駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

コミケ

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

コミケにおける18禁コスプレROMに関する,ざっくりとした小史[第一回]

「なんでコミケで見るコスプレイヤーって、露出狂で迷惑なヤツらばっかなん?」
「違うよ!18禁とそれ以外で、分割配置されているんだよ。18禁だって節度守ってる人もいるし。他のパロディ漫画ジャンルだってそうじゃん。」


・日刊サイゾーの、エロコスROMに関する記事
> 「コミケ発禁即売会」を掲げたイベントの実態は自主制作エロ画像販売会だった!!
> 「うしじまいい肉は氷山の一角!?」破廉恥すぎるエロコスプレーヤーたちの実情

コミックマーケット80アフターレポート(準備会公式サイト)

[上記に対する主な反応の、あくまで傾向]
 コスプレイヤー:「あんなAVまがいのと一緒にするな!」
 同人作家:「あんなルール無視連中はコミケから追い出せ!」
 カメラマン:「あの記事は偏ってる!彼女達は悪くない」

 × × ×

 …上記の日刊サイゾーの記事は、(自分も読んだ瞬間は怒ってましたが)非常に扇情的でスキャンダラスな表現を用いている事は、まず言っておかなくては。
 あくまで、限られた人達が、限られた範囲でやってるだけのイベントだと思います。
 彼女達にしてみたら、身から出た錆とはいえ、つくった表現物を頒布する機会を失っていた訳ですから、その心境は理解できなくはないです。
(主催側の某人は後に「取材するなら言ってくれよ」的なツイートをしてましたが、この場合はそれやると潜入取材の意味が無くなっちゃうし)

 そしてここに記されている暴走気味な人達を、“コスプレイヤー”あるいは“18禁ROMサークル”のスタンダードとしては、絶対に捉えないでほしい
 18禁だって節度を持って活動してる人だってちゃんといますよ。
 「彼女達は一度逮捕されるべき」なんて、それって人生に関わる事ですからね?
 
 それでも…記事にある様な人達の一部では、猥褻図画やコミケの開催危機に関する認識が非常に低い事も、事実であると思います。
 
 …自分と違う人の立場に立って考えるのって、すごく難しいと思います。僕だってそうです。
 だからこそ、自分の知る限り、思う限り、書いて残しておきたいと思いまして。
 これでもコスプレイヤーの端くれでもありますし。

 × × ×

 そんなわけで、色々と個人的めんどくさい事情(苦笑)を背負いつつ、なるべく、なるべく冷静・客観的を心がけて、書いてしまいます。
 言っておきますが僕もまた、流れのすべてを知っている訳ではありません。
 しかし毎回、コスプレROMジャンルは18禁・全年齢ともにチェックして回ってますし、周りにも18禁・全年齢ともにサークル参加してる人もおりますので、知ってる限りの事を、文責を示した上で書いて残しておこうと思います。
 そうすれば、どこかでもっと頭の良い誰かが拾って、何かの資料として、お役立て頂けるかもしれませんので。

 これら文中、説明する過程で、18禁コスプレROMそのものを批判している様に見えてしまうかもしれませんが、そこは誤解しないでください。
 18禁ROMであっても、だからダメだとは思わないのです。それも含めて表現というものです。
 僕自身だって、18禁ROMをこれまで何枚も買ってます。アタリもハズレも。エロ大好きですから。通常のAVなら、週に3,4本はレンタルしてますし!
 しかし、一部の人達ながら、売っているものの内容とリスクに対しての認識の低さは、これを肯定する事はしません。

 知っている限りのざっくりとした経緯を書きつつ、ここを読まれる皆さんに、色々と考えて頂くきっかけになれば、と思います。
 ハッキリ言って、長文ですよ? 7000文字超。

 × × ×
 
続きを読む

冬コミ3日目・評論情報サークルとコスプレ広場

以下、2日目編につづき、主観によるレポ。


   コミケの度、コスプレCD-ROMのサークルは隅から隅まで見て回つ事にしてます。
   そして展示されてるサンプル写真と、売り子してるご本人とを見比べて、

・   写真でも綺麗な人
・   写真では綺麗な人


の、二つを見抜くのが、ライフワークの域です!

