駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

ドリームキャスト

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

冬コミ3日目・評論情報サークルとコスプレ広場

以下、2日目編につづき、主観によるレポ。


   コミケの度、コスプレCD-ROMのサークルは隅から隅まで見て回つ事にしてます。
   そして展示されてるサンプル写真と、売り子してるご本人とを見比べて、

・   写真でも綺麗な人
・   写真では綺麗な人


の、二つを見抜くのが、ライフワークの域です!

   …と、好感度を下げる発言をしつつ、でもコスROMサークル回るのは面白いんですのよ。
   最近気付いたのですが、男装レイヤーさんのサークル島に、女性客(という表現で良いのかな)が人垣や列を作っていた光景に、ちょっと新たな傾向を感じました。
   少し前まではコスROMに男装レイヤーは殆ど居なかったと思います。
   よく考えたら、今やBLや乙女ゲームからTVアニメ化される作品も多い時代ですから、男装レイヤー(女性)によるBLや乙女ゲームのコスプレ写真集が、他の女性から人気になるのも何だか分かります。ひょっとしたら、宝塚的な感覚なのかもしれません。

   あとこのコスROM全体はいわばインディーズのネットアイドル達がズラーッ!っと並んでる状態な訳ですから、何となく“女の戦い”が見えて、怖いやらドキドキするやら。
   他の二次創作ジャンルだと、例えば隣同志のサークルでも「みんなもっとシンケンジャー見て!」なカンジで盛り上がったり仲良くなったりしますが、コスROMジャンルってどうしても「私を見て!」になっちゃいますし。
   すっごい明るくてニコヤカに話してるコが、ツイッターで見ると撮影会やカメコの愚痴ばっか書いてたりしますからね!

×   ×   ×

54f93f65.jpg

東6ホールにて、ダンボール製のアンクの腕を発見。
続きを読む

東京ゲームショウでドリームキャストに新たな動き!

2010TGSドリームキャスト通常
   …動いてますね。何か?

   ハイ、今年もまた手荷物検査で不審者扱いされそうになって「コスプレ様の荷物です」と正直に宣言する季節がやってまいりました。
   2010幕張ゲームショウ(東京ゲームショウ、とも言う)の話題です。

× × × ×

   さて、事前の予想に反してにわかに超注目ソフトに躍り出たのが、セガの「龍が如く OF THE DEAD」。
   前作までの“任侠”に世界に生きる男の姿を描いたアクションアドベンチャーから一転、
街中に湧いた“ゾンビ”を撃ちまくるガンアクションに転向…というハジケっぷりですが。
   しかもゾンビが街を徘徊してるのに、パチンコやキャバクラは営業してるという。
http://www.youtube.com/watch?v=QTrrGghMbMw

ゾンビとキャバ嬢
   セガのブースではずっと、ゾンビとキャバ嬢が寸劇やってました。


   なんか全体的に、ブースに金かけてるなーって所が多かったですね。レベルファイブは城の様なブースでしたし。モンハンは村を再現してたし。見本市に金を掛けられるくらいには、景気が回復してるのかしらね。

× × × ×

   ではここからコスプレの話題。
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