マトモなニュースサイトじゃ扱わないと思うからこっちで書いちゃう。

・急告|ニッポンコスプレフォトコンテスト@ストフェス2015
http://ncpc.jp/recommend.html

 えー、このコンテストはエントリーして写真を投稿してもらって、web投票での上位20作品を3/21日本橋ストリートフェスタ会場内(大阪)に掲示し、来場者の投票と併せた最終得票で順位を決める…という趣旨だったものです。2~3月にかけてエントリー者がツイッターなどで告知していたので、サイトを見た事のある人も多いと思います。
 が、あらかじめ禁止していた筈の副アカや同一IPからの不正投票が多く見つかり、明らかな不正に関しては(あらかじめ用意していた)集計から除外するプログラムを用いた事、そして公平性のために透明性を犠牲にせざるを得なかった事への説明が載っています。

 この不正投票の件についてはエントリーしていた本人の主導かどうか分からないですから、個人を責める意図も無いです。意外とこういった不正行為って、本人以外の人が行っていたりするからです。
 特にアイドルやモデルとして売り出されてる人の場合は、一個の商品ですから。

A.商品を売り出すために、事務所やスポンサーが業務で行う。
B.商品に魅力を感じた、ファンや取り巻きが勝手に行う。


 利害関係者やファンが商品をPRしたりするのは当然の事ですが、そこに不正行為が絡んで露見すれば、それによって商品の価値を落とします。組織票まではまだルール内ですが、副アカによる投票は水増しですから、まぁアウトですよね。
 アンチが晒し目的で行うとは考えにくい形ですから、プッシュする目的だったと推測されます。

 写真コンテスト形式に限らず、いわゆるコスプレコンテストというのは昔から、不正や出来レースを囁かれる例が非常に多いです。
 歴史的に、新人モデルやパッとしないタレントに対して、人気キャラのイメージと肩書きを与えて売り出すために利用されてきたという、経緯があるからです。
 他の参加者も、何かしら有名になりたいとか芸能脂肪もとい志望の人だと、「おかしい」と思ってそれを言っても干されるだけなので、逆に、おかしい事をしている権力者や企業に積極的にすり寄っていくパターンの方が多いからです。
 また、権力者は男性で、コスプレイヤーは女性が多いですから、公私混同が疑わしいものもあります。
 コスプレ(コンテスト)界隈の悪癖だと思います。

・受賞者一覧|ニッポンコスプレフォトコンテスト@ストフェス2015
http://ncpc.jp/results2015.html
・エントリー一覧
https://www.wishpond.com/twlp/540089/

 見比べると、確かに。
 得票の上位と受賞一覧で顔ぶれが若干違います。
 そして…得票数では圧倒的1位だったのに、実際の受賞では3位までの入賞からは外されてる人もいますね。
 彼女、昨年から2.5次元アイドルとして活動開始以来、形としてはフリーですが、特にコスプレ動画サイトあにスタ関係のステージではほぼメーンとして出演するなど、プッシュされている人ですね。
 誰が主導したかまでは知る由もありませんが、ゴリ押し方の如何では本人の商品としての価値にも傷がつきます。

 コンテスト実行委員会は名指しこそしませんでしたが、自分達のコンテスト内での(組織票ではなく)不正行為の存在と、その対処方を毅然と示した事で、こういったコスプレ写真コンテストの在り方に一石を投じたと思います。
 なかなか、味な事をすると思いました。
 ちょっと組織的には実態がよく分かりませんでしたが(パートナー表記に日本広告写真家協会があるけど)、コスプレ業界の中の組織だったら、ここまで堂々とNoを言う事は出来なかったのではないでしょうか。
 敬意を表して、ここに記しておきます。


 …ってカイブの連載コラムにも書きてぇー!保身に走ったら僕ももうダメですね。
 

[関連記事]
コスプレイヤーのタレント化・アイドル化はどうして上手く行かないかを考える