駄チワワ:旅と怪獣舎

娯楽と文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

考察

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
冬コミ新刊「同人・コスプレ学級会 傾向と対策2018」近く通販するのでお待ちを…。

読むとだいたい分かるコスモードの栄光と挫折史

 という訳でめずらしく今、旬な話題を取り上げてしまいます。
 隔月刊のコスプレ雑誌「コスモード」を出版していたインフォレスト社が倒産し、発行継続が危ぶまれているという件です。
 と言ってもあんまり速報性は無いです。
 ニュースを整理して、読み込んだり噛み砕いたりするのが目的なので。
 以下、だいたい6000文字。


・ 大型倒産速報-帝国データバンク[TDB] 
・ 「小悪魔ageha」などを出版していたインフォレストが倒産、負債30億円 - GIGAZINE
・ コスプレ専門誌『COS MODE』(コスモード)廃刊か。出版社「インフォレスト」が事業停止-ラジ館プレス
・ 決断 -YOL.BLOG(フォトグラファーのYOLさんのブログ)

※ 衣装製作や生地販売を行っていたコスモード(有限会社ESic)とは同名ながら無関係。

[追記] 4/26ニコニコ超会議3内で、副編集長の山本麻子さんから、別の出版社から復刊に向けて動いている旨が告知されました。 
 
続きを読む

コスプレイヤーのタレント化・アイドル化はどうして上手く行かないかを考える

 さぁ、角の立つテーマを長々と書くよ!

 いつの間にか自分も保身に走っていたのではないかと思い、ともすれば角の立つテーマに触れてみようと思います。
 まず間違えないで頂きたい事。
 「コスプレイヤーで芸能活動を始めた人は全部失敗する」と言っているのではなく、「コスプレイヤーである事を売りにして芸能活動した人の多くが失敗してきたのは、何故か?」というテーマですので。
 失敗を考えるのは大切です。
 決してアイドルやタレント事情に関して詳しい訳じゃないですが、コスプレの文化史に関しちゃ興味持ってるので、このブログがあくまで個人的な視点である事を大前提に、書きます。
 コスプレイヤーを売りに歌手やモデル活動を始めたコが、いつの間にかAV出てたり水商売してたりするケースは、(本人が納得してるなら構いませんが)あんまりくり返すもんじゃないと思うので。
 「コスプレで芸能界を目指す!」って、今も昔もよく聞きますけど、それ極論すると、女優を目指してAVに出ちゃうみたいな話で、「そのルートでちゃんと成功したモデルケースって、どんだけあったの?」ってのは気になる所です。

 過去の失敗を省みないで同じような事をやっちゃうから、墓標ばかり増えていくんだよ!(1回目)


※ 「誰の事ですか?」を通り越して「私の事ですか?」と聞かれそうですが、個別の案件に関しては答えを差し控える。

× × × × × × × × 
続きを読む

東京ドームシティでのコスプレ画像をなぜかディズニーファン向けに拡散し続ける謎BOTの話

 事の発端は2012年8月末…。
 ツイッターに、東京ディズニーランドとディズニーシーの画像付きツイートを探し出してコピペツイートするというBOTが出現したのでありました。

ディズニーランド&シー画像bot  

 最初にこのBOTを作成した人間は、ごく簡単な、そして致命的なミスを犯してしまいました。
 BOTが反応する語句を、TDLと…【TDC】に設定してしまったのです。

※正しくは東京ディズニーシーは、Tokyo Disney Sea=【TDS】です。


続きを読む

TMAのプ○キュアAVがあざとすぎる!

 こ、これは…!

