駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

考察

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

最後なので勇気を出して野田総理おつかれさまと言います

 ここ、特撮とコスプレとプロレスのブログなのですが、あえて書きます。
 皮肉ではなく、本気
 忘れちゃならないのは、最後の一人になっても自分の意見を言う勇気。丁寧な言葉、自分の言葉で。

 野田総理、よく戦ったと思います。
 敗北は必然と言えるけど、もうちょっと見るべき所は見てあげる人が居るべきだろうと思い、千葉4区在住の自分が発言してみようという趣旨です。
 これを書いて壊れる程度の人間関係なら、最初から無かったも同然だ!

× × × × × 
 
続きを読む

IMF&世界銀行総会でコスプレが“見立て”の日本文化として紹介

 台湾ミクパに9000人が集まったというニュースの翌週。
 例によって例の如く経産省のクールジャパン戦略の渦中。
 会場となった有楽町の東京国際フォーラムにはミクさんの等身大フィギュアが展示されてるそうですが。

 IMFとは、国際通貨基金の意味です。「イミフ」ではありませんし、新興のプロレス団体でもありません。「IMF世界へビー級選手権」なんて試合は行われていないのです。
 そのIMFの年次総会と同時開催なのが世界銀行総会だそうで、これは加盟188ヵ国の財務大臣や中央銀行総裁が集まるのですが、どちらも本来の開催国であったエジプトの政情不安により日本での開催と相成りました。
 もっと分かり易く言うと、これってグローバルな闇金関係者の皆さんの集会ですね(たぶん)。

・ 初音ミクさんじゃないですか! IMF・世界銀行年次総会の会場やサイトに登場 - ねとらぼ
 (ミクさんの展示に関して詳しい)

 会場にはここぞとばかり主催国の様々な科学技術や工業製品、また文化の産物が展示され、今回配布された資料の中に「コスプレ」の項目があったという事です。
 J-custニュースも等身大ミクフィギュア展示の件は記事になってましたが、内容が低レベルなのでリンクは貼らん。
 「漫然と眺めていてはダメなんだ!切り口はいくらでもある!」(週刊ファイト井上義啓編集長っぽく)

続きを読む

東京ゲームショウとコスプレのカンケイ史2~そしてコスイベ化

第一回から続き
 そんな訳で第二回は、不況下でのTGSの苦境や、コスプレイベント化に関して。

[TGSの開催規模の変動]

 それぞれ開催直前の報道資料を元にしているので実数とは若干ズレがあると思いますが、だいたいの数は把握できると思います。

2008年: 出展社数209/出展小間数1768/タイトル数879/入場者数19万人
2009年: 出展社数180/出展小間数1367/タイトル数758/入場者数18万人
2010年: 出展社数194/出展小間数1458/タイトル数712/入場者数20万人
2011年: 出展社数193/出展小間数1250/タイトル数715/入場者数22万人
2012年: 出展社数209/出展小間数1607/タイトル数1043

 2008→2009年にかけてリーマンショックで経済危機を迎え、2~3割減の規模に急降下した小間数は、なかなか回復せず。しかし入場者数は横ばいか微増。
 TGSの模索が始まります。
 2012年に急回復を見せますが、これは専門学校であったり、海外メーカーであったり、ケータイゲームやスマホアプリであったり、ソーシャルゲームであったり。単純な回復ではなく、旧来のTGSとは違う新興勢力の出展ですね。
 ホラ、かつての名作ゲームが移植されてアプリとして配信されたりしてるので、完全新作以外でもタイトル数が押し上げられてるんですのよ。

× × × × × × × 
続きを読む

KERA BOKU(ケラボク)が完全にコスプレ雑誌だった件

ケラBOKU2_1836433261_160
 KERAの増刊というか、妹分?弟分?みたいな不定期ファッション誌のVOL.2なんですけど。

 「BOKUもコスプレしてみたいッ!!」という特集ページがね、もうですね…。
 読者モデルにコスプレさせる企画なんですけど。あの…
 
続きを読む

復興支援コスプレ委員会(日本コスプレ委員会)が復興支援していない件:追記4

※追記1-後半部分、後援の観光庁長官とジャスビコ社の関係について、情報を追記しました。(3/8)
※追記2-前半部分、不審点の1に、預かった義援金の振込先について、情報を追記しました。(3/15)
※追記3-同じく義援金の二回目の振込先について、情報を追記しました。(5/21)
※追記4-その義援金として拠出される割合が、経費を差し引いた収入から、最低で5%程度だったという情報を追記しました。(6/24)

