※2014年、スポーツナビが過去記事をまとめて削除してしまったので、ほぼリンク切れてます。

WJ時代の遺恨再燃!! KENSOと大森が一騎打ち&世界タッグで激突=全日本プロレス スポーツナビ
 ついに…8年の時を経て、遺恨凄惨…なんですね!?
 もう、期待大ですッ!(どんな塩試合になるんだろう)

 おおもりさんとケンゾーの遺恨については、この辺を参照。
http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200307/20/a08.html
(この直後にケンゾーはWJを離脱した)

 元はと言えば、当時はプロレスリング・ノア所属のままアメリカ遠征中だった大森隆男(おおもりさん)を、WJの永島専務が引き抜いたんですね。
 んで、まだ若手の鈴木健想(KENZO)にぶつけてライバル関係…というか噛ませ犬にしようとしたんですわ。(他団体の選手を引き抜いて噛ませ犬に使う、というのは、新日プロのよくやるテだった)
 大森にしてみれば古巣のノアに、健想にしてみれば古巣の新日プロに、それぞれ「みてやがれ!」といった気概は有ったと思うんですね。
 ところが新天地の筈のWJプロレスは旗揚げ数ヶ月でボロボロの状態になり、トラブルや選手離脱が相次いで、そんな抗争ストーリーどころじゃ無くなってしまった。

 そう。
 2002年にオーナーのアントニオ猪木との確執から新日本プロレスを飛び出した“革命戦士”長州力“仕掛け人”永島勝司(通称:ゴマシオ。東スポから新日プロのフロント入り)が、あちこちから選手を引き抜き、タニマチの福田政二社長(の財力)を巻き込んでぶち上げた虚城、ワールド・ジャパンプロレスWJプロレス

 実質一年で活動停止に陥りながら、ひたすら業界の内外に金と迷惑をバラ撒いた、プロレス史に残るその栄光と挫折の歴史を…マァ、アレだ。かいつまんで、ラックリ振り返ってみようじゃないか。ナァ、金沢!(長州の口癖)

× × × × × 
 
続きを読む