73c89f86.jpg
 ページ開いた瞬間感じたのは、ぶっちゃけコスモード別冊というより「電撃レイヤーズっぽい?」という事でした。
 そう、2010年8月号を最後に不定期刊化…事実上の休刊をした、「電撃Layers」(メディアワークス)のイメージを思い浮かべてもらうと、分かりやすいかと。
 と、ちょいと意地悪な書き方で始める。


 今現在、コスプレ雑誌では唯一の定期刊行である、インフォレスト発行の隔月刊「COSMODE」(以下コスモード)の、増刊号として出版されました、「cosnap!」(以下コスナップ)を買って読んでみたのです。
 ほれ、コスモードって、その誌名の通り本格指向というか、衣装や写真に作品として完成度の高さを求めてるイメージが有ったと思うんですね。
 そこでよりコスナップは誌名の通り、友達とのスナップ写真や読者投稿写真で、ライトにポップに、「コスプレって楽しいんだぜ!」的な誌面づくりを意識してるのでしょうね。
 コスモードの妹分、という位置付けも納得です。

 ファッション雑誌に例えるなら、コスモードが「VOCE」なら、コスナップは「セブンティーン」かな。出版社が全然違うけど。
 奇抜なファッションとスナップ写真という意味では「KERA」なんじゃないか、って気もしますが。

 ちなみにコスモードは元は「COSMO」という誌名で2002年からインフォレストより発行されていたのが、翌年から「デラべっぴん」など男性向け書籍を多く扱う英知出版の発行となりまして、それが倒産した為に2007年夏から再びインフォレストに移っている。
 このインフォレストも英知出版から分離して立ち上げられた出版社で、有名な「小悪魔ageha」「I LOVE mama」も出してます。そういやagehaでも「私達は最近、オタの血が混ざっている!」という特集をやってましたっけ。…実は表紙のとっちさん、agehaとコスナップで同時にモデルしてらっしゃいます…(こちらの記事を参照)

 なので、小悪魔agehaもコスモードも、“盛る”をテーマとした造型雑誌(…。)として、同じ出版元になった事でむしろしっくりした気はするのですが。
(藤原美智子先生辺りが見たら絶句するんじゃないかな)

× × × × × 

◆ コスプレイヤー9842人の実態調査白書

 SNS・コスプレイヤーズアーカイブとの大型連動調査。総回答者数9842人。(私も答えました)
 こーゆーアンケート結果って、新聞記事と同じで公開された資料と捉えてますから。で、間に注釈も入れときます。

[回答者の年代]
 15歳以下 3%
 16~20歳 36%
 21~25歳 38%
 26~30歳 18%
 31~35歳 3%
 36歳以上 2%

回答者全体の56%が、21歳~30歳との事。

[コスプレ歴]
 ~1年 20%
 ~3年 34%
 ~5年 17%
 ~10年 19%
 ~15年 6%
 15年以上 2%
 コス未経験 2%

(注:回答者の過半数が3年以内、という結果にビックリ。SNSで採ったアンケだから勿論、それを積極的に使う若い層が多くなるだろうけど。記事によ ると3~4年前にレイヤー人口が一気に増えているらしく、それは初音ミク人気やニコ動のオープン時期と重なる。 あと、衣装の入手ルートに市販品やヤフオク購入が多くなって、“始める敷居が下がって、やめる敷居も下がった”という事なのか)
(個人的には1995年の晴海(客船ターミナルホールではなく、国際見本市会場ね)夏コミのC館で、コンバトラーVの着ぐるみがデビューでした。16年前…だけど間に5年くらいブランクあるのだよ)

[コスプレデビューした作品ランキング]
 1位 テニスの王子様
 2位 銀魂
 3位 REBORN!!
 4位 VOCALOID(亜種・派生含む)
 5位 ヘタリア(学ヘタ含む)
(1位~5位までで全体の34%)
 6位 BLEACH
 7位 D.Gray-man
 8位 涼宮ハルヒシリーズ
 9位 薄桜鬼
 10位 ガンダムSEED&SEED DESTINY
 11位 ネオロマンスシリーズ
 12位 ポップンミュージック
 13位 戦国BASARAシリーズ
 14位 FFシリーズ
 15位 NARUTO
 16位 黒執事
 17位 東方Project
 18位 マクロスF
 19位 テイルズシリーズ
 20位 鋼の錬金術師

「20代以上&コス歴5年以上の人には90年代作品が鉄板人気」だそう。ガンダムW・封神・幻水・最遊記などは20代後半以上のコスデビューきっかけになっている、との事。

(注:テニプリは連載期間の長さとアニメやミュージカルへの展開、そして自作の手軽さや公式衣装の市販もされた事、また大人数で集まりやすい事などから、1位は超納得)
(他にも上位に共通して言えるのは、一作品内のキャラ数が多い、という事。つまり一人じゃなくて、友達に引っ張り込まれてる?)
(蛇足ながら、昨年のコスプレ衣装販売ランキング(こちらの記事参照)と見比べてみると、かなり異なるランキングになっている事が分かる。キャラクターグッズとしての衣装販売=カワイイ制服が人気、コスプレイヤーへの人気=自作しやすい・キャラ多い、は違うものなのだな)

[コスプレ流行10年史]
0860fa17.jpg

 これは保存版資料だと思う!実際に購入して、年表をご確認あれ。
 「けいおん!」ブームで楽器屋がビビッたとか、「ラッキードッグ1」ブームで首都圏から白黒ボーダー生地が消えた、なんて小話も書いてある。
(注:cureの稼働はこの年表通り2001年だけど、運営がライブドアに譲渡されて今の体制になったのは2004年。つまりビジネスとしての価値が見出されたという事か)

[コスプレ友達とはどこで知り合う?]
 イベント会場 70%
 SNS 21%
 学校・職場・バイト先 6%
 その他 3%

(注:レイヤーなら友達がいる、って前提に立つな!)

[家族はコスプレのことどう思ってる?]
 一定の理解がある 37%
 協力的である 34%
 理解はないけどスルーしている 12%
 家族には秘密にしている 12%
 理解がなく反対されている 3%
 コスプレ未経験 2%


 その他、アンケート以外の記事も「コスプレで傷ついたことってありますか…?」とか、ページを埋めている声が生々しくて面白い…。
(友達が合わせ写真をUPしたけど、私の顔の部分はレタッチ(加工)してくれない、とか(笑))

 個人的に持ってる格言とマイルールは、「安全第一」「我が道を行け」ですね!

 興味ある人はぜひ買って読んでください。
 880円で、資料としても楽しめるでせう。



 さて、そこからコスプレ雑誌書籍の歴史を振り返ろうとしたら記事が長くなり過ぎたので、前後編に分けます。
 後編のコスプレ雑誌15年史はこちら

[ついでに読むと面白いかも]
・ コスモード38号・コスプレイヤーの恋愛事情
・ コスモード33号・コスプレイヤーの平均収入、他