 マスコミに登場している“復興支援コスプレ委員”の皆さんは、決して委員会と一体の存在では無く、メディア向けアピールのための人員として、詳しい実態を知らずに善意を利用されているだけだと思います。
 そして彼女たちの善意が美しくとも、その向こう側で何が起こっているのかに、目を向けてください。


 2012/10/22、名誉棄損と誹謗中傷を理由に、ブログ運営部を経由して本記事への削除依頼を頂きました(依頼者は明かされません)。しかし公共性・公益性・事実性の観点から、法的な名誉棄損には当たらないと考えていますので、全文削除はしません。
 本記事の内容に事実と反する情報があれば、ご指摘いただければ該当部分への訂正や両論併記いたしますので。


 本稿は2012年2月初旬にmixi日記用に書きました。外部ブログに公開しようかどうか迷っているうちに例の台湾事変が起きて、延び延びになっておりましたが、「個人の手の届く範囲で調べた事・考えた事」という前提で、少しばかりの勇気を出して公開したいと思います。

 興行の世界においては「2月は鬼門」と言われ、集客に苦戦するそうです。
 気温の低さ、日照時間の短さ、テストや受験シーズンとも重なり、どうしても家にこもりがちになるからです。「笑点」「サザエさん」の視聴率も、毎年2月が最も高い=日曜の夕方にみんな家にいる、という事だそうです。
 さて、3月になるとその反動や春休みシーズンという事もあって、色んな興行・イベントの類が増えてくるのですが…?


■■■これまでの大まかな流れ■■■

2011年5月、新興のコスプレイベント団体・復興支援コスプレ委員会が発足する。
 ↓
「後援・観光庁」「20代女性によるコスプレを通じた社会貢献」などを文句に、プレスリリース(有料)を配信しまくる。
 ↓
このネタにマスコミが飛びつき、いくつかの新聞にも載り、美談として知名度を上げる。
 ↓
勢いに乗って新規の会場開拓や、異業種とのコラボなど、短期間に勢力を拡大させていく。
 ↓
(一方、集めた義援金に関するアナウンスがなかなか行われない、また復興支援の内容が具体的ではないなど、不審な点が指摘される)
 ↓
大阪梅田でレンタル撮影スタジオを経営する
(株)ドットクラウドワンと業務提携を発表。またプレスリリース配信。
 ↓
しかしこの(株)ドットクラウドワンと復興支援コスプレ委員会、プレスリリースに記載された代表者名も所在地も全く同じ。設立時期も10日しか違わない…?
 ↓
復興支援コスプレ委員会の実体って(株)ドットクラウドワン、つまり営利のイベント会社って事じゃ…?

× × × ×
 
続きを読む

タイバニは女性向け意識せず…サンライズのコンテンツ活用戦略セミナーレポ

CIMG3814
・ コンテンツ産業向け知的財産フォーラム~サンライズのコンテンツ活用戦略~ 
 3/1、中野ZEROのセミナー行ってきましたー。
 対象は「コンテンツ関連事業に従事する中小企業の方」なのですが、空席あれば個人でも参加できるとの事だったので、なかなか貴重な機会じゃないかと思って参加してしまいました。
 劇場を使ったセミナーだったので500席という大規模でしたが、半分位は埋まってたと思います。
 そんなわけで書き起こしてまとめるので、資料として読んで下さい。
 既に語られてる話も多いと思いますが、一通り残します。
 
× × × × × 
 
続きを読む

コスプレサミット日本予選で2大コスプレSNS全面開戦か

 夏の世界コスプレサミット2012へ向け、情報が出て参りました!
 まず3つ!

1.ついに特撮作品でのエントリーが解禁に!
2.日本代表選考会が、決勝前日ではなく、余裕を持った日程で予選大会を開催。
3.cureとアーカイブ、2大コスプレSNSが禁断の交流か?


