漫然と眺めていてはダメだ!切り口はいくらでも有る!(週刊ファイトの井上義啓初代編集長の口癖)

 ニコファーレは、ニコニコ動画の世界進出への発信基地…でありながらイベント会場としては稼働率が非常に低く、ドワンゴ経営上の障害だったハズ。その起爆剤となり得る有力コンテンツとして、コスプレが浮上したのか…?
 面白いのは、レイヤー層が(出演者近辺以外では)割と無反応である事。
 これに反応しているのは主にニコ動ユーザー。レイヤーからは関心の低いイベントが、外の世界に対してはアピール力を持っている?
 「コスプレイヤーの祭典」「次世代型コスプレイベント」って謳い文句はおかしいでしょう。
 あくまで「cureの祭典」であって。一般入場だと更衣室すら無い。出演者もcureからお声がかかった人達であって、公募は全くされていない。
 よく考えたら、特定作品名を挙げたコスプレのショーを、有料イベントとして集客する事自体、非常に危うい橋を渡ってやしないかね…?

・ 12/4 コスコレ! ニコニコ動画 TOKYO NICONICO COSPLLECTION in ニコファーレ (別窓で公式サイト開きます)


 以下、公表・公開されている情報を元に書きます。知っていても公表されていない事は書きません。
 趣旨としては「いま何が起こっているか」「何がどうやってこういう形になったのか」を、ある程度の文責を示した形で、一つの資料として書き残しておきたいと思うものであります。
 正直、書くべきかどうか迷う部分も若干有ったのですが、また、イベントの趣旨やムーブメントに対しての危惧は書きますが、なるべく個人攻撃にはならない様に心がけます。
 もし事実と違っている部分があれば、ご指摘ください。

× × ×

[参考記事]
・ コミケの中の「コスプレ」小史.コミケとコスプレの分化編 (別窓)

 以前書いた様に、昔はコスプレイヤーにとっての先導的立場にあったのは、コミケでした。
 コミケ以外には大きなコスプレイベントが無かったので、皆が「コミケでコスプレする」事に憧れや意義を感じ、そのルール変更や注意喚起のアナウンスを注視していた訳です。コミケでの基準が、コスプレイヤーの共通ルールの様に認識されて行きました。

 しかし時代は移り、コミケは飽和状態へ。他にも大型のコスプレイベントが沢山立ち上がった事で、コミケへの特別な感情が次第に薄まっていきます。
 2000年代以降、コスプレイヤーへの先導的立場(?)となったのが、コスプレSNSの存在…。
 本稿ではまず、ここに至るまでのコスプレSNSの大まかな流れから振り返ります。

 ニコファーレのCureコスプレコレクションを前に、そもそもcureとか、コスプレSNSって何なのでしょう?

× × ×
 
続きを読む