TMAプリ○ュアAV
凌辱ヒロイン プリティー戦士イエローオールスターズ -TMA

 歴代プリキュ○シリーズからイエローモチーフのキャラだけを使ってコスプレAVとはッ!
 あまりにも…あざといッ!
 あらゆる意味で!!
 あざとい…。
 キュアレモネードとパインは無視ってる辺りも…あざといッ…。

 あ、これはあくまで前回の記事に書いた杉田智和トークショウ「コスプレAVなんて着てるだけじゃねーか!TMAとか!」発言を受けてから調べたものなので、普段からTMA=トータルメディアエージェンシーはそんなにチェックしてたり詳しい訳ではありません。
 基本的に自分はデジタルアークと溜池ゴロー派ですから。


続きを読む

最後なので勇気を出して野田総理おつかれさまと言います

 ここ、特撮とコスプレとプロレスのブログなのですが、あえて書きます。
 皮肉ではなく、本気
 忘れちゃならないのは、最後の一人になっても自分の意見を言う勇気。丁寧な言葉、自分の言葉で。

 野田総理、よく戦ったと思います。
 敗北は必然と言えるけど、もうちょっと見るべき所は見てあげる人が居るべきだろうと思い、千葉4区在住の自分が発言してみようという趣旨です。
 これを書いて壊れる程度の人間関係なら、最初から無かったも同然だ!

× × × × × 
 
続きを読む

IMF&世界銀行総会でコスプレが“見立て”の日本文化として紹介

 台湾ミクパに9000人が集まったというニュースの翌週。
 例によって例の如く経産省のクールジャパン戦略の渦中。
 会場となった有楽町の東京国際フォーラムにはミクさんの等身大フィギュアが展示されてるそうですが。

 IMFとは、国際通貨基金の意味です。「イミフ」ではありませんし、新興のプロレス団体でもありません。「IMF世界へビー級選手権」なんて試合は行われていないのです。
 そのIMFの年次総会と同時開催なのが世界銀行総会だそうで、これは加盟188ヵ国の財務大臣や中央銀行総裁が集まるのですが、どちらも本来の開催国であったエジプトの政情不安により日本での開催と相成りました。
 もっと分かり易く言うと、これってグローバルな闇金関係者の皆さんの集会ですね(たぶん)。

・ 初音ミクさんじゃないですか! IMF・世界銀行年次総会の会場やサイトに登場 - ねとらぼ
 (ミクさんの展示に関して詳しい)

 会場にはここぞとばかり主催国の様々な科学技術や工業製品、また文化の産物が展示され、今回配布された資料の中に「コスプレ」の項目があったという事です。
 J-custニュースも等身大ミクフィギュア展示の件は記事になってましたが、内容が低レベルなのでリンクは貼らん。
 「漫然と眺めていてはダメなんだ!切り口はいくらでもある!」(週刊ファイト井上義啓編集長っぽく)

続きを読む

東京ゲームショウとコスプレのカンケイ史2~そしてコスイベ化

第一回から続き
 そんな訳で第二回は、不況下でのTGSの苦境や、コスプレイベント化に関して。

[TGSの開催規模の変動]

 それぞれ開催直前の報道資料を元にしているので実数とは若干ズレがあると思いますが、だいたいの数は把握できると思います。

2008年: 出展社数209/出展小間数1768/タイトル数879/入場者数19万人
2009年: 出展社数180/出展小間数1367/タイトル数758/入場者数18万人
2010年: 出展社数194/出展小間数1458/タイトル数712/入場者数20万人
2011年: 出展社数193/出展小間数1250/タイトル数715/入場者数22万人
2012年: 出展社数209/出展小間数1607/タイトル数1043

 2008→2009年にかけてリーマンショックで経済危機を迎え、2~3割減の規模に急降下した小間数は、なかなか回復せず。しかし入場者数は横ばいか微増。
 TGSの模索が始まります。
 2012年に急回復を見せますが、これは専門学校であったり、海外メーカーであったり、ケータイゲームやスマホアプリであったり、ソーシャルゲームであったり。単純な回復ではなく、旧来のTGSとは違う新興勢力の出展ですね。
 ホラ、かつての名作ゲームが移植されてアプリとして配信されたりしてるので、完全新作以外でもタイトル数が押し上げられてるんですのよ。