・ 世界コスプレサミット2012 プレサイト » 日本代表選考会詳細 (コスサミ公式)
・ Cure開発日記 : 世界コスプレサミット2012日本代表選考会 開催決定! (Cure公式)
・ コスプレイヤーズアーカイブ --サイトからのお知らせ-- (アーカイブ公式)

[大阪予選]
日本橋ストリートフェスタ & COSPLAYERS ARCHIVE & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会 大阪予選

3月20日(火・祝)
第8回日本橋ストリートフェスタ2012
(日本橋・でんでんタウン)

[東京予選]
Cure & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会 東京予選

5月6日(日)
COSSAN
(晴海客船ターミナル)


[名古屋決戦]
コミックライブ & Cure & COSPLAYERS ARCHIVE & COSMODE Presents
世界コスプレサミット2012 日本代表選考会名古屋最終決戦

6月10日(日)
コミックライブin名古屋 6月スペシャル2012
(ポートメッセなごや〔3号館使用予定〕)

[チャンピオンシップ]
8月4日(土)

[大須コスプレパレード]
8月5日(日)

 東京予選で3組、大阪予選で2組、WEB予選で1組、計6組が名古屋決戦へとコマを進め、そこで日本代表1組が決まる流れらしいです。
 8月は、決勝とパレードの日程が土日で逆になりました。これなら、日曜にパレードが終わって夕方5時位ですから、遠征組がその日の内に東京へ戻れます。
 そして、東京予選はCure、大阪予選はコスプレイヤーズアーカイブ、名古屋決戦ではその両SNSがイベントにコラボするのです…。

 こ、これは…?

 すなわち、国内の2大コスプレSNSの、威信を賭けた代理戦争という事ですよね…?
 両派のレイヤー同士、血で血を洗う抗争劇が幕を開けるわけです!
 もはや、Cure対アーカイブ全面対抗戦への発展は避けられそうにありませんね…!
 行き着く先は、5対5勝ち抜き戦か?あるいは電流爆破マッチか?

※ 書いてる人は極端なプロレスファンですので、読む側でアレしておく様に。

× × × × × 

続きを読む

資料: 91年,コミケ幕張メッセ追放事件

 これも、データハウスより発売中の書籍「コミケの教科書」寄稿用に書かせて頂いた資料部分なのですが、宣伝かねて公開しちゃいます。冬コミシーズンですしねっ。


・ コミケ81拡大準備集会レポ-今日の言わせれ
 このサイトで拡大準備集会での質疑が細かくレポートされているのですが、「和解をテーマに次のコミケSPを幕張で開催するのはどうか?」という質問に対して、市川代表が「借りられるとは思うが、条例が変わってないので開催は難しい。あと向こうからの謝罪は欲しい」と答えるくだりがあるのですが…。

 この「幕張メッセ」「千葉県の条例」という言葉にどんな歴史的な意味があるのかも、若い世代はもう、知らない人が多いと思います。
 世代の移りはもちろん当然ですし仕方ないのですが、これを風化させてはいけないと思うので、えっちな漫画を描いてる人・えっちなROMを出してる人、またそれらに興味ある人達には、カタイ話ですが読んで頂きたいと思います。
 ちょっと参加歴の長い世代には、殆ど既知の話ばかりだと思いますが。

 この事件を書いておかないと、毎回50万人を動員するコミケだって、過去に猥褻図画問題で一度は潰れかけている、だから「表現の自由」を謳いつつも、法に触れる可能性の高いものには規制をかけざる得なくなった…という事が伝わらないと思ったので。
(準備会だってイジワルで販売停止を課しているのではなく、そうしないと“場”が維持できなくなるという話です)

 前にも言いましたが、本来は被害者の存在しない性表現への規制なんて、ナンセンスですし。
 無駄に規制のハードルを上げる必要なんか無いのです。
 しかし、今あるハードルは超えなくてはならないし、ハードルが作られた経緯も知っておいた方が良いと思う訳でして。

 もし同人界隈で、ワイセツ図画問題の事を誰かに教えたいという人は、とりあえずこの記事の内容を「資料として」教えてあげれば良いと思います。

※ 2013年12月、猥褻基準の件とコミケSPの件を最後に追記しました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
続きを読む

