
 ちなみにホテルはコスサミ関係者の貸し切りではないので、たまたま何も知らずにこの時期に名古屋観光に来た人が驚く事、うけあい。
(まぁ、コスサミ自体が名古屋最大のイベントなのだけどね)
 って事はもし自分が日本代表を勝ち取る未来があったなら、何年か先には箱ミクが飾られてる可能性もある訳か…?
 
1055016_2102890546_235large
 大須観音でのドラクエ集合、ミナデインを詠唱する際の掛け声がなぜか「STAP細胞はあります!」だった。

1055016_2102890543_28large
 ファイブスターストーリーズのファティマ。こういった大型造型物を観衆の前で披露できるイベントって、中部地方ではなかなか無いですから。

1055016_2102890547_216large
 見物客であふれてしまった境内の沿道を、総北高校と箱根学園の皆さんがペダル漕いで(?)駆け抜けていきました。

1055016_2102890544_174large
 宇宙ゴキブリを追って、テラフォーマーズの皆さん。

1055016_2102890550_204large
 僕は日曜日は、国内予選で使っていた仮面ライダーディケイド(箱)でした。

1055016_2102890554_251large
 チャンピオンシップこそお隣の芸術ホールに移行したものの、オアシス21は土日通して様々なステージ企画が行われており、ステージ観覧にしても撮影場所としても人混みが絶えなかった。

1055016_2102890551_113large
 日本代表選考会のニコニコ超会議予選代表だった紅乃さん。あの時のモンハン衣装でした。

1055016_2102890552_247large
 同じくニコニコ超会議予選代表だった山葵さん。世界擬人化大賞のブラザーミシン擬人化部門にエントリしており、土曜日はオアシス21でその入賞発表ステージがあったので、衣装はミシンの擬人化イメージなのである。

1055016_2102890557_26large
 オアシス21には金魚草が自生していました。

1055016_2102890556_184large
 魔法騎士レイアース合わせ。

1055016_2102890558_105large
 連装砲ちゃんは鋼人Tさん製作バージョン。

1055016_2102890529_224large
 安西先生…一瞬ケンタッキーかと思いました…。

1055016_2102890528_139large
 WCS公式キャラクターの等身大パネルに紛れる杏さや、みつる&つかさ。
 2011年の予選に初挑戦、2012年の大阪予選と国内決勝にも出ている女性コンビである。この後のニコニコの話にも登場。


■ ニコニココスプレクション

1055016_2102890542_13large
 さぁ、コスサミ期間もクライマックス!日曜日のオアシス21ステージのラストを飾るのは、ニコニコ動画の運営する六本木ニコファーレやニコニコ超会議内で行われていた好評イベント。関東以外に初進出!
 昨年よりニコニコ動画を運営するドワンゴは、コスサミのパンフに一番大きく名前が載っているので、どうやら相当なビッグスポンサーであると見た!
 テレビ愛知から(株)WCSへ事務局が移行した事もあって、TV局の制約が下がって、在京キー局やネット放送局、さまざまなメディアで展開されるようになりました。

 さて覚えてる方もおられるでしょうか。
 去年一昨年と、過去2回に渡ってエキシビションの在り方を巡って、僕は運営方面と揉めてるのですが(チャンピオンシップの中や前後に、エキシビションと称して似たようなパフォーマンス枠を作っていたのは、本選に出場して落とされていった人達の心を蔑ろにする行為だ…という考えは今も変わりません)、今年はもう日時も分かれたし、コスプレサミットというお祭りの中での別モノとして捉えてるので。
 色んな事情と鑑みて、これで良かったのだと思います。
 
1055016_2102890541_232large
 オープニングアクトは、弱虫ペダル
 セリフ無いのに、追い抜き方とか追い越す際の表情で、それぞれのキャラクター性を表現していた。読んで無い自分でも誰がどんな奴かはだいたいイメージで伝わったので、シンプルisベスト!

1055016_2102890540_107large
 続いて、自堕落な生活を送る万事屋の銀時と神楽が明太子を争ってる所へ、桂と新八が訪ねて来て…というハチャメチャな銀魂コント!(劇団チーズ蒸しパンGEVOL)
 声が本物みたいにそっくりだったのは、ニコニコ動画で声マネしてる方々とコラボして吹き込んでもらったからだそう。

1055016_2102890539_34large
 うたのプリンスさまっ!より、カルテットナイト

1055016_2102890538_240large1055016_2102890537_21large
 …の背後から先程の銀魂チームと弱虫ペダルチームが乱入して…何やってるんだァァッ!
 大笑いした!
 キメ顔で歌いきったうたプリも、後ろで好きに暴れていた銀魂も弱ペダも、各々のキャラクター性は全く損なってないのに何でこんなに面白いの…?
 僕はこの光景、俺たちひょうきん族のベストテンコーナーを彷彿させるカオスっぷりで、パロディとしてのコスプレの面白さを見せまくって頂きましたね…!

