駄チワワ:旅と怪獣舎

文化史としての…コスプレ・同人・特撮、たまにプロレスなどを“読む”ブログです。色々と足を運んだり調べたり。歴史やムーブメントとしての記録や考察やら、とにかく書いて残します。 特撮ファンの着ぐるみコスプレイヤー、駄チワワが書いてます。一つの資料としてお使い頂ければ。

世界コスプレサミット

「ブログ読んでるよ」はこっそり教えてくれると喜びます。
夏コミは日曜、東エ24-bで、過去にコスプレイヤーズアーカイブニュースへ寄稿したコラムなどまとめた本を発行する予定。

ドキュメント:世界コスプレサミット2015国内予選~コミケSP編

 かつて有害コミック規制運動をめぐる「コミケ幕張メッセ追放事件」から24年。
 通常コミケではなく、5年に一度の「コミケットスペシャル6 オタクサミット」が、サプライズで3/28-29に幕張メッセ開催となった。
 …普段のコミケではあり得ないような企画が山盛りの中、二日目のステージでは、世界コスプレサミット日本代表選考会、今年度の最初の地区予選がスタート。
 今回を含む複数の地区予選と国内決勝を経て選出された日本代表チームが、8月の名古屋で24カ国代表によるチャンピオンシップ出場する訳である。
 コミックマーケットと、世界コスプレサミット=WCSがクロスした記念日であった。


 …というのが、表向きの正史であると思う。
 ところがこの件、少々、前日譚が存在する。
 毎年書いてるのでもう分かると思うが、コスサミは2013年から実行委員会の主催が、TV愛知→(株)WCSへ移行し、同時に国内予選部門を分離して、そちらの運営をCOSSAN=(株)ミネルバに外注している。

 このCOSSAN、昨年2014コスサミ国内予選の期間中に、主力スタッフらの大量離脱、団体の分裂劇(そのドサクサでの地区予選の審査表の紛失事件)を起こした。
 2014年の国内決勝はスターライズタワー(旧:東京タワースタジオ)が舞台だったが、この国内決勝の時点でCOSSANはもはやイベント団体の呈を成しておらず、開催すら危ぶまれる中、関東圏の複数のイベント団体やスタッフ経験者による有志らの協力を受け、この窮地をなんとか乗りきったのであった。

 この過程の副産物として、転んでもタダでは起きない(が、歩き方そのものが危なっかしい)COSSAN=(株)ミネルバ代表の柴田氏は、義勇軍の形で個人的に救援に来ていたコミケ準備会更衣室統括、そしてコスプレチッタ幹部でもあるT氏との間に、したたかにも協力体制を築いてしまう。

 以後、営業力の強いCOSSANに、運営力の強いコミケ更衣室系スタッフ諸氏の経験値が(各々、個人的に)加わった。
 いわば経済ヤクザに、任侠ヤクザが手を組んだ。
 ここに恐るべき、“コスプレ界の広域指定暴力団”とでも言うべき団体が誕生していたのであった。

 春のコミケSPだけを見れば、対外的にはコミケとコスサミが直接コラボした…ように見えるが、実際にはコスサミの国内予選はコスサミ実行委員会ではなくCOSSANが請け負っており、コミケ準備会の直接の相手はあくまでCOSSANとなる。
 つまり、いきなりコミケ準備会とコスサミ実行委員会が繋がったのではない。
 コスサミの国内予選を管轄するCOSSANに、準備会の更衣室系スタッフらが独自に協力してイベント開催を重ねるという、最高のお膳立てと橋渡しがあった上で、「コミケットスペシャル6内でのコスプレサミット国内予選開催」という運びなのである。
 癒着という意味では無く、信頼関係という意味ね。

 書いてる時点でいま10月。既に3月末のコミケSP開催から半年。
 コスサミも予選どころかチャンピオンシップまですっかり終わってしまったこの時期に始まるこの連載は、仕事上の多忙がホンのちょっとだけ和らいだ駄チワワが、今年挑戦した若者たちの姿と、一連の戦いの記憶を残し、そしてまた酷くなる運営のグダグダを、世に問うためにキーボードを叩くのであった。

 グダグダなだけだ。
 ヤラセとか、出来レースなんて話じゃないんだよ。
 ただ、グダグダなだけなんだ…
続きを読む

コミケカタログで本当に載ってます.他

 もしやコミケ準備会からの連絡自体がドッキリだったのではないか?
 あるいは提出した内容が薄いのでボツになっているのではないか?
 もしくは共信印刷の判断で自分の掲載箇所だけ差し替えられて印刷されているのではないか?