コスプレSNS戦国史! ~コスコレを読み解く,1

 漫然と眺めていてはダメだ!切り口はいくらでも有る!(週刊ファイトの井上義啓初代編集長の口癖)

 ニコファーレは、ニコニコ動画の世界進出への発信基地…でありながらイベント会場としては稼働率が非常に低く、ドワンゴ経営上の障害だったハズ。その起爆剤となり得る有力コンテンツとして、コスプレが浮上したのか…?
 面白いのは、レイヤー層が(出演者近辺以外では)割と無反応である事。
 これに反応しているのは主にニコ動ユーザー。レイヤーからは関心の低いイベントが、外の世界に対してはアピール力を持っている?
 「コスプレイヤーの祭典」「次世代型コスプレイベント」って謳い文句はおかしいでしょう。
 あくまで「cureの祭典」であって。一般入場だと更衣室すら無い。出演者もcureからお声がかかった人達であって、公募は全くされていない。
 よく考えたら、特定作品名を挙げたコスプレのショーを、有料イベントとして集客する事自体、非常に危うい橋を渡ってやしないかね…?

・ 12/4 コスコレ! ニコニコ動画 TOKYO NICONICO COSPLLECTION in ニコファーレ (別窓で公式サイト開きます)


 以下、公表・公開されている情報を元に書きます。知っていても公表されていない事は書きません。
 趣旨としては「いま何が起こっているか」「何がどうやってこういう形になったのか」を、ある程度の文責を示した形で、一つの資料として書き残しておきたいと思うものであります。
 正直、書くべきかどうか迷う部分も若干有ったのですが、また、イベントの趣旨やムーブメントに対しての危惧は書きますが、なるべく個人攻撃にはならない様に心がけます。
 もし事実と違っている部分があれば、ご指摘ください。

× × ×

[参考記事]
・ コミケの中の「コスプレ」小史.コミケとコスプレの分化編 (別窓)

 以前書いた様に、昔はコスプレイヤーにとっての先導的立場にあったのは、コミケでした。
 コミケ以外には大きなコスプレイベントが無かったので、皆が「コミケでコスプレする」事に憧れや意義を感じ、そのルール変更や注意喚起のアナウンスを注視していた訳です。コミケでの基準が、コスプレイヤーの共通ルールの様に認識されて行きました。

 しかし時代は移り、コミケは飽和状態へ。他にも大型のコスプレイベントが沢山立ち上がった事で、コミケへの特別な感情が次第に薄まっていきます。
 2000年代以降、コスプレイヤーへの先導的立場(?)となったのが、コスプレSNSの存在…。
 本稿ではまず、ここに至るまでのコスプレSNSの大まかな流れから振り返ります。

 ニコファーレのCureコスプレコレクションを前に、そもそもcureとか、コスプレSNSって何なのでしょう?

× × ×
 
続きを読む

pixivブログの栄光と挫折史

pixivブログ終了


「livedoor Blog」をASP提供 ブログ事業強化、第1弾は「pixivブログ」 - ITmedia ニュース 2009年04月20日
「pixivブログ」スタート イラストが映える独自テンプレ、ブログパーツも公開 - ITmedia ニュース 2009年04月23日

 来年2月での消滅がアナウンスされたpixivブログは、しかしスタート時には鳴り物入りだったのですよ。
 pixivのIDで手軽に開設でき、ライブドアブログをベースにした高機能。またイラストが映える様にシンプルな装飾の独自テンプレート…。
 それは、“黒船”FC2ブログ“スイーツ(笑)”アメブロにシュアを抜かれたライブドアブログの、裾野を拡大するための手段であった事でしょう。

あなたのブログ記事がlivedoorニュースに ブロガー募集中 - ITmedia ニュース 2009年03月30日

 この時期、ライブドアは「ブログ事業強化」を謳い、同じ様なライブドアブログを母体としたサービスが幾つか立ち上がったのでした。

Wazap!ゲーマーズブログ(2011/8/31で終了済)
DLsite blog 
cureブログ 
(ただしコスプレSNSのcureは、それ自体がライブドアによる一コンテンツである)