× × × × × × × 
続きを読む

KERA BOKU(ケラボク)が完全にコスプレ雑誌だった件

ケラBOKU2_1836433261_160
 KERAの増刊というか、妹分?弟分?みたいな不定期ファッション誌のVOL.2なんですけど。

 「BOKUもコスプレしてみたいッ!!」という特集ページがね、もうですね…。
 読者モデルにコスプレさせる企画なんですけど。あの…
 
続きを読む

復興支援コスプレ委員会(日本コスプレ委員会)が復興支援していない件:追記4

※追記1-後半部分、後援の観光庁長官とジャスビコ社の関係について、情報を追記しました。(3/8)
※追記2-前半部分、不審点の1に、預かった義援金の振込先について、情報を追記しました。(3/15)
※追記3-同じく義援金の二回目の振込先について、情報を追記しました。(5/21)
※追記4-その義援金として拠出される割合が、経費を差し引いた収入から、最低で5%程度だったという情報を追記しました。(6/24)

 マスコミに登場している“復興支援コスプレ委員”の皆さんは、決して委員会と一体の存在では無く、メディア向けアピールのための人員として、詳しい実態を知らずに善意を利用されているだけだと思います。
 そして彼女たちの善意が美しくとも、その向こう側で何が起こっているのかに、目を向けてください。


 2012/10/22、名誉棄損と誹謗中傷を理由に、ブログ運営部を経由して本記事への削除依頼を頂きました(依頼者は明かされません)。しかし公共性・公益性・事実性の観点から、法的な名誉棄損には当たらないと考えていますので、全文削除はしません。
 本記事の内容に事実と反する情報があれば、ご指摘いただければ該当部分への訂正や両論併記いたしますので。


 本稿は2012年2月初旬にmixi日記用に書きました。外部ブログに公開しようかどうか迷っているうちに例の台湾事変が起きて、延び延びになっておりましたが、「個人の手の届く範囲で調べた事・考えた事」という前提で、少しばかりの勇気を出して公開したいと思います。

 興行の世界においては「2月は鬼門」と言われ、集客に苦戦するそうです。
 気温の低さ、日照時間の短さ、テストや受験シーズンとも重なり、どうしても家にこもりがちになるからです。「笑点」「サザエさん」の視聴率も、毎年2月が最も高い=日曜の夕方にみんな家にいる、という事だそうです。
 さて、3月になるとその反動や春休みシーズンという事もあって、色んな興行・イベントの類が増えてくるのですが…?


■■■これまでの大まかな流れ■■■

2011年5月、新興のコスプレイベント団体・復興支援コスプレ委員会が発足する。
 ↓
「後援・観光庁」「20代女性によるコスプレを通じた社会貢献」などを文句に、プレスリリース(有料)を配信しまくる。
 ↓
このネタにマスコミが飛びつき、いくつかの新聞にも載り、美談として知名度を上げる。
 ↓
勢いに乗って新規の会場開拓や、異業種とのコラボなど、短期間に勢力を拡大させていく。
 ↓
(一方、集めた義援金に関するアナウンスがなかなか行われない、また復興支援の内容が具体的ではないなど、不審な点が指摘される)
 ↓
大阪梅田でレンタル撮影スタジオを経営する
(株)ドットクラウドワンと業務提携を発表。またプレスリリース配信。
 ↓
しかしこの(株)ドットクラウドワンと復興支援コスプレ委員会、プレスリリースに記載された代表者名も所在地も全く同じ。設立時期も10日しか違わない…?
 ↓
復興支援コスプレ委員会の実体って(株)ドットクラウドワン、つまり営利のイベント会社って事じゃ…?

× × × ×
 
続きを読む

タイバニは女性向け意識せず…サンライズのコンテンツ活用戦略セミナーレポ

CIMG3814
・ コンテンツ産業向け知的財産フォーラム~サンライズのコンテンツ活用戦略~ 
 3/1、中野ZEROのセミナー行ってきましたー。
 対象は「コンテンツ関連事業に従事する中小企業の方」なのですが、空席あれば個人でも参加できるとの事だったので、なかなか貴重な機会じゃないかと思って参加してしまいました。
 劇場を使ったセミナーだったので500席という大規模でしたが、半分位は埋まってたと思います。
 そんなわけで書き起こしてまとめるので、資料として読んで下さい。
 既に語られてる話も多いと思いますが、一通り残します。
 
× × × × × 
 
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