読者が地獄に突き落とされる事がこの作品の醍醐味なら、間違いなくこの展開は正しい。

 そんな訳で、検索すると色んな人が悲鳴を上げているコンプレックス・エイジですが…
 恋愛編です。
 会社バレ・親バレと来たら次は彼氏バレかなと思ってましたが、悲喜こもごも。誰も主人公の恋を応援せずに何かしら怖い展開を期待している所に、この漫画は本当に「読者を育てた」のだなと思いました。
 さて、いつもの「描写が細か過ぎてコスプレイヤー以外の一般的モーニング読者層に今イチ伝わってなさそうで勿体ないから、レイヤー視点から勝手に解説」シリーズですが…正直、恋愛編なんて殆ど解説する部分がありません!
 もうここまで3週もコスプレしてないよ!
 そんなこんなで、いつにも増してグダグダとしたコラムのような記事になっておりますので、読むな!



■ 19話

 高校のクラス会で再会した千田君が「マジカルずきんウルル」のアプリを作っていて、ウルルのファンだった事を知り、親しくなった渚。
 後日、劇場版ウルルを一緒に観に行こうというお誘いが来てOKします。
 観賞後、彼が大泣きしながら語った感想が自分と同じだった事で、気持ちが近づいて…
(カラオケ屋で、酒に弱い渚を千田が気遣う描写が、次回の伏線…)

>カラオケ
 オタク趣味の無い同世代でのカラオケに巻き込まれて流行曲が歌えない時は、みんな知ってるであろう子供の頃にやってた番組の主題歌を、セリフ無し・シャウト無し・一番だけやんわり歌って切り抜けろって、週刊スピリッツの「トクサツガガガ」で仲村さん(26)が言ってました!

>洋服ダンスの中が白と黒
 これ共感した人多いんじゃないかなー…。
 り、理由はあって…。
 彩度の高い服はイベントで着るから、それ以外は“変身前”の意識なので、他人の目に触れたくないですし、地味になりがちなんですよぅ。アクセサリーなども取り外さないといけないから、あんまり付けません。
 そして更衣室って人口密集率もの凄く高いんですよ。混んでると畳一畳のスペースに3人くらいで着替えるんです。そうするとバタバタして脱いだ服を床に直置きしちゃう時もあるので、汚れやすいんです。黒だと汚れても目立たないじゃん?
 だからカーディガンやコートみたいなのは黒ばっかになりがち。反対色として、ブラウスやTシャツが白…と。
(私服でサイバーやパンクな人達も知ってるけどな!)
 渚の行動パターンだとコスプレ以外の友達も居ないみたいなので、イベント以外での私服に気を使う事を指摘する人も居なかったんでしょうね。公子は遠方に住んでるし。

 これレイヤーに限らずオタクならありがちな話だと思う。
 じゃぁ今すぐタンスの引き出し開けてみ?白黒以外の服あったからセーフとか言わないでくださいね!どうせそれだってグレーとかアーミー柄とかそんなんでしょ?

 夕方のイベント会場付近では、カート引いててスッピンを帽子とサングラスで隠してる地味な服装の女性集団が沢山いるけど、そーゆー事です。
 …を待たせてる後から、ロリータ服で私服メイクバッチリなお嬢さんが出てきて、どう見ても手慣れた感じで「ごめん遅くなっちゃったー」「ううん、大丈夫だよー」みたいな会話の中に、そこはかとない殺意を感じ取ってしまうのは、僕が男だからでしょうか。

>「(デート用の服を)いっそ作るか!?」
 その発想はフツーの人出てこないから!
 「無い物は作る」のクラフト精神。
 でも間に合わないからって、あのオカンに「服貸せ」はねーだろ!