1055016_2102890536_50large
 手を取り合って友情をアピールする弱虫ペダルチーム。

1055016_2102890534_208large
 土下座で謝罪をアピールする銀魂チーム。

1055016_2102890533_43large
 新創刊COSPLAYMODE(旧COSMODE)、鬼の副編集長マヒオさんによる宣伝タイム。


 さてこのニコニココスプレクションの名物。「全員主役!」を謳い文句に、来場者からくじ引き抽選でステージに上げてランウェイさせてしまうのです。有名無名は関係ありませんし、余所のステージでは出て来ないようなキワモノが登場して、ニコ生のコメントで盛大にツッコミが入ったりする、楽しい企画です。
 …ただ、抽選権の配布場所が入口横のテントだというのが伝わっておらず、さらに名古屋って実はステージ企画の殆ど無い地域だから(コスサミの日本代表も殆ど東京か大阪人)、ステージ上がりたがるレイヤーが少なくてな…。

1055016_2102890532_48large
 千と千尋の神隠し。

1055016_2102890531_193large
 数組ごとにまとまってコメントタイムも。このセーラームーンはウィッグが後ろにずれたのを、咄嗟に“あの”決めポーズで隠してたそう。ニコ生ユーザーから温かいツッコミが画面越しに入る。

 ここから、ツイッターで言ってた青臭い話へ繋がります。
 2回目の抽選でランウェイ登場権が当たったんですよ。ワタシ。
 友人と一緒の登壇でもOKだったので、一緒に見ていたみつる&つかさ誘って、挑戦ですよ。
 …まさか、最後の最後でこんな機会が巡ってくるとは思わなかったよね。
 3人でバックステージで打ち合せして、じゃ、みつつかが杏さやで最初に出ていって、一回りした所で2人の間を割ってディケイドが駆け出す…って展開で。
 なんだか、泣いてましたよね。もう。
 手ぶりや表情の演技で間を繋げるみつつかの背中は、2年前に最初に会った時よりも成長して見えたし、ライバルチームだと思ってたし、そこに自分が一緒に立って簡単なパフォーマンスしてるってのは、不思議な気分でもあり。
 観客席の誰も知らないだろうけど、彼女たちはコスサミのアレコレで一緒に泣いたり怒ったり抗議してくれた戦友みたいな人達でもあるし。
 去年まではこのオアシス特設ステージがチャンピオンシップ用のステージだったから、きっと今まで出会った歴代代表チームの人達も、今と似た光景を見て来たのかな…とか。
(みつつかと部分的に行動を共にしていた理由は、またコスサミとは別のお話に繋がるのである…)

 マイクで「コスサミの予選に3年出てます。結局、代表には一度もなれなかったんですけど、最後に良い思い出を頂きました!」みたいに言ってましたね。後でタイムシフトで見たら声が泣いてる(笑)

× × × × × × × × 

 …すみません。ここでカメラの電池切れまして。プレス枠として、あってはならぬ落ち度ですが。
 この後、チャンピオンシップには出られなかった準参加国4チームの演技もありました。

・ ベトナム「キャッスルバニア ロードオブシャドー」
 (マントにLEDが仕込んであった。芝居+剣劇って構成は、かの国で人気のWCS2012日本代表“士魂”の影響が見て取れる)

・ フィリピン「鉄拳タッグトーナメント2」
 (チェンソーvs剣のドタバタアクション。鎧の曲面処理が素晴らしい。女性の表情演技が凄い。ラスト倒れた瞬間に、ステージ上のフットライトにぶつかって落とす小アクシデントも)

・ ポルトガル「シャイニング・ウィンド」
 (クララクラン・フィリアスの白黒バージョン…つまり同一人物の二面性を演じていて、武器は構えるけど戦わず、最後は武器に刻印された王国の紋章を白黒で重ねる…という素敵な中二臭!)

・ クウェート「デビル・メイ・クライ3」
 (睨み合いからの剣劇だが、ピストルの弾を剣で弾く、スローモーションを入れるなど、緩急をつけてる。3は1の前日譚なのでダンテが魔人に目覚めるラスト)

 4チーム連続の動画見つけたんで。


 正式参加国扱いに出来ないのは、滞在費用などの予算面の問題が大きいのだとか。
 もしここを読んでる方でコスプレサミットをスポンサードしたい企業の方などおられれば、手を挙げて頂きたい!
 今は拡大しつつ立て直しの時期だから、大いに恩を売れますよ?

