駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

うしじまいい肉

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。

学べる?ニュース解説・うしじまいい肉さん台湾エロコス事件

正式タイトル「そうだったのか!チワ上彰の学べぬニュース解説・うしじまいい肉さん台湾エロコス事件」

 さて、今回の事件に関して様々な情報(デマ含む)が飛び交う中、ちょっと誰かが流れをまとめて、分かり易く資料として残しておいた方が良いかな?という事で出ばって参りました。一応は十数年続けてコスプレの世界を見てる者ですので、ま、そういった視点だから語れる事も、いっぱいあると思いますので。
 10000文字くらいの長いお話なんですけど、これは聞いて頂きたいな、と。
(一部で池上彰先生っぽい語調を心がけるのは、そうでもしないと頭痛がするレベルなので)

 僕自身、「ファン活動としてのコスプレと、裸を飾るためのコスプレは趣旨が異なる。同一線上に置かないでほしい」という考え方ですし、経緯の上からも、必ずしもフラットな視点では書けない事を、最初に断っておかなくてはなりません。信者/アンチの二元論は嫌なんですけど。その辺は差し引いて読んで下さい。
 決して国際政治学者でもなく、評論家でもありません。リンク先の情報などから確度の高いものを総合して、データに基づいて推測を加えるだけの解説者です。
 なお「事件」と表現しましたが誰かしらが立件された訳では無いです。(文末に警察の動きを追記)
 ありがちな誤解ですが、うしじまさんは乳首や性器の露出はしていません。コミケ準備会にサークル参加を拒否されている理由はそれとは別です。
(コミケでは企業ブースでROMを委託販売していた事が知れて、それでも準備会からの再三の警告を無視して販売を続けた為に、以後コミケへのサークル参加を断られている状態…にも関わらず、他サークルへの委託の形で敢行しようとした事もあります。C81カタログ420pのモロー漫画で、イワエモンのセリフ内に暗に出てきた事例)

[追記] うしじまさんは自分の名前でエゴサーチ→批判者を発見→悪態ついて晒しRT&ブロック→自分のシンパを批判者に向け突撃させる、っていうパターンを本当に繰り返しているので、特にツイッター上で批判すると、変な言動の人が突撃してくる事があります。
 それを避けたい人は、批判ツイートする際には彼女の名前の部分を消したり伏せ字にしていただくのがよろしいかと。この記事のタイトルも彼女の名前を消してからツイートしていただけば、エゴサーチには引っかからないと思います。

 


続きを読む

コミケにおける18禁コスプレROMに関する,ざっくりとした小史[第三回/わいせつ図画問題編]

90年代前半。コミケの歴史上、最大の危機となった猥褻図画問題。
十数年の間に風化したかに見えたそれは、一部のROMサークルの暴走によって、いま再び現実の脅威へと浮上しました。

・ コミケにおける18禁コスプレROMに関する,ざっくりとした小史[第一回] 
・ コミケにおける18禁コスプレROMに関する,ざっくりとした小史[第二回/データ編] から続いてます。

 長かったこの話も、これで最終回です。
 この猥褻図画の問題は、他でもっとちゃんとした研究や議論が沢山あります。
 それはややこしくなるので、これもあくまで、概論で語ります。
 コスプレだから、ROMだから、18禁だから悪いのではありません。
 何が問題なのか。コミケという場を維持しつつ、より多くの表現を残すためには。
 どうか多くの皆さんの、知る・考える、きっかけになれればと思います。
 
× × ×
続きを読む

コミケにおける18禁コスプレROMに関する,ざっくりとした小史[第一回]

「なんでコミケで見るコスプレイヤーって、露出狂で迷惑なヤツらばっかなん?」
「違うよ!18禁とそれ以外で、分割配置されているんだよ。18禁だって節度守ってる人もいるし。他のパロディ漫画ジャンルだってそうじゃん。」


・日刊サイゾーの、エロコスROMに関する記事
> 「コミケ発禁即売会」を掲げたイベントの実態は自主制作エロ画像販売会だった!!
> 「うしじまいい肉は氷山の一角!?」破廉恥すぎるエロコスプレーヤーたちの実情

コミックマーケット80アフターレポート(準備会公式サイト)

[上記に対する主な反応の、あくまで傾向]
 コスプレイヤー:「あんなAVまがいのと一緒にするな!」
 同人作家:「あんなルール無視連中はコミケから追い出せ!」
 カメラマン:「あの記事は偏ってる!彼女達は悪くない」

 × × ×

 …上記の日刊サイゾーの記事は、(自分も読んだ瞬間は怒ってましたが)非常に扇情的でスキャンダラスな表現を用いている事は、まず言っておかなくては。
 あくまで、限られた人達が、限られた範囲でやってるだけのイベントだと思います。
 彼女達にしてみたら、身から出た錆とはいえ、つくった表現物を頒布する機会を失っていた訳ですから、その心境は理解できなくはないです。
(主催側の某人は後に「取材するなら言ってくれよ」的なツイートをしてましたが、この場合はそれやると潜入取材の意味が無くなっちゃうし)

 そしてここに記されている暴走気味な人達を、“コスプレイヤー”あるいは“18禁ROMサークル”のスタンダードとしては、絶対に捉えないでほしい
 18禁だって節度を持って活動してる人だってちゃんといますよ。
 「彼女達は一度逮捕されるべき」なんて、それって人生に関わる事ですからね?
 
