コスプレイヤーズアーカイブのニュースコーナーで毎年恒例の「コスプレ界10大ニュース座談会2017」が、去年末に発表されました。
 僕も4年連続で選考に関わらせていただいております。今年もまた、千葉県船橋市から愛知県名古屋市まで日帰り弾丸コースでした。
 しかしなぜ肩書きが「コラムニスト」で掲載されてるのか。ンな大層な肩書きを名乗りたがる輩はロクな事にならないので、いっつも「インチキコラムニスト」って自称してるのですが。

●アーカイブニュース編集部が選ぶ2017年コスプレ界10大ニュース
(前編)次点と10-7位まで
http://www.cosp.jp/news.aspx?id=524
(後編)6-1位まで
http://www.cosp.jp/news.aspx?id=525
 
1位「コスプレがメディアで取り上げられる機会が激増」
2位「2.5次元ミュージカルが人気爆発」
3位「イベント格差時代。スタジオも息切れ感」
4位「COSPLAY MODEの「人気者になろう!」特集が物議」
5位「ハロウィン週末に台風直撃」
6位「コスプレSNS離れが深刻化」
7位「勇者屋・片桐氏逝去。史上初のコスプレイベントでのお別れ会が催される」
8位「CCC定期公演、アニパフォが終了。パフォーマー達から悲鳴が上がる」
9位「名古屋市がコスプレホストタウン宣言」
10位「けものフレンズ効果で動物園イベントが盛況」

次点「Cosplayers Globalオープン」
次点「AMPLE!が再始動。仮想通貨による資金調達モデルを導入へ」
次点「WCSプロデュースのオリジナルアニメ「ID-0」が放映」

× × × × × × × 

 どうもビジネス関連の話題が多い割には、旧来の中小規模コスプレイベントやコスプレSNSからは人が離れちゃったり苦戦してる暗い話になりがちなんですが。
 名古屋市のコスプレホストタウン宣言なんて一見すると明るい話かと思いきや、ブチ上げた筈の行政側のノープランっぷりが露呈してますからね。

 構造としては、コスプレというコンテンツが(やり方によっては、ですが)お金を生むビジネスになり得るという事が広く認識されてしまい、黒船的に外部の大手資本の参入やタレントとしての青田買いが起きている…
 その中にあって、旧来の仲間内・手作り的なコスプレイヤーの価値観やら、小規模コスプレイベントやらが隅に追いやられていく過程…と言えるのかもしれません。
 コスモード炎上の件だって、外側の価値観に沿って有名になるためのコスプレの仕方を考えたらメインの読者を怒らせてしまった訳ですから。

 毎年ながら座談会形式だとポロッと本音漏らしちゃう人が多いので、ランキングだけでなく座談会を読んでおくと何となーく事情通ぶれるかもしれないという(そうでもない)、ある種の風物詩だと思っていただければ。
 他の方々はイベンター視点やパフォーマー視点で語っておられるので、僕も参加しながら教えていただくものが多々あるんですけど。

[座談会記事中でカットされた自身の発言メモ]
・ 1位の「職業にするのは厳しい」発言の辺り、その前後で「コスプレを職業に!って言いながらいっつも着エロ化して結局脱いじゃうじゃないですか!◯◯◯◯◯◯◯さんとか…」と、過去にコスプレイヤーとして芸能界へ売り出されながらAVデビューしていった人の個人名をポロポロ出してしまったものの、当然カット。
・ で、コスプレイヤーを職業化しようとすると結局、脱ぐ側/脱がす側に分かれていくので、「◯◯◯さんは脱ぐ人。口◯◯◯さんは脱がす人」という個人的予想は、たぶん当たると思う。メーカー候補はMUTEKIで。
・ 5位のハロウィンイベントにおいては、「フジテレビは意図的に〝仮装〟ではなく〝コスプレ〟という言葉を使っていた。でも気をつけなくてはいけないのは、フジは一方的に持ち上げてブームを煽っておきながら、ある瞬間にアッサリ手を離すから。PRIDE(総合格闘技)だってそうだったでしょう?」とボヤキが入っていた。
・ 次点のSFアニメ「ID-0」の件、「コスプレイヤーのためのアニメとして企画した筈のID-0、コスプレ登録枚数いまだ0!」という煽りタイトルで提出したものの、やんわりとした表記に。今度ブログのネタにしよう。


 んでやっぱりコスプレがメディアに取り上げられるケースってのは増え続けていて、でもその多くは後編6ページ目で言ってるように「キャラに似てるとか造型が凄いとかじゃなくて、顔や体での評価になる」訳です。
 レイヤー側からしたら誰も知らないような
〝カリスマ〟〝プロコスプレイヤー〟が下着姿で虚言を垂れながらメディアを賑わせる姿って、喜ばしいとは思いません。だからあんまり明るい話題ではありません。
 それ自体はもう止めようがありません。かわいいコやえっちなコを優先して取り上げるメディア側の自由だってあります。それは仕方ないです。

 でも、こちらとしては、それだけじゃねぇぞってのは常に見せていきたいし、顔や体ではない価値観でコスプレを取り上げてくれるメディアを見つけて応援するべきだな、とは思います。
 「そもそも取り上げないでほしい」と言ってもムリなので、より誤解の少ない取り上げ方をしてもらう方向で。

 この座談会、PVが伸びないと次年度やれるかどうか分からないんで、読んでいただきたく候。


私信: 
友人知人各位。新年の恒例行事である「今年脱ぎそうなカリスマコスプレイヤーリスト」、次の集まりで作ります。
そして年末に答え合わせします。