 などと心配しておりましたが、カタログ1375p下部から、「余剰スペースを探して コスプレ広場の変遷」、小さいですがコラムとしてちゃんと載ってますね!
続きを読む

カイブニュースでコスサミ国内決勝の記事を配信

 カイブの方にはRSSが使えないらしいなので、配信した分はこっちでも告知。

・決戦!世界コスプレサミット2015日本代表チームは……!?-コスプレイヤーズアーカイブニュース
http://www.cosp.jp/news.aspx?id=315

 ベルサール秋葉原でやった(という事も知られていない)世界コスプレサミット2015日本代表選考会の決勝レポ。
 コスプレコンテストをスポーツ観戦記のノリで書く、というのをカイブのニュース記事としてやりました。
 この記事はなるべく良い部分に焦点当てて書いてるので、カットした悪い部分は後々こっちのブログで記事にすると思います。
 とりあえずはリンク先を読んでくれい。
 

コスプレサミット連続落選の新記録樹立!そして決勝は

http://www.wcsjapan.com/wcsjapanweb.html

 WEB予選枠、先のコミケSP予選でのステージ動画を使いましたが、敗者復活ならず!落ちました。
 動画での選考なので、最も動画をちゃんと作っていたテニプリチームが選ばれたのは当然だったかもしれません。
 正直、多忙を言い訳に手間をかけられずに有りものの素材を繋いでも、評価されませんね。
 ホラー、負けた事も落ちた事も表に出さないと、ダメでしょ?
 しかし、本年の件によって、我々チーム大連立は…
コスサミ2012日本代表選考会_1678122740_40large
2013ニコニコ超会議予選練習
CIMG2646

エンジンオー&ゲキトージャ


【世界コスプレサミット日本代表選考会において、同一チームによる4年連続落選】

 という、前人未到の大記録を達成いたしました!
 いつもいつも、声援をくださる皆さまと、点数をくれない審査員の皆さまのおかげです!!
 ありがとうございました!

 なお、4年連続“出場”記録なら、キキワン・時雨直輝チームが07-10年にかけて達成済です。
(でも07,08年はこのチームが日本代表を勤めているので、純粋な落選回数では我々が上である)
(出場記録の中に、WEB予選のみでステージパフォーマンスを披露してないチームは含めていません)


続きを読む

しめやかに…コスプレサミットweb予選

 こんなグダグダで代表決めて良いんだろうか…。
 諸般の事情でレポ書いてなかったですけど、今年も世界コスプレサミット日本代表選考会(国内予選)は特に話題にもならないながら、まだ続いています。
 出場4年目ですけどね。特にweb予選、例年以上にアレな展開なんですよ。

https://coneqt-8.com/poll/556d381ca1fe1bb16900643a

続きを読む

国内最大のコスプレSNSとイベント会社が経営統合

コスプレ界にゲルショッカー誕生

国内最大のコスプレSNS「コスプレイヤーズアーカイブ」と、
国内最大のコスプレイベント「世界コスプレサミット」が、
運営会社同士で経営統合したのである。
続きを読む

庵野&ガイナックスの幻影を追う!東京国際映画祭×世界コスプレサミット

クールジャパンです。
意味は分かりません。

 10月26日。
 夜のメガシティTOKYO。
 六本木ヒルズのアリーナ
特設ステージ
 東京国際映画祭の会場にもなっているこの場所に、二カ月半前に名古屋のチャンピオンシップで競い合った世界コスプレサミット22ヵ国代表チームが再来日。(若干入れ替わってるけど)
 「庵野秀明の世界展」とコラボして(庵野秀明本人は来てないのですが)、監督作品だけでなく作画などの担当も含む庵野関連作品のコスプレで登場し、内6チームはステージパフォーマンスを披露する運びとなりました。

1055016_2117373521_176large1055016_2117373515_129large
 「機動警察パトレイバー」の1/1イングラムが見守る中、それは始まったのです。
 
