タイトルはウォーズマン式計算術。

   4/3、プロレスリングZERO-ONEの選手とコスプレイヤーメイドさん達が秋葉原UDX前で募金活動を行うという、何ともカオスな試みを知り、行って参りました。

   ホラ、アキバ系水道橋系って二駅の距離だけど、文化的には割と隔絶されてるでしょ?
   こりゃープロレスファンでコスプレイヤーという自分も見届けなくては、と勝手に思いまして。
   なるべく、どちらの趣味の人にも分かる様に簡易レポします。
(例えば上の文章の中でも、秋葉原の電気街がオタクの聖地というのは広く知られてるけど、水道橋の後楽園ホールは格闘技の聖地、というのは説明入れないとアキバ系からは分からないだろうし)
(でも後楽園ホール隣の東京ドームシティではコスプレイベントを年数回やってましたが

   なお何人もの箱にお金を入れるため、私は事前にちゃんとお札を崩して小銭を沢山用意しておいたのである。


5032be9d.jpg

   首都圏在住のオタクの皆さんには何となく場所分かるよね?
   秋葉原UDXの駅側の歩道。

8e82bfd8.jpg

   上半身裸のニック・プリモさん。この撮影時だけでなく、ずっと脱いでました。すぐ後ろには派出所があるんですが…。
   隣の覆面レスラーは めんたい☆キッド(NPO法人九州プロレス所属)。

2ec0fc3a.jpg

   コスプレイヤーに挟まれた…というか未知の世界に迷い込んだ“破壊王子”橋本大地そういえばデビュー戦からまだ一ヵ月経ってないんだよなぁ…。   この一月で、内外のあまりにも色んな事が激変してしまってるけど。
   後ろで旗を持ってるのはリングアナウンサーのオッキー沖田。肉声で盛んに呼び込み、選手達にも「笑って!」「握手~」と声をかけたりして、空気を盛り上げていた。

   なお奥の赤いシェリル・ノーム衣装のレイヤーさん(と次の写真に居る初音ミク)は事前にcureやレイヤーズアーカイブでもこの活動を告知していた。
   一番左側のレイヤーさんは自作の写真集CD-ROMでちょっと有名な方ですね。
   コスプレイヤーはプロのモデルではないのでここではそれぞれの個人名は書きませんが、cureでそれっぽい言葉で検索すると分かります。


e5b3124c.jpg

   何回か集合写真も撮らせて頂く機会があった。
   柿沼謙太のステキな笑顔と、ピンと立った乳首が自己主張し過ぎ(笑)
   左奥の方にはヒゲ長髪のウィル・ギブソンも。肩書上、この人はNWA(全米レスリング協会)オーストラリア支部所属で、日本のプロレス界を侵略しようとしているのだが…。
   右奥の@UEXILEは坊主&グラサンとゆー、秋葉原に似つかわしくないスタイルだったため、怖がられて近づく人が少なかったと思うよ。きっと。

9585807e.jpg

   みんなで「オー!」
   一番右の方には新鋭のブラックパワー、ブッファさんが。
   3/27に靖国神社での奉納プロレスが終わってからしばらく試合の予定が無いのに、ガイジン選手達も日本に残って協力してくれているんだなぁ。
(なおここでの「ブラックパワー」は差別用語ではなく、プロレス用語ですので。元はアブドーラ・ザ・ブッチャーやボボ・ブラジルに対する畏敬の念が込めら れた言葉である。「ガイジン」も同じ。プロレス界は魔界出身やサイボーグまで混在する世界なので、「外人」より「ガイジン」)

4eb6d347.jpg

   今度はメイドさん達に囲まれた橋本大地。18歳。
   やはり新人とはいえプロレスラー。身体が大きい。そしてこの、たたずまいがイイ。しかし周囲の大人は彼を特別扱いするのは程々にして、柿沼や高西翔太と前座試合でぶつかり合った方が、後のためには良いと思う…って書き出すとまた長くなるな。

   ところで写真中のメイドさん達の制服だけで、何処のメイド喫茶か分かってしまうマニアも居るんだろうなぁ…友人内に。自分はプロレスもコスプレも割と詳しいつもりだけど、メイド喫茶は詳しくないのである。

   この日、メイド喫茶は約30店舗が協力して、通常営業しつつ ちょっとずつ派遣していたらしい。
   土地柄、通りかかった人の多くはどうしてもメイドさんやレイヤーの募金箱に行って、ついでに(キャノン砲みたいな一眼レフカメラで)撮影してしまうんだけど、レスラーの中では大地は一番人気。声をかけていく人(プロレスファンなのだろう)も多かった。
   ってゆーか、後ろで上がってるゼロワンの旗が、大地一人だけ大写しのアレなんだもの。
   他はニックの場合は常に上半身裸なのが「ヘンなガイジン」として見られたのか、割と人気だった。

   場所を少しずつ変えたりしながら呼びかけていたので、ここには映ってないけど、横山佳和若鷹ジェット信介も居たそうです。
   今回はゼロワンの中堅・若手選手を集めていたけど、せっかくなら「あいのり」出演で知名度の高い崔領二なんかも登場してたら、もっとアピール力が増してたかもしんない。


2e4ea7c4.jpg

   この日はヨドバシカメラ前では声優や歌手による募金活動も行われていたので、そちらの方はヨドバシをグルッと一周する大行列になっていた。

×   ×   ×

   これまでこのブログ内では団体としてのゼロワンには辛辣な事を書いていたけど、それはあくまで創始者の橋本真也と絶縁しておいて、橋本が亡くなった途端に「魂を受け継ぐ」とかメモリアル興行やるのが解せぬのであって、団体として嫌っている訳ではないのだ。

   気がつけば30分くらい居た間に、あちこちの募金箱に入れて、追加で小銭を用意してさらに入れていったので、予定より多くの金額を募金していた。
   といっても自分の今出せる金額なんて、大した額じゃないんだけど。


   なお、これは募金活動の一環なので全く問題視されてないし、個人的にもこういった機会なら大いに結構だと思うけど、本来は秋葉原であっても、コスプレしたまま公共の場所を闊歩する事は、多くのコスプレイヤーの間でも「マナー違反」とされている、という事は知っておいて損ではないと思う。
(この辺、「ファッションは自由」と主張する少数の人と「視界の暴力」「原作者や権利元に迷惑」とする人の間で、議論になり易い部分でもある)

   だからもし地方の人が「秋葉原へ行ってコスプレを見たい」とか言ってたら、それはアメリカ人が「日本へ行ってニンジャを見たい」って言ってる様なもので、そこらを大勢で歩いてる訳じゃないからですからね?
   
×   ×   ×

   さて、奇抜というかカオスな空間だったけど、これはやって良かったと思います。
   出来る事はとりあえずやってみて、それでより多くの支援が集まるなら、それで良いではないか。
   勿論、名前や実績の有る組織と協力して、集まった善意がちゃんと有効に使われる様にするのが最低条件だけど。今回は日本財団の企画だそうで。


   以上、プロレスファンかつコスプレイヤーが見た、募金活動のレポでした。


・被災地入りしたZERO1大谷が義援物資の搬入を報告
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110320-00000015-spnavi-fight.html
・4.3秋葉原、レスラー×メイドさんによる街頭募金
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110401-00000016-spnavi-fight.html
・橋本大地らヤングZERO1勢、メイドらと秋葉原で街頭募金
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110403-00000021-spnavi-fight.html