駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

プロレス

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

全日本プロレス6.12後楽園大会.観戦記

 全日本プロレスがピンチなんだよ!
 そんなわけで6/12は、としまえんのコスイベも行きたかったけど後楽園ホールへと舵を切りました。
(プロレスの話題に関しては、普段はmixi日記だけでやっていますが、
メモリアル大会や、何かしらの節目となるもの、資料性の高いものに関しては、こっちの外部ブログにも載せる方針です

3ba4c6fd.jpg

 社長は交代しちゃうわ、ポスターに載ってる選手が出てないわ、 パンフにも「これは5月24日に出来上がりました。現状と異なる部分が多々ある事をお詫びします」的な補遺の紙が入ってて、まぁ、異常な事態です。
 そういや全日のHPが落ちるのって、馬場さん急逝、鶴田急逝、三沢離脱、武藤移籍に次いで、9年ぶりな気がします。

 その事故(事件という表現はまだ避けます)。ヘイトが試合後に脳卒中で緊急手術をした事、TARUが事前に控え室での喧嘩で殴っていた事、その場に居合わせたKONOMAZADAも含めて5人が欠場している事。この事件そのものに関しては、ヘイトが自分の口で何かを語ってくれるまで、コメントは差し控えます。

 ただ…客席の盛り上がりは、いつも以上だったと思う。
 心配された客入りも、当日券が延びたのか6割程度、いつぞやのチャンカー連戦の平日夜よりかは埋まっていたと思う。

× × × × ×

続きを読む

ブシロードレスリング観戦記(後)~ミルキィホームズと自演乙,編

(写真過多、PC閲覧推奨)
 だから俺はアニオタじゃないしミルキィホームズも11話分しか見てないけどプロレスファンとして事実を伝えたいだけなんだよ!

 …
そんなわけで、プロレスファンミルキィホームズ好き現役コスプレイヤーという珍しい人種の視点で語る、5.5ブシロードレスリングのレポ。
 前編からつづいてます



<解説:プロレスリング・ゼロワン>
 故 橋本真也が01年に新日本プロレスから独立して興した団体。
 
その後の騒動の末、04年に橋本と他の選手とで分裂し
、何度か体制が代わっているが、基本的にはプロレス団体としてのゼロワン(選手を育成する組織)と、興行会社としての(株)ファースト・オン・ステージ(会場を手配し、宣伝し、チケットを売る組織)の2社から構成されている。
 (株)ファースト・オン・ステージは、他のインディー団体や個人イベントの興行にも関わっており、この大会も実質的な運営はFOSである。(問い合わせ先になってる)

__________


続きを読む

ブシロードレスリング観戦記(前)~男色とゴリラとB★RS編

(写真多いのでPC推奨)
 ち、違うよ!俺はプロレスファンだから見届けてレポしたいだけだよ!
 ブラック★ロックシューターとかミルキィホームズとか雨上がりのミライとか、全ッ然分からないもの!
 
 …まぁ、そんなわけで、プロレスファンミルキィホームズ好き現役コスプレイヤーという、珍しい人種の視点で語る、5.5ブシロードレスリング
の前編です。あまりに長いので前後編に分けました。
 あとプロレスファンとアニオタのどっちが読んでも分かる様に、各所で簡単に解説を入れています。

__________

 まず後楽園ビルに入る所から、客が1列になってとっても整然と並んでいた。
 プロレス興行なら3つのエレベーター前に人が雑然と溜まって、テキトーに乗っていく事が多いから、ここでいつもの客層と違うのが何となく感じられてしまった。
 オタクは並ぶのが得意なんだよ!
 
e0ea676b.jpg

 会場全景の写真。南の最後列だけど真ん中で観戦出来たおかげで、会場全体の空気が非常によく分かったのでGOOD! 北側席はスクリーンと入場ゲートで潰されてて、他の席にも何となーく、傾向が見えたのであった。

◇ 西:ミルキィホームズシート(青いシャツ多し)
 長島も好きだけど、アニメのが好き。サイリウム片手に踊ったりとひたすらノリが良く、技が炸裂したり尻が出たりすると歓声を上げて、前に乗り出す人が多い。
◇ 東:長島☆自演乙シート(赤いシャツ多し)
 純粋な長島ファン。プロレスを知らない層なので、技が炸裂したり尻が出たりすると驚いて、後ろにのけぞる人が多い。
◇ 南:普通の指定席。
 プロレスファン。選手の名前をコールして、積極的に盛り上げる層。後ろの席に行く程、純粋なプロレスファンなので、声優やアイドルには反応薄い。
(↑ あくまで傾向ですので…)

 客席に色んなコスプレした人達が居て、開始前の時間にカメコ相手にポーズ撮ってたりして、いつもの後楽園ホールじゃないぞ…。
 オタクの世界では(良くも悪くも)有名な人も居たりして、ふと後ろ見たら“船橋のシャア”ウェルダン穂積氏が立ってた。立ち見席に。
 あと、バズーカ砲みたいなカメラ持って歩いてる人を、てっきり取材陣かと思ってたら、フツーに客席に座ったりして、「お前フツーの客だったのかよ!」みたいな。