 話をpixivブログに戻すと、いつまで経っても当初発表されていたpixivとの連携は始まらない。
 ブログパーツでpixivランキングや自分の投稿イラストをランダム表示させる機能は有るものの、それはpixivブログに限らず、ソースをコピーすれば他でも出来てしまう。 
 手軽に始められる以外、特筆すべき利点はあまり無かったのでありまして。
 その絶対的なユーザー層の薄さは、閲覧数ランキングに、同じ記事がいつまでも残っている(入れ替わらない)事が証明しておりました。

NHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアが経営統合へ 「世界で役立つサービスづくりを」 - ITmedia ニュース 2011年11月07日
ライブドア経営統合について大切なお知らせ - Blogger Alliance お知らせブログ

「pixivブログ」がサービス終了 - ITmedia ニュース 2011年11月10日
[pixiv] お知らせ - pixivブログ提供終了のお知らせ

 さて、ライブドアはNHNjapanに買収・統合され、来年以降はあくまでサービスを提供するブランド名として残る事になりました。
 このニュースの直後、ライブドアブログはサービス継続を明言
 そりゃそうでしょう。シュアをアメブロやFC2に抜かれているとはいえ、まだまだ相当数のユーザーを抱えているコンテンツなのですから。
(ユー ザー数は公式発表されていないが、投稿数ではアメブロが抜きん出ている。これはアメブロが他愛無い個人の日記が多く、ライブドアやFC2ブログには情報系の投稿が多い、という差もある。この数年でブログの使い方は、情報発信の場からコミュニケーションツールへと変化したのだ)

 しかし、ライブドアブログが継続を明言した直後、それを母体としていたpixivブログは来年2月末でのサービス終了を告知。上記のニュースと直接の関係は明言されておりませんが、タイミング的にはピッタリ過ぎですね。
 かくてpixivブログは、2009年4月のスタートから2年半、来年の消滅の瞬間まで含めても3年に満たない短命コンテンツとなってしまいました。
 まぁ、告知から消滅まで1カ月しかなかったワザップブログよりかは誠意があるのかな…。
 そして終了がアナウンスした直後から、pixivブログのTOPページ新着は「引っ越します」「移転しました」などのタイトルが目立っております。

 移転先で多かったのはやはりライブドアブログ。
 なぜならシステムを共有しているライブドアブログへの以降時のみ、テキストだけでなく画像もそのまま移行できるからです。
 当然ながらpixivブログユーザーは殆どがイラスト描きであるから、その画像を別ブログへアップロードし直すのは大変な手間なのです。

 なお他のライブドア系ブログはというと、ワザップブログは7月に終了宣言、8月にアッサリ終了。
 DLsiteブログ(DLsiteの付加サービス的位置付けであり、ダウンロード販売開始などの告知用として利用されている)とcureブログはまだ残っております。
 cureブログを案ずる声も有るのだけど、元々cureには日記機能が付いてるのだから、今イチ使い分けの出来ないものであった。
 そもそもcureはライブドアが提供してるサービスなので、心配しなきゃいけないのはcure本体の方では…。

ここ1年で日本のネット業界がどう変わったのか、「ブログ・メディア・動画界勢力図詳細」を見てみた - GIGAZINE 2009年10月30日

 ありゃ。いつの間にかpixivからライブドアの話になっていた。
 かつての時代の寵児も、今は昔…。
 「風説の流布」って、そんなに大罪ですか?ねぇ。

× × × × ×

 あ、そんなわけでブログ移転しましたー。
 だって、ただ単に「移転します」とだけアナウンスするのって、恥ずかしかったんだもの!
 なんか虚勢張りたかったんですもの!

 そういえば元々ブログを始めたきっかけが、mixi日記で書いた文章の外部公開用、としての意味でした。
 基本的にはmixi日記でも公開したもので、しかし下ネタや個人情報に関する話はmixiでしか書いてませんが。

 ただpixivブログだからこそブログを始めるきっかけとなったのは事実なので、そこは勿論、感謝しております。
 pixivブログよ、ありがとう。そして、さようなら。

× × × × ×
 
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