moru101030
   某月某日。
   とあるイベントに召還がかかったので、はるばる埼玉県の川口まで行って参りました。

   この日はちょっとだけ運営チームを手伝わせて頂いたので、普段とは違った角度でイベントを見ることが出来て面白かったです。
   大勢の参加者の皆さんにまとめて動いてもらったり連絡事項を伝えたりするのは、それだけでも結構な作業でした。例えば参加費の受付だって、一人30秒としてもこれが数十人並んでいたなら…時間かかりますね。

   話が前後しますが、撮影スタジオのOKSへは貸切バス(ちゃんと路線用の大型バス)に往復して貰って人を運びます。直通だし、大人数で使えば路線バスと大差ない料金になるんですって。

×   ×   ×

b8b96c10.jpg

OKS大泉工場スタジオ)。廃工場の敷地を利用した撮影スタジオ。

75b5c7c7.jpg

廃工場スタジオ部分の内側。非常にホコリっぽいので、何人かでモップがけしました。
この一角が仕切られてるので、更衣室として利用。

3f3a550f.jpg

薄暗い工場の隅を使ってこんな怖い写真も。

モルボル1055016_654340288_68large
小さな階段があります。怪獣ショー休憩中みたいな。

モルボル1055016_654340158_215large
屋外には広い芝生や雑木林。ピンヒールでの侵入は禁止です。

eb011872.jpg

小さな花壇の中にも入れます。何か違うものが咲いてますが。

501c20f8.jpg

敷地の一角にある木造の廃墟。屋根は崩れてるので雨が入り込んでジメジメしてます。
{モデル・モル子(職業:モルボル)

   …実際には大勢のレイヤーの皆さんが敷地内で一緒に撮影してるのですが、他の人達の掲載許可を一人ずつ貰っては無いので載せて無いのですけど。

×   ×   ×
  
   いやー、色々と勉強になりました。
   大勢の人達を仕切るというか、みんなが楽しめる様にするにはどうすればいいのか?
   人数が多いほど、ましてや初対面の人達が多いほど、人は能動的には動けなくなります。きっと事前に細かく決め過ぎてもその通りには行かないし、予定と違ったらそのギャップを近畿応変に、どう埋めるのか?
   イベント開催ってのはやっぱり場所を提供するだけでなく、前後の導線やら当日の進行やら個人個人へのフォローが大変なのだなぁ、と。
(といってもあくまで手伝い程度だったので、傍で見ながら自分はチマチマ動いてただけという話ですが)



   とりあえず、もし皆さんがコスプレイベントを手伝う機会が有ったなら、とにかく大量のブルーシート養生テープ、あとゴミ袋を用意してください!特にブルーシートは更衣室や荷物置場の床を保護するのにも、広大なメイクペースを作るのにも必要ですから。

   …すいません。ワタシ、今の今まで、メイクに1時間以上かける女性というのは、半ば都市伝説の様なものだと思ってました…