__________

 開始時に(株)ブシロード木谷高明社長から挨拶。
「僕は子供の頃からプロレスが大好きでした。しかしプロレスラーになろうと思った事は一回も無く、プロレスの興行をやりたいとも思った事はありませんでした。それが今回やらせていただく事になりました。どうか皆さん、本日は楽しんでいってください」(要約)

11360b6e.jpg

 全選手入場セレモニー。照明が赤と青に点滅。(チェレンコフ放射光ではない)
 この入場コールはナント、PRIDEでおなじみのレニー・ハート…!

<解説:ブシロードと木谷高明社長>
 山一証券の社員だった木谷氏が、94年に脱サラして立ち上げたのが(株)ブロッコリー
 これは同人誌即売会「コミックキャッスル」を運営していたが、後にキャクターグッズ専門店「ゲーマーズ」を立ち上げた事により、「版権元との関係が多くなってきた」事を理由にコミックキャッスルは終了。
(この会場日程を引き継いだのが、当時不振を極めていた「コミック・クリエイション」で、現在の「サンシャイン・クリエイション」の発端となる)
 しかし03年、ゲーマーズも拡大路線の不振で業績は悪化。木谷社長→会長は07年に(株)ブロッコリーの経営から手を引く。
 同時期、新たに立ち上げた(株)ブシロードは、カードゲーム企画製造に特化したメーカー。

_____

続きを読む

ブラック★ロックシューターと長島☆自演乙のプロレスデビューをどう見るか

a5a43295.jpg

・5.5後楽園   ブシロードレスリング   公式サイト
http://bushiroad.com/sp/bw/

決定対戦カード
   長島☆自演乙☆雄一郎   vs.   佐藤耕平
   田中将斗&柿沼謙太vs.   中西学&キング・ファレ
   ヴァイス&“帝王”シュヴァルツvs.大谷晋二郎&崔領二
   ブラック★ロックシューター(浦えりか)vs.デッドマスター
   <ミルキィホームズ   スペシャルライブ>

出場予定選手
   田中将斗、佐藤耕平、柿沼謙太、大谷晋二郎、崔領二(プロレスリングZERO1)
   飯伏幸太、男色ディーノ、中沢マイケル(DDTプロレスリング)
   中西学、キング・ファレ(新日本プロレス)
   ブラック★ロックシューター(浦えりか)
   ヴァイス、“帝王”シュヴァルツ   ほか

_____
 
続きを読む

プロレス×メイド×コスプレ=募金活動

   タイトルはウォーズマン式計算術。

   4/3、プロレスリングZERO-ONEの選手とコスプレイヤーメイドさん達が秋葉原UDX前で募金活動を行うという、何ともカオスな試みを知り、行って参りました。

   ホラ、アキバ系水道橋系って二駅の距離だけど、文化的には割と隔絶されてるでしょ?
   こりゃープロレスファンでコスプレイヤーという自分も見届けなくては、と勝手に思いまして。
   なるべく、どちらの趣味の人にも分かる様に簡易レポします。
(例えば上の文章の中でも、秋葉原の電気街がオタクの聖地というのは広く知られてるけど、水道橋の後楽園ホールは格闘技の聖地、というのは説明入れないとアキバ系からは分からないだろうし)
(でも後楽園ホール隣の東京ドームシティではコスプレイベントを年数回やってましたが

   なお何人もの箱にお金を入れるため、私は事前にちゃんとお札を崩して小銭を沢山用意しておいたのである。


5032be9d.jpg

   首都圏在住のオタクの皆さんには何となく場所分かるよね?
   秋葉原UDXの駅側の歩道。

8e82bfd8.jpg

   上半身裸のニック・プリモさん。この撮影時だけでなく、ずっと脱いでました。すぐ後ろには派出所があるんですが…。
   隣の覆面レスラーは めんたい☆キッド(NPO法人九州プロレス所属)。

2ec0fc3a.jpg

   コスプレイヤーに挟まれた…というか未知の世界に迷い込んだ“破壊王子”橋本大地そういえばデビュー戦からまだ一ヵ月経ってないんだよなぁ…。   この一月で、内外のあまりにも色んな事が激変してしまってるけど。
   後ろで旗を持ってるのはリングアナウンサーのオッキー沖田。肉声で盛んに呼び込み、選手達にも「笑って!」「握手~」と声をかけたりして、空気を盛り上げていた。

   なお奥の赤いシェリル・ノーム衣装のレイヤーさん(と次の写真に居る初音ミク)は事前にcureやレイヤーズアーカイブでもこの活動を告知していた。
   一番左側のレイヤーさんは自作の写真集CD-ROMでちょっと有名な方ですね。
   コスプレイヤーはプロのモデルではないのでここではそれぞれの個人名は書きませんが、cureでそれっぽい言葉で検索すると分かります。