>「(映画の)前半はテレビ版のダイジェスト」
 この、映画をテレビ版のダイジェスト編集+新作で作るパターンはどこから始まったのでしょう?
 ビデオが普及していない70年代までは、(東映まんがまつり除いて)テレビアニメの映画化=テレビ版の再編集パターンが殆どで、「宇宙戦艦ヤマト」も76年の映画第一作はこれでした。
 映画化の際にダイジェスト+一部に新作映像を混ぜるのは、81年からの「機動戦士ガンダム」三部作からだっけ?
 その後、打ち切りSFロボットアニメを映画で完結…というパターンが増え、同じく81年末の「劇場版 宇宙戦士バルディオス」ではダイジェスト+新作でラストシーンが描かれます。
 究極系としては82年の「伝説巨神イデオン THE IDEON 接触編/発動編」は、接触編がテレビのダイジェスト、発動編が新作映像での真の最終回といった体裁で、合計3時間を一挙上映するという伝説を打ち立てました。
 84年の「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」では、基本ストーリーはテレビと同じながら各所の設定や展開が異なり、輝・ミンメイ・未沙の三角関係の結末も違います。
 この後、ビデオの時代になると打ち切り番組はOVAで完結(青き流星SPTレイズナー/超獣機神ダンクーガなど)させるパターンが多くなりましたが、97年の「新世紀エヴァンゲリオン劇場版シト新生 DEATH&REBIRTH」で久しぶりにこのダイジェスト+新作パターンが復活。
 最近ではテレビのダイジェストに新作映像を混ぜて、ちょっと展開を変えて上映するパターンが多いですね。
 ウルルの場合は放送中の女児向けアニメなので、テレビシリーズには干渉しない展開での新作映画なのかな?

>「ウルルの好きなとこ わたしとおんなじ」
 好きなものの、好きなポイントが相手と同じ…これは…グラッと来る…。


■ 20話

 映画の後、ウルルのブルーレイ観賞に誘われ、千田君の家に一緒に行く事に…。
 家の前で、彼が部屋を片付けてる間にコンビニで買い物、緊張を紛らすために普段飲み慣れない酒まで買って行く渚でしたが、案の定、鑑賞中に頭痛を起こして…。

>チューハイ
 元ネタはアサヒ飲料のチューハイ「果実の瞬間」シリーズと思われる。アルコール度数4%。飲みやすいのですよ。
 酒買って一対一で男の家に行くってのは、フツー「OK」の意味ですから!
 

■ 21話

 いきなりキスシーンか!
 朝チュンか!
 「違法な性行為を不当に賛美し助長」した罪で、本作品は東京都青少年健全育成条例に違反しますッ!

>「色々久しぶり過ぎて忘れ―」
 悪い言葉ですが、ネットスラングではとっくに「使用済み」「中古品」と言われる状態ですよ!ンマッ。
 …ところで、どうしてオタク男性って、女性に対して処女性を求めちゃうのかしら…
 あぁ、自分が童貞だからですか。
 でも割とマジで不慣れな人が酔った状態でセックスするの危険だと思うんです。

>「時間だ!!」
 女の子と寝ててもアニメを見るためのアラームで飛び起きる千田君の照れ方に安心したよ!彼、オタクじゃん!その後の渚とのたどたどしい会話、すごく良いなぁとか思う訳です。
 順番の間違ってる告白から、渚の返事がYes/Noじゃなくって、インスタントコーヒーを飲みながら「コーヒーは切らさないでね。わたしたくさん飲むから」ってのが、ストレートには答えられない彼女のカワイサですよ!
 第一話でのイヤなヤツっぷり何処へ行った!

>「今の人とはもう3年でしょ?」
 公子もだったか!

>トルソー
 言わば胴体だけのマネキン。洋服屋で見かけた事があるでしょう。安いと3000円くらいで買えます。
 フリルやバニエでフワフワさせている衣装はクローゼットや引出しに収納すると形が崩れるので、上級者はトルソーに着せて保管する。
 こういった洋服屋みたいなトルソーやら美容室みたいなヘッドマネキンやら小道具を削り出すためのスチロールや木材が転がっているので、自作派コスプレイヤーの部屋(工房)は概ね、散らかっていて汚い。
 

 置いてある服の柄やネイルで、「何かこの部屋、男の匂いがする」と友人の変化を嗅ぎ取った公子に全てを報告し、恋愛の長続きの秘訣として「隠しごとはしない」と教えられた渚、部屋の片隅のウルル衣装を見つめた所で、次回へ続きます。

__________

■コスプレイヤーと恋愛を統計的に見る

 さて、コンプレ読者の大半が心肺停止に陥った所で、こっからはコラム的にグダグダ書きますよ。と言っても恋愛なんて全員に当てはまる事なんて無いから、あくまで統計資料から…。

 2011年のコスモード38号で恋愛事情に関する珍しいアンケート調査が載っていて、有効回答463人程度だけども傾向としては分かると思う。
http://zubunuretiwawa.ldblog.jp/archives/662680.html

[調査年代]
   ~10代前半   7%
   10代後半~20代前半   77%
   20代後半~30代前半   14%
   30代後半~   2%

[Q1.今、彼氏彼女はいますか?]
   Yes   32%
   No      63%
   既婚   5%

[Q2.その彼氏過女はオタク?]
   彼氏彼女もオタク   75%
   コスプレやオタク趣味を隠している   25%

[Q3.その出会いは?]
   学校   30%
   コスプレイベント   15%
   同人イベント   10%
   職場   10%
   その他   35%

