駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

キョウリュウジャー

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。

キョウリュウジャーvsゴーバスターズ見てきました

 最初、三大恐竜戦隊がそろい踏みした脇でゴーバスターズが蚊帳の外なんじゃねーかと心配してて、ま、案の定浮いてたけど!
 当り前です。歴代の恐竜モチーフ戦隊ってつまりファンタジー路線の戦隊で、ゴーバスは戦隊のイメージを覆す事を狙ったリアル路線の戦隊なんだから。
 ストーリーに関しちゃ明らかに詰め込み過ぎで、何をやってるのかよく分からないまま超強引に展開していきましたが、お祭り作品に整合性を求めるのもバカバカしいので置いときます。「ファンが見たいシーンを見せる!」という方針が徹底されていたんじゃないでしょうか?

 よくよく考えたらジュウレンジャーは92年なので、5,6歳で見てた人がまだ20代後半。男性の平均初婚年齢は30歳を越えているので、ジュウレン世代でも子供と一緒に劇場へ来る層はまだ少ない気がします。

三大ティラノサウルス型メカ
 恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992)守護獣ティラノサウルス。
 爆竜戦隊アバレンジャー(2003)爆竜ティラノサウルス。
 獣電戦隊キョウリュウジャー(2013)獣電竜ガブティラ。

 同じ生物モチーフで、ほぼ直立→前傾して尻尾でバランス→トサカ(羽毛)、と学説の変化が見てとれる。
 正確にはジュウレンジャーと同時期の映画「ジュラシックパーク」で既にティラノの体型は前傾で描写されてるんだけど、一般的なイメージはまだ直立に近いゴジラ体型だったんだろうなー。翌93年の「熱血最強ゴウザウラー」でもマグナティラノはゴジラ体型だった。
 

 以降、ネタバレを含む可能性あり。
続きを読む

獣電戦隊キョウリュウジャー・プレミア発表会レポ

1890698588_114
 1/27東京ドームシティプリズムホールで行われた、獣電戦隊キョウリュウジャープレミア発表会のレポを、覚えてる限りで。詳細がやや違うかもだけど、全体はこんな感じでしたという記録を。
 新戦隊はデザインも音楽も5人のキャラ設定も、みんなテンション高ぇなー!…って思ってたら、後から来たブルーバスターの中の人が一番テンション高かったですね…。
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