続きを読む

3.21全日本プロレス両国大会観戦記

   何という大変な時期に当たってしまったのかという大会でしたが、ここで行かなきゃ!とゆー謎の意識に駆られて見てきました。
(そういやmixi日記ではよく書いてるけど、こっちの外部ブログでちゃんとした全日本プロレスの大会を書くのって初めてだ。基本、四天王時代からの意固地な全日ファンですので)

   大型ビジョン無し、入場ゲート無し、暖房も無し、照明は通常の館内照明を点けっ放しに小型スポットライトとまぁ、普段なら有り得ないレベルの超省電力モードでございます。
   ほれ、両国国技館って、天井から大型ライトがぶら下がってるじゃないですか。アレを使わず、通常の館内照明とスポットサイトだけなんですよ。だから光量が足りなくて写真が上手く映らないのはカンベンして下さい。
   ちなみに客席の隙間が多くて寒いので、途中、感想が短い部分は意識が薄らいでいた所だと思います。

×   ×   ×   ×
続きを読む

プロレスリングゼロワン“破壊王子”デビュー戦

6238451b.jpg

   ほぼ満員に膨れ上がった両国国技館、3.6プロレスリング・ゼロワンの10周年記念大会を観戦して参りました。
   当然ながら目当てはまず、“破壊王子”橋本大地デビュー戦。
   そこに絞って、以下、観戦記。

続きを読む

プロレスリングゼロワンが破壊王子をデビューさせるにあたって

   この記事は、今年始まってすぐの辺りにmixi日記に書いていた分をいくつか繋いだものです。(筆者は基本的には全日本プロレスのファン)
   読みにくいとは思いますが、一つの記録や資料として残してみようと思ったので、まとめて公開したいと思います。

×  ×  ×
続きを読む

今こそNOSAWA論外を語る!

私はNOSAWA論外というプロレスラーが大好きですよ!?
   SPWF時代に起こしたデキ婚騒動はさておき。

   ネット世論なんて知るか!
   俺は全日本プロレスファンの視点から、NOSAWA論外の功績を語りたいんだよ!!

×   ×   ×   ×   ×

   NOSAWAの
全日本プロレス初登場は03年末、最強タッグリーグに出場した、ラ・パルカ・オリジナルパルカ・ゲレーラ組の、ゲレーラの方を演じていた筈です。メキシコマットでの生活が長かったからか、何故か外人扱いだったんですね。パルカオリジナルの方は本物のメキシカンだけど。
   この時、最強タッグリーグでありながらコミカルな試合をするチームだったんですけど、周りが大物あるいは大型選手(今は亡きジャマールとかギガンテスとか…)ばかりだからか、リング上で緊張してる風なのが何となく伝わってきてました。

×   ×   ×   ×   ×
続きを読む

ウルトラの国vs新日本プロレス、全面開戦か!?

お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!6
2011年元旦、東京ドームシティプリズムホール
お正月だよ!ウルトラマン全員集合!!内の新日本プロレス特設ブース。

   こ、これは…新日プロウルトラの国との、団体対抗戦の火ぶたが切って落とされるという事でしょうかッ!?
   皆さんよくご存知の通り、かつてWARUWFインターの様に、業績悪化から新日プロとの対抗戦に踏み切って、一時的に業績を回復したものの結果として新日プロに骨までしゃぶられ、崩壊させられた団体も多いのです。
(詳しくは昨年記事「90年代インディープロレスの系譜4:UWF編」参照)
   現在の身売りや訴訟で弱体化した円谷プロの姿は、まさにかつてのWARやUインターと被りますからね…! 

   「ウルトラの国VS新日本プロレス 5対5シングルマッチ」とか、IWGPのシングル・タッグ王座を賭けた対抗戦に発展するかもしれませんね…!
   ウルトラマンコスモスVS永田さんの白目ブルータイツ対決とか、邪道・外道コンビVSレオ・アストラ兄弟とのジュニアヘビー級タッグ戦とか、これは見たいですね…!
   もしアボラスバニラを含めたバトルロイヤルになったら、国立競技場クラスのビッグマッチです!
   でも大阪大会にゴモラが出場になったら、大阪府民は避難しないといけないかもしれませんね…!
   その内、エレキングがテレ朝アナウンサーを捕まえて、「オマエは改造エレキングを見たいかァー!!」とか怒鳴りつけたりとか…

   しかし!
   新日プロとの対抗戦に踏み切った団体で、生き延びる事が出来たのは全日本プロレスだけ(新日から社員と看板選手を引き抜いた)という事は皆さんもよくご存知の通りですが、ひょっとしたら同じ様に新日プロから円谷プロへ、経営陣が電撃移籍…という事も考えられなくは…

   …あ、違うんですか?
   へぇー。コラボ…ねぇ。

×   ×   ×   ×
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