RSS代わりに。

【コラム】灯っては消え、プロ/職業コスプレイヤーという幻を考える-コスプレイヤーズアーカイブニュース

↑ 今年、複数の深夜番組その他で“仕掛けられた”であろうプロコスプレイヤーブーム(?)をネタに。
 どうぞお読みくださいまし。

 過去にも同じような話をこのブログで書いてましたが、コスプレの仕事でお金が発生する事はあるし、またコスプレをきっかけにクリエイターや芸能方面に進んでいった人もいるけれど、でも“コスプレイヤー”そのものはプロ/職業と呼べるまでには至っていません。
 聖地・日本だからこそ抱える、構造的な問題から考えました。

 文中では深くは突っ込んでないけど、昨今いわゆる“プロコスプレイヤー
ってのはマユツバというかTV的な演出の一環ですが、本人が嘘を言ってでも仕事を得ようとしてるケースと、本人は正直に発言してるけど編集で話の流れが変えられてしまってるケースがありますので。

 今回は過去の悪い例での個人名などは挙げてません。
 だって、その人たちもカイブのユーザーなんだもの…。