 ニコニココスプレクションは20時過ぎまで続き、前日のチャンピオンシップよりも長い、4時間超のロングイベントとなりました。
 最後の方は観客席のレイヤーのランウェイ抽選券が全部巡っちゃって、周辺のレイヤーを上げてたからねー。
 MCのお二人、カミィさんは4時間ほぼ出ずっぱりのまま声とテンションを保っていて、ウサコさんは衣装替えしながらパフォーマンスを挟んでの登壇で、体力勝負だったと思います。
 バックステージでは前述の山葵さん紅乃さんに会って、超会議で披露したモンハンの着替え演目を準備してる所でした。
 あと、いつぞや会った人たちの顔もあって、ごくごく簡単に挨拶させて頂いて、その場を去りました。
 僕は(も)コスサミの日本代表選考会を巡っては色んな想いを持ってるんだけど、でもどっかでは皆、仲間だとも思ってるんで。今更おこがましいかもしれないけれど。いずれまた彼らと戦う未来も、きっとあるでしょうし。
 パートナーはまた探さないといけないんだけどね!


■ まとめ?

 以上で8/2,3土日2日間、7/26のお披露目から数えると約10日間に渡る世界コスプレサミットの公開イベント部分は、全てを終了!
 代表チームは翌日、温泉に向かい、本当に全日程を終了!
(日本チーム欠席。彼女達は社会人ですから…。でも海外って、社会人でも2週間くらいの夏休みは当り前なんですって!)
 例年だとすぐ数日後に東京で夏コミなのですけど、今年はコミケが一週遅くなったので、一旦帰国して10日後にまた来日するチームもあり…。

世界コスプレサミット2014 - 8月2日チャンピオンシップ・オアシス21他 -アーカイブ参加表明3068人
コミックマーケット86(2日目) -アーカイブ参加表明2226人

 いやー、本当に大きくなりましたねー。
 まさか、コスプレサイトのイベント参加表明人数で、コミックマーケットが抜かれる日が来るとは、誰が思ったでしょう。昨年からですけど。SNS使ってない人も含んだ実数だと上記の2~3倍あると推測されるので、コスサミ参加レイヤーは土曜で9000人、日曜で6000人くらいかな?
 様々なトラブルは抱えつつ…単日のコスプレイヤー動員数では間違いなく日本最大のイベントになってると思います。
 当然、それに併せて観光資源としての集客力も推して知るべきで、コスプレイヤーと見物客を併せたら、2日間で軽く数万人単位の、人・物・金が動いてる訳ですよね…。

1055016_2103166408_54large
 思い起こせば、↑僕が初参加した2008年の頃はまだ13ヵ国参加、チャンピオンシップと大須パレードくらいでした。
 年々様々な関連イベントやステージ企画が増えていって、正式参加は22の国と地域+準参加国4つ。
 今や名古屋市中心部を丸々使ったコスプレ関連の“夏フェス”って考えるとイメージしやすいかなー。

× × × × × × × × 

 東京から来てた人の反応を記す。
「数千人のコスプレイヤーが堂々と町を闊歩してる姿にも驚いたけど、それに対して一般の人が驚いてない事に驚いた。もう、現地の人達がこれを当り前の光景として受け入れている」

 うーむ、現在は名古屋市交通局も後援に入ってて、コスプレで地下鉄やバスにも乗れますからねー。逆に東京ではこれだけの規模で行うのは不可能でしょう。
 もちろんこれは名古屋でも、夏の2日間だけに出現する、非日常的な日常の光景です。
 普段は保守的な土地柄だからこそ、“ハレの日”を大切にしているのかもしれません。

 …疲れたー!
 数年来レポ書いてて、2012年からは日本代表選考会にも出てるんで、多分コスプレサミット関連では一番、生の声と姿を記録できてるんじゃねーかと思いますが。
 最近は色んな所で資料的に使ってもらえてるそうで、まぁ、コスサミ関連の記事って実はPV数はそんなに伸びないんですけど、続けてて良かったかなと。

 とりあえず休ませて!ゲームショウ辺りまで。

 
CIMG4077
 あとweb予選勝利の際に貰った景品のブラザーミシン、ホントどうしよう!


【 宣 伝 】
 そんなコスサミの10年史を表と裏からまとめてみた同人誌「世界コスプレサミット非公式読本」、まだまだ売れ残り中!
 自家通販 ・ 
COMIC ZIN様の通販 ・ 中野まんだらけ様の通販 

 伏見地下街のビブリオマニア様では委託販売中!立読み可。
 鶴舞中央図書館では、郷土資料コーナーで閲覧できます。
 (遠く離れた千葉県民の作った同人誌が、ご当地の名古屋の図書館で郷土資料になるとは…)
 
【関連記事】
・ 河村市長と大村知事の割と低レベルなコスプレ対決を振り返る!-名古屋オタ情報局さんへの寄稿