 それでも…記事にある様な人達の一部では、猥褻図画やコミケの開催危機に関する認識が非常に低い事も、事実であると思います。
 
 …自分と違う人の立場に立って考えるのって、すごく難しいと思います。僕だってそうです。
 だからこそ、自分の知る限り、思う限り、書いて残しておきたいと思いまして。
 これでもコスプレイヤーの端くれでもありますし。

 × × ×

 そんなわけで、色々と個人的めんどくさい事情(苦笑)を背負いつつ、なるべく、なるべく冷静・客観的を心がけて、書いてしまいます。
 言っておきますが僕もまた、流れのすべてを知っている訳ではありません。
 しかし毎回、コスプレROMジャンルは18禁・全年齢ともにチェックして回ってますし、周りにも18禁・全年齢ともにサークル参加してる人もおりますので、知ってる限りの事を、文責を示した上で書いて残しておこうと思います。
 そうすれば、どこかでもっと頭の良い誰かが拾って、何かの資料として、お役立て頂けるかもしれませんので。

 これら文中、説明する過程で、18禁コスプレROMそのものを批判している様に見えてしまうかもしれませんが、そこは誤解しないでください。
 18禁ROMであっても、だからダメだとは思わないのです。それも含めて表現というものです。
 僕自身だって、18禁ROMをこれまで何枚も買ってます。アタリもハズレも。エロ大好きですから。通常のAVなら、週に3,4本はレンタルしてますし!
 しかし、一部の人達ながら、売っているものの内容とリスクに対しての認識の低さは、これを肯定する事はしません。

 知っている限りのざっくりとした経緯を書きつつ、ここを読まれる皆さんに、色々と考えて頂くきっかけになれば、と思います。
 ハッキリ言って、長文ですよ? 7000文字超。

 × × ×
 
続きを読む

私はうしじまいい肉さんをカリスマコスプレイヤーとは思いません

※このエントリは、個人への攻撃を目的とするものではない、と最初に断っておきます。
[7.22追記] ありがたくも余所様のブログでご紹介いただきまして、アクセスが多くなっておりますが、
一部のエロコスプレの影響で規制が激しくなり大混乱に陥っているってのも、ちょっとオーバーかな…と。
 イベントでの露出規制は、レイヤー側に“自衛”を促す意味でもあるし。
(露出系レイヤーのROM撮影はレンタルスタジオでの収録が多いから、法律や条例以外の規制は無いに等しい)
 近年、今までと違う人種・今までと違う方法論が入って来てるのは事実だけど、大混乱っていうのとは違うかなぁ。
 いままでもこれからも、異質なものが来ても、どこかで折り合いや棲み分けしながら、続いていくものだと思うし。
 「コスプレっていう文化を愛してるなら、その世界にいる他の人に迷惑かける様な事、言わないでくれ」(獣神サンダーライガーが、新日プロOBの新間寿からの批判に返した「新日本プロレスへの愛があるなら、客を呼び戻す邪魔、しないでくれ!」の声で)とは思うけど、僕自身はアンチうしじまのつもりはないのです。 はい/いいえ、0か100かの二元論、それは本質を捉えないでしょう。
 カオスラウンジ絡みで検索したらしきアクセスログもいるけど、その件も、うしじまさんがそれほど問題発言したとは思いませんので。



↓ ここから当初の冒頭文に入る。

 別段、異論あって構わないし。
 ご自身のエロ写真を販売する事も自己責任の範疇だと思うし。
 他人に迷惑がかからない範囲でやってしまえばいいと思うし。

 ただ、こっちの世界での“コスプレ”は…(自分で“コスプレイヤー”って名乗る様な人にとってのコスプレね)
 作品ありき、キャラクターありき、で、ファンがそれを再現したりパロディにしたりして楽しむファン活動の一種だと思っているのであって、とどのつまりは。



 うしじまいい肉さんは“コスプレイヤー”ではなく、
 “パンツ見せ屋さんが、アニメの衣装も着てる”だけだと思うのです。



× × × × ×
 
 …さて、コスプレって何なのかってのは、まぁ冒頭の一文で書いてる通りですし、いま初めてウチのブログを読んでる人以外には、特に上のインタビュー記事は「何かおかしい…」のは感じ取ってもらえると思うんですが。
 少なくとも私は、読んでて憤怒しました。
 「素人の女の子が、何を思ったか自分でエロい写真を撮って売っているというところに魅力があるわけですよ」だの「素人の痴態はたまりませんね」だの、偏見助長も甚だしい。
 記事も「名実ともにオタク界、そしてコスプレ界の頂点に昇りつめ」? いや、コスプレって、何かを争ってる訳じゃないから!

 そもそも、コスプレイヤー=エロ写真売る事、が目的ではありません
 露出多い衣装着ていても、あくまで元のキャラを再現しているのであって。
 自分のエロ写真売ってるコスプレイヤー自体、ごくごく一部なんだって!
(多くのコスプレイベントでは、肌露出の多い衣装はボディタイツ着用が義務だし)

 コスプレイヤー専用SNSだけで登録者10万人いるけど、コミケですらコスプレ写真集(エロではなく原作アニメの再現写真とか含む)売ってるサークルなんて200件ちょい、その中で自分のエロ写真を売ってるのなんて、数十件しかありません。
 つまりコスプレイヤーの中で自分のエロ写真を売ってる人は、割合で言えば1000人に1人位ですよ。それを全体であるかの様に言ってはイケナイ!

 …と書くと今回の主題はもう終わってしまうのですが、ここからまた、長ーく続きますよ。
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