× × × × × × × × 

続きを読む

レイヤーが見た世界コスプレサミット2014-エピローグ名古屋ぶらぶら編

 エピローグ!エピローグ!
 予選から半年続いた世界コスプレサミット2014レポも今回ついに最終回!
 今回はチャンピオンシップ明けて日曜日、8/3大須コスプレパレードとニコニココスプレクションを中心に、この土日に見かけた光景や情報を雑多に書いていきます。
 と言っても巨大化しまくってて、とても全部の公式企画をチェックして回れる訳じゃ無いので、だいたいの雰囲気を…残せたら良いなぁ。

 そういやー考えたら各国代表チームってもう「22ヵ国」じゃなくって「22の国と地域」って書かないとイカン訳だよね。今年からは日本政府が正式な独立を認めていない香港・台湾も、中国とは別枠で代表チームとして存在してる訳だから。

続きを読む

宇宙一長い世界コスプレサミット2014-決勝レポ

【アバンタイトル】
 冷静に考えたらある訳もない「コスプレ世界一決定戦」
 元はTV愛知の番組企画。しかしそれが回を重ね、省庁と自治体と企業と、それぞれの思惑を重ね、海を超えて人を繋ぐ。
 
 虚像だったとしても、それでも人は手を伸ばす?
 虚像だったとしても、それを掴むための、闘いだから?

 2014年8月2日土曜日に開催された、世界コスプレサミットのメイン企画・コスプレチャンピオンシップ。
 夜の名古屋に交錯するオタクたちの虚構と現実、海を越えた道楽者たちの祭典と、その戦いの顛末を、ネットの片隅に記しておきたいと思います。
 …ひと月遅れだけど、おまたせ。ようやっと!
 

続きを読む

恩讐を越えて!コスプレサミット2014予選、国内決勝戦レポ

[アバンタイトル]
 夏の名古屋の奇祭、世界コスプレサミット
 2003年のテレビ愛知の特番としてスタートしてから12年目。
 2005年の愛知万博に併せて国対抗戦のチャンピオンシップをスタートさせてから10年目。
 今年はついに22カ国の代表チーム参加による優勝決定戦と相成りました!
 …「コスプレの世界一」「日本一」?
 ンなもん、厳密にある訳無いじゃん?
 コスプレサミット優勝チーム=コスプレ世界一だなんて、誰も思ってないよ?
 コスプレを審査競技化した独自ルールで勝手に優勝を決めてるだけですよ?
 だってそーゆー、「尾張名古屋は世界一!」っていう地域のお祭りだもの。

 さて!
 海外勢のおもてなしに注力する一方、自国の代表を選ぶ日本予選については昔からブン投げ続けていたWCS事務局。
 既に名物とも言えるグダグダ運営と利権と理想、色んなものが交錯しつつ、昨年2013年から日本予選の管轄権=オーガナイザーの任をウッカリ拾ってしまったのは、イベント団体COSSAN(代表・柴田昭氏。
株式会社ミネルバ
 今年は2年目とあってそろそろ大丈夫かと思いきや、よもや!予選期間中に団体分裂、スタッフの大量離脱に至るとは…。

 運営団体たるCOSSANの混乱は、日本予選の運営にも若干(?)の影を落とす。しかし捨てる神あれば拾う神も、また。
 窮地を前に、前任の日本予選オーガナイザーが乗り出して来たり、スタッフ不足を救うためにライバル団体が協力に参上して来たり、特捜最前線ばりの愛と死と憎悪の渦巻くメカニカルタウンを舞台に、さながら少年マンガの様なゴタゴタとドキドキの中で迎えた、泣いても笑っても今年の日本代表を決める最終決戦!

 6/29(日)東京タワー周辺を使った広範囲のイベント内で、スターライズタワー(旧・東京タワースタジオ。テレビ東京「ヤンヤン歌うスタジオ」)で、世界コスプレサミット2014日本代表選考会は、地区代表5チーム集結の末、その最終選考となる国内決勝大会をようやっと、迎えたのでありました。
 遅くなったけど、スターライズタワー内特設ステージから、その熱戦の模様をお伝えしようじゃないか。

× × × × × × × × 
 
続きを読む
記事検索
pixivイラスト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

旧ブログからの概ね合算

ランキング参加してます
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