駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

みちのくプロレス

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。

みちのくプロレス宇宙大戦争2016

2016年も残り少なくなった12.15後楽園ホール…
年末恒例のバカ試合の顛末を、ここに記す!


ザ・グレート・サスケ
バラモンシュウ
バラモンケイ
ウルトラマンロビン
モスラ(ミニマスター)
 vs
キラー・クロックGAINA
ハーレイ・クイン2号
デッド・ショット1号
グンジ
シン・ミニラ(のはしたろう)



1055016_2241683721_119large
悪役チーム(?)は左から、キラー・クロックGAINA、ハーレイ・クイン2号、グンジ、デッド・ショット1号らのアメコミ軍団がまずは入場。

1055016_2241683718_49large
バラモンの巫女に担がれて、モスラ幼虫に扮したミニマスター入場。

1055016_2241683715_17large
ミニラこと野橋、ウルトラマンロビン(一応は円谷プロ公認…だったハズだが20年前なので今は知らん)と一色触発。

1055016_2241683714_141large
試合前でも毎日の牛乳を欠かさない、チーム“ムーの太陽”マスターことグレートサスケ。
先行き不安の中、ゴング!

続きを読む

観戦記:12.10みちのくプロレス宇宙大戦争2016

年末恒例の大バカ試合!!
当日発表でいきなり「リング解体ハードコアマッチ」となった、メーンだけ簡易レポするわよ。
(たぶん後楽園ホール借用時間の都合で、大会後のリング解体の時間を短縮する目的が…)

続きを読む

みちのくプロレス宇宙大戦争2014

 年末恒例、大バカ試合!
 暮れも迫った2014年12月12日金曜日、3年ぶりに観戦しに行って来ました。
 もはやメーンだけで他の試合の印象を上書きしまくったので、ボリューム過多・世界観不明・収拾のつかない、このカオス空間だけ抜き出して観戦記です。
 毎回、多彩なアイテムと意表を突いたゲストが登場する事でおなじみの宇宙大戦争、今年はついに長年抗争してきたサスケとバラモン兄弟が合体、“ムーの太陽”なるオカルト集団を結成して、地球の危機に立ち上がるのでありました…。

× × × × × 

◆宇宙大戦争~神々と亀々の戦い~
G・サスケ&バラモンシュウ&バラモンケイ&X
   vs
かめっしー&かめっしー1号&かめっしー2号&カメゴロー

続きを読む

2011年12月みちのくプロレス宇宙大戦争~ファイナル~

1055016_1449600988_127large
 2011年12月11日。
 3年前の試合なのにmixi日記だけ書いて、ブログにUPするの忘れてた!
 忘れがちだけどここは元々は特撮とプロレスのブログなのだよ。
 今年もそろそろ年末恒例の宇宙大戦争の季節なので、気分を盛り上げるために遅まきながら3年前の記事を上げます。
(今年の春にスポーツナビの過去大会記事が消えたので、ファンが書いて残しておかないと)

 とりあえずメーンのデスマッチ決戦だけレポります。
 セミでの拳王とフジタJrハヤトの蹴撃合戦とかも凄かったんだけどね…。

 なお、みちプロにだけは本名で出てる秀と恵のバラモン兄弟は、未だに見分けがつかないので、めんどいからどちらも「バラモン」と表記します。

× × × ×


続きを読む

みちのくプロレス宇宙大戦争~ホントに最終決戦~ 観戦記

(あんまりmixi以外ではプロレスそのものの観戦記は載せて無いんですけど、熱心なプロレスファン以外が見ても楽しめそうなイベント性の高いものや、ニュースサイトでも取り上げられて無い興行は、ちょっとずつ取り上げてみようと思います。)

   行って参りました12.16、年末恒例の後楽園、イイ歳した大人たちの壮大な悪フザケ!
   以下、スポーツナビの記事より詳しい試合レポ載せるよ!

×   ×   ×   ×
続きを読む

90年代インディープロレスの系譜3:みちのくプロレス編

[1:FMW編]http://blog.livedoor.jp/zubunuretiwawa/archives/662612.html
[2:SWS編]http://blog.livedoor.jp/zubunuretiwawa/archives/662613.html
[4:UWF編]http://blog.livedoor.jp/zubunuretiwawa/archives/662621.html


  メキシコは、アメリカとはまた違った意味での「プロレスの本場」です。そのメキシコで進化したルチャリブレ(自由な戦い、の意味)スタイルの説明を最初にしておきます。

ごくごく簡単に言うと、覆面や怪奇コスチュームをまとい、スピーディな攻防や空中殺法(だけでは無いのですが)を駆使した…、誤解を恐れずに表現するなら「格闘技」ではなく「殺陣」に近いスタイルだと思って下さい。

 メキシコの団体との提携は80年代前半から新日本プロレスで行われていましたが、あくまでここに招聘されたメキシコ選手は「初代タイガーマスクの噛ませ犬」として呼ばれたに過ぎませんでした。いわば前座要員。

 メキシコ人レスラーはアメリカ人と比べてギャラが安く、使いやすかったというのも大きかったのでしょう。

 × × × × × ×
 

続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