   …と、好感度を下げる発言をしつつ、でもコスROMサークル回るのは面白いんですのよ。
   最近気付いたのですが、男装レイヤーさんのサークル島に、女性客(という表現で良いのかな)が人垣や列を作っていた光景に、ちょっと新たな傾向を感じました。
   少し前まではコスROMに男装レイヤーは殆ど居なかったと思います。
   よく考えたら、今やBLや乙女ゲームからTVアニメ化される作品も多い時代ですから、男装レイヤー(女性)によるBLや乙女ゲームのコスプレ写真集が、他の女性から人気になるのも何だか分かります。ひょっとしたら、宝塚的な感覚なのかもしれません。

   あとこのコスROM全体はいわばインディーズのネットアイドル達がズラーッ!っと並んでる状態な訳ですから、何となく“女の戦い”が見えて、怖いやらドキドキするやら。
   他の二次創作ジャンルだと、例えば隣同志のサークルでも「みんなもっとシンケンジャー見て!」なカンジで盛り上がったり仲良くなったりしますが、コスROMジャンルってどうしても「私を見て!」になっちゃいますし。
   すっごい明るくてニコヤカに話してるコが、ツイッターで見ると撮影会やカメコの愚痴ばっか書いてたりしますからね!

×   ×   ×

54f93f65.jpg

東6ホールにて、ダンボール製のアンクの腕を発見。
続きを読む

冬コミ2日目・特撮サークルとコスプレ広場

コミックマーケット79、主観により時系列に沿ってレポ。

95c54983.jpg

朝、東地区臨時駐車場より。
うつくしい朝焼け空。今日も戦いが始まります。

1efc4a64.jpg
6c757629.jpg


サークル飾りつけはこんなカンジ。
本が8種類と多いのと、せっかくなのでPOPで笑わせたいと思い、大掛かりになりました。
上のアンクのPOPはスチロールボードに貼り付けて切り出しております。
昭和特撮や男性主催のサークルで、こんなに本を多種類置いてるの珍しいと思います。半年おきに出してて、古い本も少しずつ増刷してるので。

30冬コミ6
話がやや前後しますが、東配置は西配置に比べてサークルに配置されるチラシが多くてですね…テーブルの上に乗ってたのを全部を重ねると、2cm位の厚みになってしまいました。
印刷所やオタ向けビジネスや特撮系オンリーイベントのチラシは分かるのですが、ジャンプ系イベントのチラシまで混じってるのって、隣の島(特撮ジャンルの隣は銀魂)から紛れちゃったんだと思うよ。
そう。特撮は昔はミリタリー系と一緒の日でしたが、その後は芸能系と同日に配置されて、今はジャンプと同日になりました。ジャンル全体に女性が増えて、さらに年齢層も若くなってるからでしょうね。


0f8f49ab.jpg

で、日本鬼子のイラストとタイトルの「コミケがなくなる!?」ってのを見て、てっきり東京都青少年健全育成条例関連のチラシかと思ってたら、「日本が中国に支配される!」とゆー、極めてファンキーな怪文書でした。
(鬼子ファンは鬼子の政治利用を極めて嫌がります。だって、そういった応酬をナナメ方向に逸らして楽しむのが、元々の趣旨なんですから)
出所を調べてみたけどコレ、ネットで人を募って全日・全サークルに配布してるらしいので、最終日のサークル参加者もお楽しみに…。

(なお、あらゆる運動は「見方を増やす」ために行われなければなりません。が、これは多くの人に不快感を与えて「敵を増やしている」わけですから、運動としては稚拙ですね。広告デザインに多少関わっている人間から見ても、このチラシは作った人間に想像力が欠如してます)
私は怪文書のコレクターなのでちょっと楽しかったですが。
09年の夏コミで幸福実現党が配ったウチワも、保存してありますし…彼らの方が対面で1人ずつ配ってた分、正々堂々としてましたけどね。

499e0b63.jpg

東4ホールの端(最終日は撤去される島ですね)なので、真後ろのシャッターが開くと物凄い寒気が…!
イスに座ってると下から熱を奪われて震えが止まらず、一時はサークル内で立ちっぱなしに。
また、昼過ぎ辺りにこの後方の陸橋上から、TVカメラの中継(?)が。
どこの局だったんだろう。

× × ×
続きを読む

2日目の特撮ジャンルにサークル参加します

   だいたいいつも特撮作品の二次創作を描いてて、それを半年ごとに夏冬コミケ合わせでフルカラー本にしてるんですよ。
   で、今回は何故か描いた分が多かったので、増ページにしようか、でも印刷料金かかっちゃうなぁ(黒字にならないまでも、赤字では続けられないというのが考え)…とか悩んでた所へ、ビックニュース!