[Q4.彼氏彼女のいない人、今はどう思ってる?]
   そのうちほしい   41%
   2次元で満足してる   30%
   今すぐほしい   22%
   今はほしくない   7%

[Q5.付き合うならオタクな人がいい?]
   Yes   54%
   No   39%
   No   7%

__________

 ちなみに世間全体では…。

・パートナーとの関係:若者の仕事生活実態調査報告書 - ベネッセ教育総合研究所
http://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/wakamono/2006/wakamono1_1_09.html
>パートナーがいる未婚者は約4割、男性未婚者だと39.0%、女性未婚者だと47.3%
(この調査は2006年、25-35歳の男女2500名への調査)
__________


 コスモードの方は男女別になっておらず、それぞれ統計の取り方が違う調査だからそのままの比較は出来ませんが、傾向としては、圧倒的に女性多数のコスプレイヤー層なのに、パートナーが居る割合は、世間の女性よりは少し低めですね。
 また統計上、コスプレイヤーにパートナーがいる数値は30%台であるものの、コスプレイヤー同士のカップルは、アンケート全体の9%に過ぎなかったそうな…。

 コンプレックスエイジ全話を確認したものの、セリフ付きで登場する男性はカメラマンと同僚くらいで、男性コスプレイヤーと思わしき人物は一回も登場した事が無い。(ダンガンロンパオンリーでモブシーンのさくらは女装なのだろうと思いつつ)
 実際に男女比1:9か2:8の世界なので、同じ趣味の男女でカップルが成立する係数が低くなるのであった。
 だからといって男性レイヤーが希少なので誰でもモテるかと言うと全くそんな事は無く、そこはやっぱり、人並みの身だしなみや社会性や収入のある人がモテるのです、きっと。
 そこを省みずに、乙女系男子でも無い人が、リボーン・テニプリ・うたプリ・薄桜鬼・Free・黒バスなどのコスに連続して手を出した所で、ナンパ目的を見抜かれるだけですからね?
 なお、全国的に晩婚化が進む昨今なので、主に20代前半の女性層という前提で見た既婚率では、世間との大きな開きは見られません。

 この辺の、恋愛に消極的という傾向は、レイヤー以外の人からは意外に見えるかもしれない。
 あのですね。
 貴兄らの思う“コスプレイヤー”は、オタサーの姫とか、人前で半ケツ披露とか、フリフリのアイドルチックな衣装着てポーズ決めてる人達のイメージかもしれませんが…。
 我らの思う“コスプレイヤー”とは、眉毛を鋭角に描き過ぎた男装集団だったり、真夏でも甲冑だったり、2時間かけて人外に化けてたりする人達のことを言うのであるよ。
(大昔は「レイヤーはカンタンにヤレる」っていうのが定説でしたが、今は人口が拡大して極端な人の割合が下がったので、そんな事も無いよぅ)

× × × × × 

 あと一連の恋愛編に対して「レイヤーはやっぱりギョーカイ人に弱いのか」って感想があって、千田君の描写はギョーカイジンとはちょっと違うかなー。
 劇中で渚から見た千田君は、あくまで“マジルルの話ができる元クラスメイトの男性
でしょう。
 だいたい、アプリなんてアニメ制作会社ではなく外注がやってるんだから、その程度ではギョーカイジンとは言えまいて、なァ!

 でも、有名になりたいってタイプの人だと、ギョーカイジンに弱い傾向ってのはあると思うよっ!
 コスプレなんて、自分が結局はイミテーションだって自覚あるから、公式で何か仕事してる人に弱いんです。きっと!
 あ、でもイマドキ、間違ってもレイヤーはカンタンにヤレるなんて思わないように。
 迂闊に手を出して失敗すると、横の繋がり広いから、一瞬で悪い噂を流されまくります。
 まったく!レイヤーだって誰でもカラダ許す訳じゃ無いですから!ちゃんと相手の肩書きや社会的地位を見てからカラダ許してますから!
(ん、なにかへんなこといった?)
__________


 登場人物が不幸になっても幸福になっても心臓止まりそうにさせる高度なサイコホラー漫画ですが、とりあえず皆さん、恋愛編の決着までは生きてようぜ!
 だれか、やさしさをください。

実物大のウルル型紙付きCOSPLAY MODE11月号が発売中。
コミックス1巻は増刷、2巻は11/21(金)発売予定ですって。