   使ってた印刷所が個人情報漏洩の不祥事を起こして、お詫びキャンペーンとして料金15%オフ!
   おかげでいつもと同じくらいの料金で増ページと相成りました。

×   ×   ×

0e0f46da.jpg


   10月にこれでピクシブのルーキーランキング1位を取ってしまった辺りで、被お気に入り登録数が+250人くらい一気に増えてしまったんですね。ありがたいことに。(現在は計500人を越えました)

   ただ、そこからはもう、今までなら何とも言われなかった様な投稿イラストに、何描いても苦情や1点評価が付くので、ちょいとおっくうになりまして。

   自分としては、そんなに可愛らしいものや愛らしいものばかり描くより、どこかに毒やトゲが無いとツマラナイ訳で。
   作品やキャラのパロディよりも、業界のパロディや風刺や時事ネタを詰めていった方が面白いんだけど、お気に入り登録してくれてる人はそれが見たいわけじゃないんだろうなー、とか。
(だいたいルーキーランキング1位になる前は、特撮イラストを描いて被お気に入り登録が5人増えた後、ハダカの小沢一郎先生を描いて登録が2人減るペースだった様な…?)

   …色々と考えた末、もう考え過ぎない事にしました。
↓ ↓ ↓
続きを読む

夏コミ3:ミミックinコスプレ広場編

   まー、最終日はコスプレ広場でミミックに2時間程入ってたんですけど、それ以外にも色々ありました。

・ガジェット通信:『コミックマーケット78』3日目もコスプレで賑わっていた!(後半)
http://getnews.jp/archives/72908

   ×   ×   ×   ×

   この3日目は友人の文具情報サークルで午前中は売り子してまして、おかげさまで一番の目当てだった評論・情報系ブース回りが非常に楽でした。

・女性作家が歴代の童貞彼氏との性体験をまとめた本、とか。
・産業廃棄物処理業界の内幕、とか。
・元ブラック企業社員の体験談、とか。
・不当解雇された会社と係争する方法、とか。
・ひこにゃんのペーパークラフト、とか。
   でも一番目当てだったのに、“千葉のまずいラーメン店”はサークルが来なかったので販売停止でした。

   ×   ×   ×   ×

   差し入れは、毎年夏コミに用意している、凍らせた紙パックのお茶を用意しました。
   何でかというと、夏コミでは涼感が一番だし、紙パックならゴミにならないし。
   そして水がたれ難い様にと、キッチンペーパーを巻いておく用意周到さ。
   きっと戦国時代なら信長のわらじをマメに温めまくって、わらじ温め係として一生を終えるタイプだと思います。

   ×   ×   ×   ×

   じゃ、表題のミミックでのコスプレ広場の話でも…
ミミック×ソワカちゃん
   ソワカちゃんと
ミミックinDQ
   スライムナイト・ゾーマ様・バラモス様と

続きを読む

夏コミ2:東方が凄かった編

   これは土曜日の分のレポ。
   凄かった凄かった。
   いや、いつも通りコスプレ広場の話しようと思ったんですけどね。東方とボカロがあまりに凄いんですもの。

   東方の参加サークル2200超は、独立ジャンルとしてはコミケ史上最多ではないかな?(晴海時代にガメラ館を統一したトルーパーだって2000サークル位だっけ)
   あ、東方っていうのは同人ゲーム発の「東方プロジェクト」シリーズの事ですから!
   決して素手でモビルスーツぶっ壊しちゃうジジイの「東方不敗」だったり、ゴジラ・バラン・ドゴラ・岸田森の吸血鬼シリーズといった「東宝怪獣映画」では、ないんですよ!?間違えやすいですからね…気をつけて下さい。

   ×      ×      ×
続きを読む

水戸コミケ(初日)珍景写真館

これは、高速すら使わず一般道を車で往復200キロ、日帰りで突っ走っ(てしまっ)た青年の、旅の記録である。
豊富(?)な写真と共に、色んな意味でギリギリの冒険を振り返ってみようじゃないか…。


そもそも千葉から水戸は、非情に行き難い位置関係なのですよ。高速バスも特急電車も東京との往復便しか無い。高速の常磐道に乗るにも大回りしな くてはならないのです。

しかも朝、昨晩からの強風で交通網が乱れているという情報をキャッチ。どうやら常磐線の特急が遅延、そして常磐道も渋滞してしまっているらし い…。
どうしようかと対策を練るうち、「ゴセイジャー」は荒川稔久脚本で密度高いし、「仮面ライダーW」はウェザードーパント初登場だしで、すっかり 忘れる。イカン、気が付いたら「題名の無い音楽会」を回って、「ジュエルペット」まで見ていた。これじゃダメだ!

こうなったら、ドライブだと思って水戸までの一般道を100キロ、走ってしまおうじゃないか!無謀?知るか!


…と、そんなわけで11:20、自家用車を使って家を出る。ぶっちゃけ遅すぎ。


<以下、長すぎるのでつづきから>
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